スウィングガールズ スタンダード・エディション [... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内送料無料!Amazonプライム対象商品】ディスクにキズはありません。ケースもキレイです。★ご注文後、直ちに【Amazon 配送センター】にて梱包され、迅速・確実に発送致します。どうぞ安心してご注文下さい。何らかの不備等がありましたら返品、返金等の対応をさせていただきますので評価前に一度メールでのご連絡をお願い致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: マルチメディア館
カートに入れる
¥ 3,150
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃうちゃん本舗
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.3 181件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,604 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、四八堂 ☆年中無休・丁寧迅速に対応致します☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 2,350より 中古品の出品:20¥ 583より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • フラガール(スマイルBEST) [DVD]
総額: ¥6,760
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 上野樹里, 貫地谷しほり, 本仮屋ユイカ, 豊島由佳梨, 平岡祐太
  • 監督: 矢口史靖
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/03/25
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 181件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006ZJAZK
  • JAN: 4988104032355
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 6,466位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を運んだ補習クラスの女子だったが、炎天下、チンタラ運んでいたせいで、お弁当は腐り、吹奏楽部は体調を崩してしまう。ひとりだけお弁当を食べなかった男子・中村は、即席吹奏楽部を作ろうと思いつく。責任をとらせようと補習クラスの女子を誘うが、吹奏楽をやるには人数が足りなかったため、ビッグバンドでジャズをやることに。でも女子たちは楽器などロクにやったことがなかった…。
 『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督のガールズ版『ウォーターボーイズ』ともいうべき作品。高校生が、未経験のことにチャレンジし、失敗を繰り返しながら、最後に成果をお披露目という構成は前作と同じだが、矢口監督のディテール作りの巧みさと、役者選びの目の確かさが、本作でもいきている。舞台が東北のため、方言を駆使したセリフはユニークで温かいし、女の子たちのイキイキとした姿もさわやかで気持ちがいい。ヒロインの上野樹里は『ジョゼと虎と魚たち』では偽善的な女子大生を好演していたが、本作では、ちゃっかりしているけど、常にポジティブな高校生を明るくキュートに演じていて好感度大。竹中直人、谷啓、渡辺えり子、小日向文世などの演技巧者が脇をしっかりしめている。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

東北の片田舎にある高校を舞台に、サボりの口実として始めたビッグバンドジャズの魅力に次第に引き込まれていく女子生徒たちの姿を描いた作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
最初は、ピンチヒッター感覚で始めたジャズバンド。『仕方なく』『なんとなく』だから、演奏もぎこちなくヘタッピ。
演奏のコツを掴んで成功すると、それがきっかけで楽しくなり、どんどんのめり込む。
ジャズバンドだけに限らず、人間という生き物は、自分が興味がある事には積極的になる傾向があります。
この映画は、それを見事に表現している。
付け焼き刃で楽器の練習をしている時に、食中毒で入院していた教師や部員が帰ってきて、楽器を取り返され、
悔しくて泣きながら学校を出ていったのを境に、彼女達は楽器と音楽にのめり込み、『団地の裏の土手』『カラオケ喫茶』『パチンコ屋』と
転々と追い出されながらも、演奏する楽しさに魅了され、どんどんスイングしていきます。
実際、この映画を機に、自分が担当した楽器を趣味にしている俳優さんがいるとか。

ビデオレンタル店で10年ぐらい前に、VHSで観てからこの映画に夢中になり、
数えきれない程に観ましたが、もう一度観たくなり購入。
あの時の楽しさは変わっていませんでした。
現代の日本映画には珍しい、何度も観たくなる楽しい映画。
水野晴郎さんが生きていたら、「いやぁ。映画って本当に素晴らしいものですね。」と
言われていたかもしれません。🎥
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
見始めた時、画面は夏そのもので、うだるような暑さと、だるさが少女たちのやる気のない夏休みを描いていた。そこにジャズが加わって、何かが少しずつ変わっていく。それは見ているこちらも心地よくて、音楽の素晴らしさや楽しさを感じさせてくれた。最後のシーン、ステージ上彼女たちは本当に楽しそうで、私も体が動いてしまった。きっとあの会場全体が映画の枠を飛び越えて、音楽することの喜びを感じていたと思う。自分もブラスバンドで汗を流した青春時代があったと、しみじみ思い出した。音楽っていいよね!
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/31
形式: DVD
気に入ったDVDは、本のように何度も何度もお気に入りの箇所を見直して楽しめることを気づかせてくれた。このDVDを買った日、少なくとも10回は何度も繰り返し、見てしまった。少年時代、ブラスバンドで唇から血が出るまで練習した日々が蘇った。ひとこと。すばらしい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
哲学とかテーマ性という面では論じるに値しない作品だが、単純に見て楽しい。そういう作品もいいものだと思った。

話自体はマンガチックな荒唐無稽なもので、ひょんなことからビッグバンドジャズの魅力に目覚めた女子高生たちと男子高生一人が音楽祭を目指すというものである。

おもしろいなと思ったのは、青春物にもかかわらず恋愛要素が薄いところである。
恋愛要素や心の機微の描写を薄めている分、ひとつのものをみんなで作り上げる楽しさというところに焦点が当たっている。
あと「全ての人間は二種類に分けられる」という格言めいたセリフが「やり遂げる/あきらめる」「楽しむ/楽しまない」「スウィングする/しない」と3回出てきて、これが脚本上のスパイスとしてうまく効いていると感じた。

最後の演奏場面は圧巻だった(短期間で上達しすぎだが)。

はっきりいって内輪ノリの作品だと思うし、こういう内向きの小ネタ的なおもしろさは日本映画の悪いクセなのかも知れない。
ただ、やはり見ていて楽しい。

一人で見ても複数人で見ても、安心して楽しめる作品だろう。

*ユーザー名で批評ブログも書いているのでよかったら見てください!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
これは彼女の「接待」でみました。

夏休みに追試を受けちゃったりする、無気力で普通の女子高校生があるきっかけでビッグバンドでジャズをやることになったら?

最初はのんびりした展開ですが、数学教師がジャズを教えることになってから展開が速くなりあっというまに映画は終わってしまいます。

とにかく楽しく、おもわず体が動いてしまう元気の出る映画です。

主人公達の楽器の上達が早すぎないか?と思いますが、やる気になった子供たちの上達振りは現実社会でもしばしば見かけるのでまあそれもありかなと。

竹中直人の演技力は相変わらず舌を巻く見事なものですが、白石美帆の演技も意外と良かったです。サッカー番組のサブアナやるより役者を目指したほうがよいのでは?

☆は4です。(ホントは5だけど、見終わった後彼女がほーらいい映画でしょーっと得意顔をしたのがちょっと悔しいので)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー