いけにえと雪のセツナ がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※破れ・シミはなく良好です。ダウンロードコード等は付属保証をしておりません。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,240
+ ¥ 324 関東への配送料
発売元: e-zoa
カートに入れる
¥ 3,240
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: カメレオンクラブ武蔵小山店
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: SFS ヲニヲニ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

いけにえと雪のセツナ

プラットフォーム : PlayStation 4
CEROレーティング: 12才以上対象
5つ星のうち 3.2 220件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,600 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,584 (31%)
ポイント: 11pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【説明文必読。全国即日発送!返金対応!365日無休!】ナポレオン・ゲームズオンラインが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
Amazon限定無
新品の出品:32¥ 3,120より 中古品の出品:33¥ 1,980より

Amazonランキング TVゲームの新着ランキング
新着アイテムおよび予約商品のベストセラー。ランキングは1時間ごとに更新されます。 今すぐチェック。


キャンペーンおよび追加情報

エディション: Amazon限定無

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • PS4/PSVita/PS3: PlayStationの最新映像や予約特典情報、ランキングなどは「プレイステーション特集」でチェック。「グランツーリスモSPORT」ほか、新作タイトル総力特集中。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • いけにえと雪のセツナ
  • +
  • PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
総額: ¥47,380
選択された商品をまとめて購入

登録情報

エディション: Amazon限定無
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0181ZSSJU
  • 発売日: 2016/2/18
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 220件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 1,305位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


メーカーより


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

版: Amazon限定無
【世界観&シナリオ】

最初の島とか序盤がそうなのかなと思えば本当にどこまでも真っ白な雪国だった。ピアノの音色や鮮やかな色の木がいい味を出していて
雰囲気がとても良く出てる。全編同じ雰囲気で統一されてるのってどうよ、という心配は実際にやってみたらそうでもなかった。
過酷な雪の中、ひたすら最果ての地を目指すという冒険感がかなりあるし、何よりロケーションは想像以上に豊富だった。

物語に関してはFF10だと発売前各地で散々言われていたが実際やってみたら既視感のようなものは意外な程なかった。
というのもキャラクターの性格や言動がまったく被ってないし(ヨミは見た目に関してはまんますぎるけど)、
FF10よりも若干末期感があって静かな雰囲気がある。ちょっと静かすぎるし哀愁が漂いまくってる気もするけど嫌いではない。

キャラクターは思いのほか公式HPで紹介や絵だけ見たときと、大分印象が違ったのでそこはかなり驚いた。
主人公のエンドに関しては想像を超えた頼もしいクールなイケメンで
クオンに関しては想像より遥かにツンツンした子だった。だがそれがいい
一番意外だったのはヒロインのセツナが想像を超えて乙女ちっくなヒロインだった事。声も言動も異様なまでに可愛い(小並)
...続きを読む ›
34 コメント 1,806人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆうしん トップ1000レビュアー 投稿日 2016/2/18
版: Amazon限定無
8時間ほどプレイ。

全体的に快適で遊び心地が良く、ゲームバランスやプレイフィールにかなり気を配って作られたなという
感触を感じます。

ただ、このゲームならではの体験、突出した何か、
そういう持ち味を挙げろと言われたらちょっと言葉に詰まるところもあります。

過去のJRPGへのリスペクトを掲げて発売された本作ですが、
正直、「値段相応のまあまあ出来た良作」という以上の感想は持ちませんでした。

思うにSFC時代のRPGが今見ても異常な輝きを放って見えるのは思い出補正だけではなく、
「当時の限られたスペックでどれだけのモノが作れるか」という限界へのチャレンジを見せられていたからのように思います。
SFCに詰める限界の容量!音声再現!驚異の書き込みのドット!敵がアニメーション!!
今となっては普通の要素も、当時はマシンパワーへの挑戦をサーカスを見るようにユーザーが楽しんでいた面が大きい気がしています。

ではその黄金時代に捧げられた当作はどうか。

割と小奇麗なグラフィック。快適なUI。まあまあのシナリオ。かわいらしいキャラクター。
そこには10年後20年後、
「あのゲームすごかったよな・・・!」と思い出すようなものは無い気がします。
コメント 349人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: Amazon限定無
これから低予算で昔懐かし風のゲームを開発しようとしている人にとって、
非常に学ぶ所が多いゲーム。

全ての要素が後何歩も、届いていないせいで、クロノトリガーの様な良いゲームになりそうで、
印象に残らないどうでも良いゲームになってしまっている様に見える。
唯一、ATB2.0自体は素晴らしいバトルシステムなので、
この作品のオリジナル要素では決して無いが、どうでも良いゲームだと思いつつ、
最後まで遊べるゲームにしていると思われる。

当時の名作RPGの制作者の頭の中には、スーパーファミコンでは到底表現できない、
リアルなファンタジー世界が広がっていて、それを精一杯、スーパーファミコンの制約の中で
表現しようとしたから、ユーザもブラウン管を通してその世界を思い描くことが出来、
数々の名作RPGが生まれたのだと思う。

一方、このゲームの製作者の頭の中には、スーパーファミコンからブラウン管テレビに出力された、
クロノトリガーを始めとするドットで描かれた2DRPGしか頭に無く、
あれをそのまま現代のコンシューマ機で表現しようとしたため、
様々な所で勘違いが生まれ、後何歩も届かないゲームになってしまっているのだと思う。
...続きを読む ›
3 コメント 208人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: Amazon限定無
クリア直前でのレビューになります。

痒いところに手が届かない、買った人が大人の事情を理解し過ぎているという意味で非常に切ない作品です。

昔のRPG「のようなもの」ですが、本当に言葉通りで、昔のRPGと「同じ」熱さはありません。
所々にはありますが、雰囲気にとどまっていて、細かな作り込みや工夫が出来ていません。

話の流れが真面目すぎます。
どんでん返しが全然無く、スーッと最後まで行ってしまいます。
どんでん返しが必要でしょう。
イケニエの旅への葛藤が一番丁寧に描かれるのが親父キャラだけなのは疑問です。

最も描くべきヒロインに葛藤が見えません。
ヒロインは母がイケニエとなって、とても悲しい思いをしたはずで、普通に考えればイケニエの儀式を恨んだはずです。
どうしてそれを受け入れるまでの葛藤を描かなかったのか。
親父の精神世界に2人っきりで飛ばされて、親父の内面や過去のトラウマを見せられても気持ちが上がりません。
それはヒロインとやることでしょう。

そして主人公。
人格が謎すぎて、全く掴めず入り込めませんでした。
孤高の剣士で傭兵で、最初は少女を助けるから優しいのかと思ったら、暗殺依
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

エディション: Amazon限定無