通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジーン・ワルツ (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ジーン・ワルツ (新潮文庫) 文庫 – 2010/6/29

5つ星のうち 3.8 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジーン・ワルツ (新潮文庫)
  • +
  • マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)
  • +
  • ブレイズメス1990 (講談社文庫)
総額: ¥1,856
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた──。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。

内容(「BOOK」データベースより)

帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた―。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 330ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101333114
  • ISBN-13: 978-4101333113
  • 発売日: 2010/6/29
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 302,184位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
様々な困難を抱えた女性たちの出産がテーマなだけあって、終盤は感動シーンのオンパレードだが、
ちょっとやりすぎた感も否めない
変なダークさを入れず母体も三人ぐらいに絞ればもう少し印象深い作品になったのではないだろうか
作者のほかの作品に比べると、そこまで魅力のある作品ではないかもしれない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
チームバチスタの栄光の海道尊が書く産科を題材とするミステリー

医学の進歩により、代理母や人工授精などの技術が進歩しているのに
対し、法整備など国の受け入れ態勢が整っていない間隙を突いている作品。

チームバチスタが”いつ死んだか”を扱った作品とすると
ジーンワルツは”いつ生まれたか”を扱った作品でとても共通性がある。

主な登場人物は、女医で人工授精のエキスパート曽根崎理恵、
先輩医師に当たる清川医師そして、4人の妊婦と5つの受精卵
たちの物語である。海道シリーズでは、他の本の多くのメンバーが
関係して登場するものの、この本では、桜宮ぐらいしか重複しない

もともとは小説新潮に半年にわたって連載されたものですが、
連載ものにありがちな、話が飛ぶ感じがほとんどなく、
チームバチスタのように一気に読んでしまう勢いのある本です。

ちょっとだけ残念なのが2点あります。
ひとつは、医師と妊婦だけという少ない
登場人物のせいか、話が少し狭くなっている感じがします。
二つめは現実の産婦人科医の逮捕などをモチーフにしている
せいもあり、この隙間を知っている人は結末が予想できる
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私には主人公の理恵が独りよがりで理不尽で傲慢な人間としか思えなかった

文章は読みやすいし、キャラクターも個性的でさくさく読めました。
しかし、最後まで読み終えた後の後味の悪さが酷かった。
クール・ウィッチという煽り文句に、ダークヒーローを想像していたため
より胸糞悪い気持ちにさせられました。

自らの思想を押しつけ、理想の実現のために自らの患者を踏み台にする。
フィクションだからいいものの、実際こんな医者がいたら本気で軽蔑するぞ。

この後味の悪さも楽しめる人にはお勧めの作品です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いつも楽しみにしている海堂尊さんの新作は、婦人科医療。これまでの軽妙な語り口はそのままに、現代の産婦人科医療や不妊治療、代理母などの問題をクール・ウィッチと呼ばれる新キャラの女性医師が切れ味鋭く語ってくれます。これまでの「医療ミステリー」よりも、より「社会派もの」に傾斜してますが、ぐいぐい読ませてくれる筆力はさすがで、一気読みでした。最後の出産シーンは迫力。立会いの経験のある私は、震えました。お勧めです。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の作品はどれも面白いので欠かさず読んでいますが、
この作品は2児の母の私には、号泣な作品でした。
(知的興味をくすぐられる場面や、んっ!それは…な部分もありましたが。)

お産は安全と考えている妊婦さんに読んで貰いたい作品です。
私も経験するまでは、日本のお産は安全だと思っておりました。
(医療が進んでいるので、NICUなどで助かるだろうと。
医療従事者なので医療知識もあるからなど…。知識があっても現実は厳しいです。)

健康に赤ちゃんが産まれてくれるだけで、どれほど幸せな事か噛締められる作品です。
特に、ラストの出産シーンでは号泣しっぱなしだったので、旦那が心配するほどでした(笑)

私だったら耐えられないだろう事も、
登場人物たちが耐えて幸せに代えていこうとする力に(著者の読ませる力に)
読書後も世界観を引きずってしまいました。

しばらく、ここまで陶酔出来る(考えさせられる)作品に出会えなかったので、
読者になれて嬉しい作品です。

「ジーン・ワルツ」という、タイトルも成る程な!と、著者のセンスの良さを感じます。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー