中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スクラップド・プリンセスサプリメント(5) 語られざる譚詩曲 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2005/10/20

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「シャノン兄―引いてる引いてる!」「うるさいなお前は。魚が逃げる」「廃棄王女」として国から追われるパシフィカと彼女の「守護者」シャノン。二人に血のつながりは無いが、誰よりも強い絆で結ばれた兄妹だ。そしてそれを微笑みながら眺める義姉ラクウェル。いつも通りの口喧嘩を始める二人+一人を遠くから見ている目があった。観察者リーテ・トリジコン。危険対象である「廃棄王女」一行を観察し、国に報告するのが任務である。毎日、三兄姉妹を観察するうちに、孤独なリーテの心には不思議な感情が芽生えるようになっていた(『見つめる者』より)。旅の途中のパシフィカたちを描いた懐かしい短編3本に加え、シャノンとゼフィリスの心の絆を描いた書き下ろしも収録。


登録情報

  • 文庫: 247ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2005/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829117648
  • ISBN-13: 978-4829117644
  • 発売日: 2005/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 946,411位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 k84 投稿日 2005/11/12
形式: 文庫
 他の話については他の方に任せて、個人的お気に入りの「見つめる者」についてだけ書きます。
 軍の魔導士リーテ・トリジコンは若い女性。現在の任務は「廃棄王女」の観察と報告。
 しかし、毎日カスール姉弟妹を見つめるうちに、リーテはある感想を抱くようになる。カスールの双子と廃棄王女は血が繋がっていない。孤児院育ちの自分とどこが違うのか。なぜ彼らは家族でいられるのか。双子は任務のためだけに育てられたのか。自発的に妹を守っているのか。
 ただの目が意志を持つようになり、そして行動に出る、という話です。
 ううん、さすがパシフィカの影響力という感じです。外から見ると三人がちょっと違った感じですね。
 短編なのですが、長編を読んだような充実感があります。ある意味、すてぷりの世界がここに収束していますね。
 バシバシッとすてぷりの初期の日常を切り取って、一番ドラマティックな部分を見せた感じ。一番劇的な部分だけが描かれているのは、短編ならではですね。
 そんな凝縮した短編です。
 もちろん、他の話も面白いですよ。登場人物もテイストも右から左までずらずらっとそろえた感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pfeil 投稿日 2005/10/22
形式: 文庫
連載中の日常のひとコマや、連載終了後の後日談が収録された短編集。
シャノンの性格が変わってしまう『スーピイ君の日』、パシフィカたちを監視する者たち側からの一人称で描かれた『見つめる者』、クリスとネレイディアのデート模様『少女は弱し。されど――』、折れてしまったカタナを見て、己の存在を考えるゼフィリスの話『剣の意味』。全四篇収録。
ついにスクラップド・プリンセス完結です。
本編はもうすでに完結済みなのですが、文庫が出るのはこれで最後ということで、本当の意味で完結ともいえるかもしれません。
一度完結してしまった作品は、大体そこで終わりなんですが、すてプリは割と短編の方で後日談が描かれていたので、個人的にはかなり嬉しかったです。
三編は雑誌掲載作品ですが、書き下ろしの『剣の意味』はメインキャラ大集合な感じで、最終的にはシャノンとゼフィリスでオチになっています。
個人的には成長したクリスがイラストつきで見れたのでちょっと嬉しかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック