Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

ジョン・レノンやポール・マッカートニーの名曲100曲を披露できる! KORG『Liverpool』レビュー&開発者インタビュー

むかしちょこっと楽器をやっていたり、歌を歌っていたりして、内輪の集まりで腕前を披露しつつ、みんなで楽しみたいと思ったことはないだろうか? 
そういう場面で演奏する曲は、みんなが知っていて、かつ盛り上がる選曲が重要だ。
そんなとき、ジョン・レノンやポール・マッカートニーが書いた名曲の数々なら、間違っても「はずす」ことはないだろう。


人前で演奏を披露するなら「選曲」が命

プロフェッショナル向けのシンセサイザーやキーボードのメーカーKORG(コルグ)の新製品キーボード……、その名も『Liverpool(リバプール)』なら、自動伴奏機能でレノン&マッカートニーの名曲群の演奏を完璧にサポートしてくれる。
ディスプレイに映される歌詞を見ながら、原曲そのもののサウンドを再現した自動伴奏に合わせて歌ってもいいし、自分の楽器パートをミュートして一緒に演奏するのもいい。キーやテンポの変更はもちろんのこと、原曲に自分のアレンジを加えて演奏することまで自由自在だ。みんなの注目を集めながら、うまくいったら感動までしてもらえるに違いない。何しろ、「Let It Be(レット・イット・ビー)」、「Hey Jude(ヘイ・ジュード)」など誰もが涙する曲から、「Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブラディ オブラダ)」や「Help!(ヘルプ!)」など盛り上がること間違いなしの名曲が100曲、そしてKORGならではの最高の音質と機能を備える、キーボードがサポートしてくれるのだから。
そんなキーボード『Liverpool』の開発に深く関わったKORG商品企画室・岡崎巧(おかざきたくみ)氏に、開発に関わるこぼれ話を聞くことができたので、ぜひご覧いただきたい。

シンセサイザーの手軽さを知ってほしい

KORG商品企画室 岡崎巧氏

― この製品が使われそうなシチュエーションを教えてください。

KORG岡崎 みんなが知っている曲が入っていますので、例えば娘の誕生日に家で一緒に歌ったり、うちわのパーティーで1曲披露したりなど、いろいろ気軽に使ってほしいですね。
知り合いのスナックのマスターがレノン&マッカートニーのファンで、気が向くといつも歌ってくれるなんて状況もあるかもしれませんね(笑)。

― シンセサイザーには難しそうなイメージがあるのですが?

操作性には特に気を配って設計がされています。演奏のシチュエーションによって、やることというのはほぼ決まっているものですよね。実際に使うボタンというのは、実はそれほど多くないんです。
例えば曲をプレイする「SONG MODE(ソングモード)」ではほぼ画面の回りのボタンしか触らなくてすみますし、重要なボタンは赤かったり赤い表示がついていたりします。自由なコード進行でプレイする「STYLE PLAY MODE(スタイルプレイモード)」ではカテゴリーボタンやバリエーションボタンが操作の上でのメインになります。あと演奏時に必要なのは鍵盤だけですよね。


― 今回の『Liverpool』が生み出された経緯を教えてください。

最近の当社はビンテージリバイバルといいますか、昔のシンセ、エレピ、オルガンなどの音色を追求する方向があったわけですが、その一方でシンセサイザーというのは、初めての方にはとっつきにくい印象があると思うんです。そういう方々のために「こんな曲ができますよ」と提案したかったのです。
バンドを始める場合、まずカバーから入ると思うんですが、それと同様に、好きな曲やみんなが知っている曲をやりたい方は多いと思うんです。そんな中で真っ先にあがったのがレノン&マッカートニーの名曲群でした。

― KORGさんはプロ用シンセサイザーや電子ピアノをはじめとして、たくさんの製品を出してきていらっしゃいますが、今回の『Liverpool』は今までの製品とどこがちがうのでしょう?

今までの製品では、ピアノの音、オルガンの音、ギターの音、ベースの音、シンセリードの音、ドラムの音というように、一つひとつの音に磨きをかけて、いわば音楽演奏のための「道具」だけをご提供してきたわけです。
それに対して今回はいわば音楽の中身、そしてどんなことが電子楽器にできるのかを具体的にお見せできるように開発いたしました。

「サウンドの再現度には自信があります!」

― 『Liverpool』に搭載されているソングやスタイルは、とてもリアルにレノン&マッカートニーのサウンドをほうふつとさせるのですが、その秘密を教えてください。

レノン&マッカートニーの熱烈なファンであるヨーロッパ人スタッフの協力もあって、サウンドにはとことんこだわりました。
ジョン・レノン作曲の「Strawberry Fields Forever(ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー)」は、オリジナルレコーディングのテイクや編集違い、ピッチを合わせるためのわずかなテンポチェンジ、逆回転サウンドなどまで忠実にサウンドを再現しています。


いかがだっただろうか?
原曲どおりの演奏ももちろん可能だが、初心者でさえもそのサウンドやアレンジのエッセンスをいかして、簡単なコードをリアルタイムに弾いていくことで、世界に一つのオリジナル曲を作っていくことさえできるKORG『Liverpool』の可能性を、ぜひ体感していただきたいと思う。

取材・文:堀越昭宏(キーボーディスト)

KORG Liverpool(リバプール)

レノン&マッカートニー 100曲内蔵キーボード

楽器ラボ

楽器ラボトップ
楽器ラボ

楽器に関する動画コンテンツやインタビュー記事、豆知識やハウツーなどの特集ページをご紹介します。

特集
おすすめの楽器を紹介「さあ、楽器をはじめよう」

楽器初心者必見!ギター、サックス、パーカッションほか、Amazon楽器ストアがおすすめする商品をご紹介。

ランキング
ランキング大賞 2015 楽器

2015年、楽器ストアで一番売れた商品は?総合ランキングのほか、ギター、ベースなどジャンル別も。

動画
ギターエフェクター選び方ガイド

歪み系 、モジュレーション系、空間系、フィルター系など、初心者にも分かりやすくエフェクターの特徴を解説。