ジーン・ワルツ [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,480
通常配送無料 詳細
発売元: トレジャーボックス
カートに入れる
¥ 2,480
通常配送無料 詳細
発売元: 南国noma堂
カートに入れる
¥ 2,895
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジーン・ワルツ [DVD]

5つ星のうち 2.4 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,624 (40%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、万福堂ブックストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 400より 中古品の出品:13¥ 170より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ジーン・ワルツ [DVD]
  • +
  • ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]
  • +
  • チーム・バチスタの栄光 [DVD]
総額: ¥9,075
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 菅野美穂, 田辺誠一, 大森南朋, 南果歩, 風吹ジュン
  • 監督: 大谷健太郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2011/07/22
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004W11Y4Y
  • EAN: 4934569641212
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,353位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

海堂尊の医療ミステリー小説を菅野美穂主演で映画化。廃院寸前の産婦人科医院・マリアクリニックの院長代理を務める曾根崎理恵。彼女が禁断の治療をしているという噂を聞き付けた帝華大学病院のエリート医師・清川は、理恵の周辺を探り始めるのだが…。

内容(「Oricon」データベースより)

「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続く海堂尊原作シリーズ映画化第三弾!“命の誕生”の奇跡を描いた感動の医療ミステリー!史上最強の女医、いま、新世紀医療の闇に迫る!新たなる舞台は生命誕生の現場。天才医師にかけられた疑惑とは…。菅野美穂、田辺誠一、大森南朋ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

レビューの評もあまりよくなかったのであまり期待はせずに見たにも関わらず、大がっかりの巻きでした。
全体に平板というか物語の起伏がなく、ストーリーに起承転結らしきものも無く淡々とすすむだけでじきに欠伸がでてしまいました。
主人公が自分の卵子を使って母親に代理出産をさせるというところが、原作ではある意味クライマックスだったのに
そんなこともそうそうに明かしてしまっては盛り上がりもありません。
暴風雨の中の出産シーンもなんだか緊迫感に欠けてたし、ほめるところがほとんどない作品でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 バチスタ、ルージュに続く本格医療サスペンスを期待したのだが、本作はサスペンスやミステリーではなく、いわばヒューマンドラマである。
 一昨年、妊婦を乗せた救急車のたらい回しが続発して世間の耳目を集めたが、本作のテーマは、産科医療のおかれた危機的な状況というのがひとつ。もうひとつは、これも昨年野田聖子氏が51歳で出産して話題になった高齢出産&代理母の問題。いずれも根が深く、今日的なテーマではある。
 とはいえ、残念ながら映画としての出来はいまひとつ。ストーリーに特段の起伏はないし、感情描写も不完全でちっとも移入できない。例えば母が娘の代理母を引き受ける決心をした時の感情の変化とか、もっと丁寧に描けばよかった。
 もうひとつ、クライマックスで3人の妊婦の陣痛が重なり、しかも台風で応援が頼めず、病床の老院長先生が突如助っ人に現れるシーン。観月ありさのコメディ、「ベイビィ ベイビィ ベイビィ!」(2009年)と設定が完全に被ってしまった。本作は真面目なドラマで笑うところは全然ないのだが、どうにもコメディの「ベイビィ・・」のほうを思い出してしまって可笑しくていけなかった。
 バチスタやルージュが良かっただけに期待がおおきかったが、残念。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あやん 投稿日 2011/12/20
全体にテンポが悪く、見ていて退屈でした。
登場人物のせりふが妙に間延びしていて、「もしかしてこの人たち演技下手なの?」と思ってしまいました。
恐らく意図的な演出なのでしょうが、どんな意図があるのかわかりません。

「産婦人科医療の現状にチャレンジする女医」が主人公なわけですが、
この映画を見る限り、
大学病院における産婦人科医療のどこにどんな問題があるのか全くわからない。
もしかして原作を読んでいればわかったかもしれません。
(原作者の作品には現在の医療に対する問題提起がちりばめられていますので)
でも、原作を読まず、映画だけを見ている人間にとっては、
どこが問題で主人公がそれをどう解決しようと思っているのか理解できませんでした。
テレビのインタビューで、すべての出産をいつでも受け入れるための施設を作るとか彼女が話していましたが、
それは大学病院からすると全力でつぶさなければならないほどとんでもないことだったのでしょうか……?

要するに彼女が個人的な思いで勝手に男の精子を採取して自分の母に代理出産させたという話でしょう?
相手の男性に黙ってそんなことをすること自体、モラルに反していますよね。
それと現代医療への挑戦がどう結びつくのでしょうか。

どうも最初から最後まで意図不明な映画でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/28
小説とは別でミステリ的な要素はほぼ皆無です。また、ドロドロして凄絶な感じもありません。出産をとりまく人間ドラマになっていました。
 
つらい過去を乗り越え、鉄壁の意思で医療に取り組む天才医師に菅野美穂が見えないのがイタイ。彼女は、ふわふわした浮遊感が独特の魅力で、本作のヒロインはチャレンジだと思いますが成功しているとは言えませんね。

やはり、原作の緊張感が欲しかったですね。医療ドラマなのかラブストーリーなのかもはっきりせず、やや軽い印象。
ヒロインを全面的には応援できないはずの清川の態度が、コロリと変わる展開も、都合が良すぎる。

無脳症で子宮内でしか生きられない赤ん坊を「光をみせてやりたい」との思いで出産するエピソードは人間描写も丁寧で、とっても良かった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ブルーレイの方で星を3つも付けたのが悔やまれるので補足します!

ドラマは如何にドラマチックに演出して盛り上げるか!
そこでプロの技量が問われます、だらだら撮ればつまらない素人ビデオと同じです、
芸達者の一流の俳優を集めても無駄になります、
これには立派な原作が有ります、活字だけでもドラマは創れるのです!
山ほどお金と時間をかけてもセンスが無ければすべてが無駄になる典型です!

菅野さんの前作パーマネント野バラのクライマックスに小池栄子の一言に夏木マリさんが振り返るシーンが有ります、無言の名演技です、

ジーンワルツでは会話も無く支払いもしない妊婦山咲に反感を持っていた助産師妙高が理恵ちゃんの一言で振り返る!
さて、濱田マリは如何に演ずるか!・・・

と思っていたら傘持って馬鹿面提げて電車止まっちゃた・・・

原作に有った数々の名シーンを全てスルー・・・

代わりに意味の無い極北クレイマー、記念写真、・・・?

吉田大八で撮りなおしてください、原作者への礼儀です!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック