¥ 4,104 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: DVD-OUTLET

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.16

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DVD-OUTLET が販売、発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。
新品の出品:4¥ 3,755より 中古品の出品:2¥ 2,080より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.16
  • +
  • スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.15
  • +
  • スイートプリキュア♪ 【DVD】 Vol.13
総額: ¥9,444
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小清水亜美, 折笠富美子, 三石琴乃
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2012/05/25
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004U8VJTY
  • JAN: 4571390721975
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 102,406位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

待望のシリーズ第8弾「スイートプリキュア♪」がDVDで登場♪
Blu-rayも今秋発売予定!


【ストーリー】
音楽が溢れる町、加音町。
この町で育った北条響と南野奏は小さい頃からいつも一緒だった幼なじみ。
けれど、中学生になってからは何故か顔を合わせればケンカばかり…。
そんな二人のもとに、音楽の国「メイジャーランド」からやってきた妖精《ハミィ》が現れた!
ハミィは、伝説の楽譜に書かれている《幸福のメロディ》を《不幸のメロディ》に変えようと
企む悪の王《メフィスト》から世界を守るため、二人にプリキュアに変身して欲しいと頼む。
いつもは全く意見が合わない響と奏だが、二人の正義の心が一つになったとき、プリキュアに変身する!


【初回特典】
カラーDVDケース
オリジナルステッカー


全巻描き下ろしジャケット仕様

<声の出演>
北条 響(キュアメロディ):小清水亜美
南野 奏(キュアリズム):折笠富美子
ハミィ:三石琴乃

■オープニング曲
 「ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪」 歌:工藤真由
■エンディング曲
 「ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!」 歌:池田彩

※仕様は変更となる場合がございます。

発売元:マーベラスAQL
販売元:TCエンタテインメント
(C) ABC・東映アニメーション

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

女の子を中心に人気を誇るヒロイックアクションアニメシリーズの通算8作目の第16巻。さらにパワーアップしたノイズがプリキュアたちに襲い掛かる。音吉たちも石にされ絶体絶命の彼女たちに救いの手が伸びる。第46話から最終第48話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「このプリキュアはこうあって欲しい、いや、こうあらねばならない。」
そう思いながら見続けた一年・・・
スイートは私にとって、理想のプリキュアそのものでした。

フレプリ、ハトプリも大好きな私ですが、これらは、キャラデザから受ける印象からはかけ離れた重い話が多かった上に、過酷な運命の物語でもありました。
つらい現実を突きつけられたり、受難の連続であったり・・・
ハトプリのラストは必ずしもハッピーエンドではありません。フレプリにしても、イース・せつなに背負わされた困難・苦悩はあまりにも大き過ぎました。
「女児向けアニメではシリアス性を100%排除すべきだ」とは思いませんし、現実をありのまま見せることも必要でしょう。しかし、悲劇性の過度な強調が、大友受けを狙ったものだとすれば、やはり否定されるべきです。それに時節というものもあるだろうし、前二作が大震災直後の作品だったら、放映はためらわれたのではないでしょうか。

その点、このスイートはシリアス度を弱め、本来のメインターゲットである女児のもとに帰った作品と言えるでしょう。震災を意識したのか、敵幹部を含めて、どこか牧歌的で明るいトーンを前面に打ち出したことには好感が持てました。

かと言って、ストーリー的に劣化したわけでも、震災に萎
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 シリーズをほぼ全部視聴しました(8話のみ録画忘れで未視聴)。
 でっこみひっこみの多いシリーズだったと思います。
 陰影と起伏のストーリー、ある種屈折のあるキャラ設定、性格付けのあまり出来ていない
キャラ(響の両親がそうです)、影が薄いクレッシェンド・トーンとバリトン、終盤空気化した
奏、シリーズを通しての声優レギュラー初挑戦の主題歌歌手のセリフ回しのぎこちなさ、
最初の数回あった、キャラの語りによる設定説明というシナリオの難点、時折ある作画崩壊
(と、いうよりキャラ絵が変)・・・
 欠点を探せば多いシリーズでした。
 でも、それを補ってあまりある魅力あるシリーズだったと思います。
 特に、ひたすらノ―テンキなオトボケキャラだったハミィは、数あるシリーズの
妖精の中で、もっとも強く、もっともめげず、不屈のニャンコだったと思います。
 当初は主題歌歌手起用という話題作りか、数だけ多く出せばいいのかと思えた
フェアリー・トーンは、途中からはこのシリーズになくてはならない存在となり、
歌手の方の演技も上達し、終盤では正に彼ら(彼女ら?)なくしてはシリーズラストの
盛り上がりはなかったと思えるほどでした。

 あちこちで言われてい
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
47話に感動しました。スイートプリキュアは感動する内容あり面白さもあり、どの回もいいのですが、個人的には感動した回はこの47話と17話21話で特に面白かった回は5話7話16話31話41話です。
参考になされてください!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告