この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド [DVD]

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 6,239より 中古品の出品:9¥ 1,069より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: ジョージ・ハリスン, エリック・クラプトン, ポール・マッカートニー, リンゴ・スター, オノ・ヨーコ
  • 監督: マーティン・スコセッシ
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2011/12/23
  • 時間: 210 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005O88C3K
  • EAN: 4988111241139
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,147位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ジョージ・ハリスン没後10年の2011年―。アカデミー賞監督マーティン・スコセッシが贈る音楽ドキュメンタリー大作!

◆貴重な未公開映像、未公開写真、そして未発表音源も交えながら、音楽と共に生きたジョージ・ハリスン58年の人生の軌跡を描く!

◆ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、リンゴ・スターら盟友たちの新たに撮りおろしたインタビューが満載!

◆本編にはビートルズ時代から晩年までの未発表曲音源も多数登場!

【映像特典】
ダニー・ハリスン、ジョージ・マーティン、ジャイルズ・マーティンによる『ヒア・カムズ・ザ・サン』サウンド分析
「ディスピュート&ヴァイオレンス」(ラヴィ・シャンカール・ファミリー・アンド・フレンズフィーチャリングジョージ・ハリソン/ 1974年北米ツアーより)
ポール・マッカートニー 追加インタビュー(2分)
ジェフ・リンのインタビュー(3分)
デイモン・ヒルのインタビュー(4分)

【初回限定仕様】
アウターケース仕様

【スタッフ】
監督・製作:マーティン・スコセッシ
製作:オリヴィア・ハリスン/ナイジェル・シンクレア

【インタビュー出演】
エリック・クラプトン、テリー・ギリアム、エリック・アイドル、ジョージ・マーティン、ポール・マッカートニー、オノ・ヨーコ、トム・ペティ、フィル・スペクター、リンゴ・スター、ジャッキー・スチュワート他

*仕様などは変更する可能性もございます。ご了承ください。

DVDS1 AND 2 BLU-RAY DISC (C)2011 GROVE STREET PRODUCTIONS LIMITED. AUDIO CD (C)2011 G.H.ESTATE LIMITED

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョージ・ハリスンの子供時代から晩年までを、ポール・マッカートニーらが語る音楽ドキュメンタリー。17歳でビートルズに加わり、富と名声を手にしたジョージ。だが、次第に瞑想と精神世界における自己の鍛錬が人生の中心になっていく。2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

映画が公開前から沢山の、しかも否定的なレビューが多く辛かったです、その人たちはどうやって作品を見たのでしょう?
というわけで11月19日、全国公開日の一度目を見て帰ってきてレビューを書いております。

映画は3時間半の長尺物を前編、後編に分けて一挙公開、3枚組のアルバムでソロデビューを図ったジョージらしさを表しているようで嬉しかったです、パンフレットの販売は無いものの全員にポスタープレゼントがあり、テンションがあがります、こりゃ来日公演以来の祭りだぜい!!(ちなみに料金は3D映画並み)

映画は"All Things Must Pass"ではじまり第二次世界大戦終了の映像のあとジョージの実兄二人の登場で期待が高まります、ファミリー公認映画で
貴重な写真が見れることが実証されたようなもの。

実際に公式写真、レア物、未公開物の映像、写真を交えながらお馴染の回顧形式で有名なエピソードの数々が語られていくわけですが、どうしても
話の中心はジョン、ポールになっていくわけで複雑な気持ちに・・・確かにレノン・マッカートニーの曲・映像抜きでは語れないのですこの時代。

プロデューサーのマーティン氏の言葉を紹介すると「ジョンとポールが曲を作ってきてジョージはアレンジから参加する構図が出来上
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/19
ジョージは若い頃、長髪をターバンのようになびかせたテディボーイでした。
初めてジョンの家に行った時、ミミ伯母さんに「不良」と呼ばれます。
自分としては、ばっちり決めていったのに・・・。
そんな話題から始められます。
この作品を見ていて、ようやくビートルズの解散に納得することができました。
リンゴの参加を待ってビートルズは一緒に成長してゆきます。
ビートルズの4人の仲の良さが当初は珍しがられるほどでした。
しかし、じわりじわりと一人づつの成長の方向性や速度が異なってきます。
世界一有名なグループの一員ではあっても、ジョンとポールの陰になるということは複雑な状況でした。
ジョージは、毎朝メディテーションを日課とするほどスピリチュアルな志向の持ち主です。
インド哲学に傾倒し、実践者でもありました。
歴史的な成功者でありながら、常に真理を求める志向の持ち主でした。
この映画は、一人の人間としてジョージを見つめている視点がとても良かったと思います。
ビートルズも自分達と同じように苦しみ悩み救いを求めていたということを指し示しています。
だからこそ、彼らの曲にこれほど共感するのでしょう。
ジョージの曲に込められている魂を感じるでしょう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2013/4/30
私のようにリアルタイムでジョージハリスンを知らない人間にとって、三時間半のこの映画は十分鑑賞に耐えうる時間です。

ある程度の基礎知識を持っている人には長く感じるかもしれませんが、私にはピッタリでした。

ボブディランやローリングストーンズの次にマーティンスコセッシが選んだのはジョージハリスンでした。
その事実だけで非常に興味深いです。

一部二部に別れた長尺ですが、次から次へと馴染みの顔が出て来て、ジョージハリスンについて語るわけですから楽しくないはずがありません。
私が個人的に一番素敵だと感じたのは、数人で一緒に弾き語っていた『ゴーストライダーインザスカイ』。

彼の人となりが立体的な感覚をもって迫ってくるインタビューの連続は目が離せません。
歌の挿入箇所に違和感もなくストレートに受け入れられる構成は流石スコセッシです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最後ポールが涙目になってるのをみて、もうたまらーん ってなってもうた。

リンゴは最後冗談で逃げてたけど、ポールのは演技がうますぎたわ。

ジョージの息子はもうマジで泣いてるし。

こんなに泣いたのは映画「フィラデルフィア」以来。

編集するスコセッシの手際がきわめて繊細で、魔術的なほどで、人との共感能力が低すぎるわしでも泣いてもうた。

あ、それで泣いたあと、おかしな「ブレインウォッシュト」って曲がかかったんで笑いそうになったんだけど。

あ、あれや、最後、闘病生活の前に奥さんとフィジーにいったらしくて、そこでジョージが撮った映像、

波打ち際でジョージ自身の影が映り、やがて奥さんの影も映る、二人の影が寄り添ったと思ったら波がやってきて影をかき消してしまい、カメラは空のほうへフレームアウトしていく…

これまで見た中で最も美しい映像だったなあ。

つかあの部分はスコセッシがほかの俳優で撮影して挿入したのかもしれないけど。

…つかフィルスペクターの怪物ぶりはぜったい笑わそうとしてるやろっ

けどまあそんなにキモくなかったしまあええか
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック