スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜 [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜 [DVD]

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,022より 中古品の出品:4¥ 2,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • スクールガール・コンプレックス〜放送部篇〜 [DVD]
  • +
  • 【Amazon.co.jp限定】おんなのこきらい(ポストカード付) [DVD]
  • +
  • チョコリエッタ [DVD]
総額: ¥10,636
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 森川葵, 門脇麦, 近藤真彩, 吉倉あおい, 今野鮎莉
  • 監督: 小沼雄一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: SDP
  • 発売日 2013/12/13
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00FZ2VQRY
  • JAN: 4562205581433
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,907位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

青山裕企の写真集『スクールガール・コンプレックス』を原案とし、よりイメージを膨らませた異色作。希望ヶ丘女子高等学校の放送部の部長、新谷マナミ(森川葵)と突然入部してきた三塚チユキ(門脇麦)の二人の距離が急速に縮まっていくのだが…。禁断の恋を描いた乙女たちの美しき“コンプレックス”とは…。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

同名の写真集を原案とした映画。若手女優が多数登場する青春映画「風」の作品になっている。正直に言って、つまらなかった。どうとでも料理し得る題材なのに、よくある青春映画をなぞっただけの作品になってしまった。

特に褒めるべきところもないが、門脇麦といった現在は売れっ子になっている女優たちの若々しい演技を見れるという意味では、ファンにはいいかも知れない。

気になった点はいくつもある。まず、作品の方向性について。例えば、原案となった写真集にあるフェチズムを追求してファンタジーに持っていくこともできただろうし、現実の少女のリアリズムを追求して恋や友情を描くこともできたと思う。しかし本作では、一昔前のノスタルジーな青春映画といった体で、凡そ現実感のないキャラクターが無理な展開を引っ張っている。映画好きが自分の好きな映画をなぞって作ったような感じで、気持ちが悪い。こんなもの青春でも何でもない。ファンタジーをファンタジーだと気付かずにあくまでリアルに撮ろうとした点に、本作が失敗した最大の要因があるだろう。

また、本作は雰囲気が暗い。静かと言えば聞こえはいいが、うまくいかない人間関係をBGMもほぼない状態でダラダラと見せられても、ただ退屈なだけだ。テンポが悪く、90分間が物凄く長く感じた。

つまらない映画だった。暗
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
櫻の園(映画)が好きだった人、これも好みじゃないかな?私は面白かったです。
(1990年のほうの櫻の園です、新しい方は未見です)

ヒロインの目の輝きがいいですね。
おでこを出している髪型がとても似合っています。
顧問の先生は声を若干低めの落ち着いた発声にしたほうが良かったと思う。
声だけ聞いてると生徒と年齢差が感じられない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
門脇麦!やっぱり可愛い
目が丸くて叔父さんのタイプ。
生まれてくる子供もきっと可愛いはず。
歯がゆい。切ない。男にかける生き様を感じたが、ちゆきの将来は駄目かもね。
勿体無いね。
あれだけ、可愛いのに、上手く行かないんだな。
作品は良かった!
叔父さんは泣きそうになった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
青山裕企の写真集『スクールガール・コンプレックス』を原案とした映画です。

物語は、放送部の部長をやってる新谷マナミ(森川葵)と、幼馴染であり親友でもある森野アイ(近藤真彩)と、他の人を寄せ付けない雰囲気のあるダブリの三塚チユキ(門脇麦)の、実ることのない片想いだらけの青春三角関係。

学園祭の演目(太宰治の「女生徒」)を朗読する配役決めの結末、からの展開という見せ場が青春映画っぽくて良かった。

ハッピーエンドにならなさ具合など、どこかハチミツとクローバーっぽいところがある。

ただ、本作品の魅力として、禁断の愛や制服姿など、女子高生特有のフェティッシュな魅力があるような内容の情報を見かけるが、正直そのような物はほとんど感じられなかった。もちろん、百合の設定や、作為的にそんなシーンがあったりもしますが、実にアッサリとした描写なのでフェティッシュと呼ぶには到底及ばない内容だと感じる。

DVDのジャケットや宣材写真に使われているような、百合百合した淡い青春映画を想像していると、面白くなくもないけど面白くもない青春映画に感じる危険性があるのでご注意を。

アンニュイな香りがするような映像や雰囲気が欲しかった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
内容はちょっと不思議な物語ですね。女の子同士の人間関係が絶妙に描かれてますね。
ちょっと怖かったり(笑)
メイキングもけっこう長めに入ってます!
ただ、Blu-ray盤がないのは残念ですね。

とにかく森川さんかわいいです!
彼女のファンなら買って損はないです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す