スイング・スワング・スインギン がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スイング・スワング・スインギン

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,700
価格: ¥ 1,569 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 131 (8%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ジャッキー・マクリーン ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スイング・スワング・スインギン
  • +
  • Bluesnik
総額: ¥2,500
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/6/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(M)
  • 収録時間: 38 分
  • ASIN: B000PDZPMU
  • EAN: 4988006853850
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 68,626位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ホワッツ・ニュー
  2. レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス
  3. ステーブルメイツ
  4. アイ・リメンバー・ユー
  5. アイ・ラヴ・ユー
  6. アイル・テイク・ロマンス
  7. 116丁目レノックス街

商品の説明

内容紹介

「ホワッツ・ニュー」のスタンダード・ナンバーで始まるワン・ホーンの人気盤。「ホワッツ・ニュー」「レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス」などよく知られたスタンダード曲で独特の魅力あふれる‘マクリーン節’が楽しめる。マクリーン作品の中でも1、2を誇る人気盤である。
●録音:1959-10

メディア掲載レビューほか

「ホワッツ・ニュー」「レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス」などよく知られたスタンダード曲で独特の魅力溢れる`マクリーン節`が楽しめるワン・ホーン・アルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ジャッキー・マクリーンって、案外好みが分かれて難しい人だと思う。実は、2000年代に来日したときに生で聴いてる。それも、初めて友人に誘われていったジャズフェスで。正直圧倒された。とにかく音の出方が、日本人のどんな名プレイヤーとも、いやその後散々観た、海外ジャズミュージシャンの若手の名手と比べても桁違い。音圧、音量、音から発する気迫、音色のかっこよさが段違い。だが・・・正直アルバムで50〜60年代の名盤を聴いてみると、そこまで(ライブで聴いたほどには)圧倒されない。どうも本作も地味で渋い。じわじわ聴き続けて、ようやく分かってきたスルメのような作品だ。どうも、本人のリーダーアルバムよりも、ソニー・クラークとか、他のミュージシャンのリーダー作に呼ばれたときのほうが、本領発揮している人のように思う。彼の魅力は、表題に挙げているように、おそらくチャーリー・パーカー派のアルト、最高レベルの後継者という感じで、音色が一番近い音を出していると思う。パーカーが塩辛くも澄み渡り、図太くも天を舞うような感じなのに対して、マクリーンはややそれを泥臭くアーシーにした感じ。パーカーなき後、アルトサックスとしては、キャノンボールとともに希少な人材であったろうなあと。だが、どうも、その音色と雰囲気が最大の武器で、アドリブやメロディには弱さがあるとも思う。クール・ストラッテ...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1959年の録音で力強く表情豊かな演奏にマクリーンの色気を満喫。リーダー作、選曲がスタンダード、ブルーノート盤、録音が1960年代に入る変貌前のハード・バップのマクリーンが特徴かもしれない。共演者はピアノがウォルター・ビショップ、ベースがジミー・ギャリソン、ドラムがアート・テイラー。演奏はワンホーンということと「スピーク・ロー」で有名なウォルター・ビショップの共演が涼風をさそう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 このアルバムを聴くとアルトサックスの音ってこんなに気持ちよかったんだといつも再認識する。この時代のA・ペッパーの音なんかどうにも苦手なんだが、かたやJ・マクリーンのアルトの音は力強く歯切れもよく聴いてて爽快な気分になり、実に気持ちがいい。
 どの曲もそうだがとくに1は単刀直入のメロディが入ってくるあたり「サキコロ」を思わせたまらない。「レフト・アローン」や「クール・ストラッティン」等、この人はサイドのまわっての方が有名な気もするが、間違いなく本人名義での代表作としてこの作品を薦めたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 irinie 投稿日 2013/6/22
形式: CD Amazonで購入
名盤が音質もよく、安く買えてよかった。欲しいものが決まっているときは迷わずAmazonです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック