中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu6502_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スウィングガールズ 単行本 – 2004/8

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,082 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ガサツで不真面目で自分勝手な高校1年生の鈴木友子。夏休みのある日、友子たちダメ女子高生が病院送りにした吹奏楽部の代わりにジャズを始めることに……。友情?技術?練習場所?えー、指導者も!? なんにもないところから始まったビッグバンドはやがて素敵なメロディを奏でる。田舎の町の普通の子たちの、小さな奇跡。
コメディ映画の鬼才・矢口史靖監督、書き下ろし青春小説。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

映画『スウィングガールズ』原作。監督・矢口史靖初の書きおろし青春小説。「ジャズやるべ!」―ビッグバンドジャズに魅せられた田舎の少女&少年の、瑞々しくも大爆笑の日々。映画では語られなかったエピソードも満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 275ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2004/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840111367
  • ISBN-13: 978-4840111362
  • 発売日: 2004/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 586,745位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この本は、映画「スウィングガールズ」を劇場で見てから読みました。そしたら、面白くて面白くて、大爆笑しっぱなしでした。本当に面白くて、まるで漫画を読んでいるみたいでした。この話は、女子高生達が、ひょんな事から、ビッグジャズ・バンドをやる話なのですが、映画を見てからこの本を読むと、これはあのシーンだなって、連想できて、非常に良いので、是非お試しあれ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
映画「スウィングガールズ」のノベライズにして、

監督矢口史靖初の書き下ろし小説である。

ストーリーとしてはほとんど映画と変わりは無いが

登場人物の内面を描写できる小説という形態にあって

併せればより作品世界を楽しめる。

それと同時に何も考えていないようなシーンでも

矢口監督が細かく設定を詰めていることにも気づかされる。

余談だが、映画を観ていれば推測できる米沢弁も

活字にすると判りづらいため、

標準語のルビをふるというアイデアには脱帽。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
お気に入りの映画「スウィングガールズ」はDVDで何度も繰り返して見ています。
この小説は監督の矢口さんの書下ろしで、大変分かりやすい文章で書かれているので、映画の場面が、容易に浮かび上がってきます。
実際に音は聞こえてきませんが、演奏場面の音楽が聞こえてきそうです。どのページから読んでもすぐに映画の場面に誘い込んでくれます。
外出の時にいつも持ち歩いて電車の中などで読んでいます。良い本を有難うございました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は、映画の「スウィングガールズ」をDVDでみてとても面白かったので、原作を知りたいと思い本を買いました。
内容は、スウィングガールズというジャズバンドを組むまでのいろいろなエピソードがおもしろかったです。たとえば、最初は全然やる気のなかった主人公の友子たちですが練習していくうちに、楽しくなってきて、がんばっていました。しかし、仲間割れをしてしまってみんな、バラバラになってしまいます。しかし、友子と表紙に書いてある絵の五人はあきらめずに練習をしていきます。しかし、あまり上手ではなく演奏をしていても、客は文句をいってばっかり。そんなある日、友子たちの学校の教師、小澤忠彦が、「スウィングしないとだめだ。」と、言ったので友子たちは顧問をお願いします。そして、ジャズのリズムのとり方などを教えてもらって、少しづつうまくなっていきます。前に、仲間割れした女子たちも友子たちが演奏しているのを聴いて、やりたくなっていきます。そして、ついに会場で演奏ができることに・・・。そんな話の、青春ジャズ物語です。
映画にはないエピソードももちろんあります。たとえば、拓雄がピアノをならっていたわけとは・・・等。
これ、はまりますよ!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
吹奏楽部に入部して興味を持ち、買いました。DVDも借りましたが、本の方が詳しく書いてあり、読んでいて楽しかったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告