この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ライブ ア ライブ

プラットフォーム : SUPER FAMICOM
5つ星のうち 4.8 68件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • 新品未使用・汚れ、色褪せ、あります。
  • (当店画像参照)
  • ケース内見落とし汚れ、経年劣化有る場合があります。
新品の出品:5¥ 21,800より 中古品の出品:48¥ 2,189より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


製品情報


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000068HDH
  • 発売日: 1994/9/2
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,866位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

新感覚RPG:スクウェア


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 最高傑作かもしれない。いや、僕が今までやったゲームの中でもっとも面白かったソフトというのが、おそらく、タクティクスオウガ、あるいは、このライブアライブなので、ゲーム史上最大の傑作である。
 もう何度クリアしたかわからない。たぶん、十回以上やってます。
 七つの章、様々な世界のストーリーオムニバス形式で進めていく。そして、どんな時代にも不変に存在するオディオという謎の存在。それぞれの章に特色があって、もう何度もやり直しができて、たまらなくかっこいいんです。SF編のホラーっぽさと最後の感動、近未来編の勇気と感動、超能力を使った画期的システム、西部編のかっこよさ、功夫編での修行とラストバトル、現代編での死闘を乗り越えた先に待つもの、原始編での言葉を使わない表現、幕末編でのやりこみ。どれをとっても思い出深い。
 そして、この七つのシナリオをクリアすると、中世編を選択できる。が、これは既存のRPGの概念を塗り替えたシナリオとして、高く評価したい。ドラクエなどにおいて典型とされる、しゃべらない主人公。その伏線が、中世編のクリア後にプレイできる最終編のラストで解決され、圧倒的なカタルシスを得られる。
 それにしても中世編。子供心に、世界の価値感すべてがひっくりかえってしまったような衝撃だった。てゆうか、軽くトラウマでしょう。あれほどの衝撃をもうゲームとい
...続きを読む ›
コメント 222人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
基本的にドラクエやFFといったら、苦労の末に感動ってものですね。
世界の真実や、敵の目的とかをしって、ラスボス倒しましょう、そして感動のEDってものですね。

こちらはどっちかというと人間ドラマを中心に盛り上がります。
熱血系に近く、終わりよければすべてよしをモットーにしています。
基本的にバタバタと人が死んでいきますが、人が死ぬからこそ際立つストーリーですね。
ただむやみに人を殺して感動を得る、あだち充も見習ってほしいものです。

大量の死人が出る中で、各章に出てくるオディオを倒すことが物語の全てです。
「西部編」「近未来編」「現代編」「SF編」「功夫」「原始編」「幕末編」、
7つをクリアすると「中世編」、中世編をクリアすると「最終編」がでます。
最終編は上記7つの章の主人公が中世編の世界に来て、真のラスボスを倒して終わりです。

そして度肝を抜く、中世編と最終編。
何故オディオが生まれるのか、オディオが何を望んでいるのか。
オディオの本当の意味とは何か。
根本的に魔王を倒すことではなく、魔王を理解させることを目的にしています。
正義と自由の裏にある残酷な真実、荒んだ心のなかにある真実、勝者の中に敗者。
...続きを読む ›
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スーパーファミコンのゲームです。
PS3?360?今あるハードに映像等で敵う訳なんてありません。

でも、本当に怖いところは怖い。
実写取り込みや、ポリゴンのムービーなんて無いのに、です。

西部、現代、原始、幕末、近未来等のオムニバス形式になっています。
それぞれのシナリオには色々な作品のパロディ、オマージュがちりばめられていて、
さらに最高のBGMが”それっぽさ”を醸し出してくれています。

このゲームで、音楽、BGMというのがどれだけ大切か、
演出で、どれだけゲームの雰囲気が変わるのか、そしてそれでどれだけゲームが面白くなるのか、
そういう事を思い知らされました。

このゲームにリアルタイムで出会えたことは、本当に幸せだったと思います。
このゲームを作ってくれた方々へ、そしてこのゲームを買った当時小学生だった弟に、心からお礼を言いたいです。

願わくば、新しいハードへ移植、もしくはリメイクされることを祈っています。
もっともっと多くの人に知って欲しい、そう心から思える数少ないゲームです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Vi 投稿日 2006/4/18
かなり古いゲームだが、今やってもものすごく楽しい。7つのショートストーリーのオムニバス形式のRPGだが、そのどれもが魅力的。システムも簡単で、初心者にも優しい。そして最後の中世編、最終編のストーリーは秀逸。まあどの話もストーリーがよくできているのだが、とにかくこの二つが良い。近年の萌えキャラが出まくるRPGよりもよっぽど面白い。また、エンディングはすごく考えさせられる。このゲームより正義が格好良いゲームはないのではないだろうか。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー