無料配送: 4月13日 - 14日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 13日の火曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り4点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3%E6%96%87%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%96%9C%E3%82%81%E4%B8%8A+%285%E5%88%86%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 4月14日 - 16日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ならやま
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ※売り切れの際はご返金させて頂くことがございます 予めご了承ください ※記載の無い場合、帯、特典、付録等は付属しません ご注意下さい ★帯付き 天地に若干汚れあり 中古商品の為、多少の痛み・破れ・汚れ・日焼け・キズ・スレ・角折れ・匂い・値札貼付などある事がありますが、概ねコンディション良好です。 レターパックもしくはクリックポスト(局留め可)にて丁寧に梱包し迅速に発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 (5分シリーズ+) (日本語) 単行本 – 2019/4/19

5つ星のうち3.9 10個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,320
¥1,320 ¥248

よく一緒に購入されている商品

  • スガリさんの感想文はいつだって斜め上 (5分シリーズ+)
  • +
  • スガリさんの感想文はいつだって斜め上 2 (5分シリーズ+)
  • +
  • スガリさんの感想文はいつだって斜め上 3 (5分シリーズ+)
総額: ¥3,960
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

封印していた思い出が原稿用紙にあふれ出す。エブリスタ小説コンテストW受賞の著者がおくる青春ミステリー誕生。

著者について

1989年東京都出身。筑波大学卒。現在、通信会社でエンジニアをしながら精力的に執筆活動を行う。小説投稿サイト「エブリスタ」内のコンテストで2作品が受賞。本書が書籍デビューとなる。

登録情報

  • 出版社 : 河出書房新社 (2019/4/19)
  • 発売日 : 2019/4/19
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 224ページ
  • ISBN-10 : 4309027814
  • ISBN-13 : 978-4309027814
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 10個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
10 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年3月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月3日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 個性とは着目点である、らしい
ユーザー名: oldbookend、日付: 2019年6月3日
読後、正直言って 自分も読書感想部に入部したくなります。読書感想文とは日本中の子供大人にとってもはや夏の季語となりそうな伝統文化ですが 本好きの一部にとっては楽しい罰ゲームで 心の感動とは裏腹な国語の先生の嗜好に合った文章を書くのもまた一興であったりします。 スガリさんの感想文は学校に提出しないヴァージョン、 顧問の杏介と楽しむためだけの。課題図書が夏目漱石のこころと新美南吉の手袋を買いに、と言うほぼ日本中の若者が教科書で読んだ話ってところがまた素晴らしい とりあえず学校の授業でタイトルだけでも耳に残ってる、と言う人は親しみを感じることが出来るはずです。次回に続く課題図書の発表も期待高まります 乙女よ スマホを捨て 原稿用紙を広げよ、時代の到来が待ち遠しい。但し昭和人間には超早口に聞こえる文章でついていけるか心配でしたが すぐに適応できるようになり安心しました!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月17日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月28日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月20日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告