ジョン・レノンを撃った男 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,990
通常配送無料 詳細
発売元: 宅安堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジョン・レノンを撃った男 [DVD]

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,990 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,980より 中古品の出品:4¥ 630より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ジョン・レノンを撃った男 [DVD]
  • +
  • チャプター27 [DVD]
総額: ¥4,460
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョナス・ボール, J・フランシス・カーリー, ニコール・デロリー, ソフィア・ダブロウスキー, トーマス・A・マクマホン
  • 監督: アンドリュー・ピディングトン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: トランスフォーマー
  • 発売日 2008/06/06
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0016HOY58
  • EAN: 4522178006340
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 177,857位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ジョン・レノン殺害犯=マーク・D・チャップマンの心の闇に迫る衝撃の物語。「チャプター27」「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」など関連作はスマッシュヒットを記録。世界を震撼させたあの事件から27年。犯人の証言を基に製作された本作は、2007年トライベッカ映画祭審査員特別賞受賞。さらに2008年英国アカデミー賞新人賞にノミネート(BAFTA)された。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

全世界に衝撃を与えたジョン・レノン殺害事件を、犯人の証言を元に製作したドラマ。マーク・チャップマンは未来に対する不安と愛する者を失う恐怖や怒りに翻弄されていた。彼は“ニセモノ”であり続けるジョンを殺すためニューヨークへ降り立つ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1980年12月8日  この日がなければなければよかったのに、そう思う反面なぜそうなったのか知りたくもあった。

映画はセミドキュメンタリーのように犯人の独白をバックに淡々と進む
パラノイアである犯人は「他人をひがんで」「自己弁護して」「他人のせいに」する
大金持ちが「財産なんてないと想像してごらん」という事が我慢できなかった

何が起こるかは知っていたがやはりその瞬間はショッキングだった

興味深いが、後味の悪い映画だ
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/21
ジョン・レノンを殺害した犯人像と犯行当日前後を正確に再現しようとした作品です。
エンターテイメント性はまったくありません。
犯人マーク・チャップマンの肉声も使われています。

今でも、”あの日”のことは良く憶えていますが、改めてこの作品を見て運命としか言いようのない事件であったことを思い知らされました。
著名人は、こういう妄想癖の危険人物を身近に引き寄せてしまうリスクがあります。
ですからファンと接する際も警戒していて、ケビン・コスナーの映画「ボディガード」のような屈強な護衛を従えているスターも大勢います。
ジョンとヨーコはそうではなかったようです。
犯人は良く知られている通り「キャッチャー・イン・ザ・ライ」の主人公に自分を見立てて、インチキ、偽善者である大男を殺そうと考えています。
その大男に指名されたのがジョンだったのですが、何故ジョンになったのか示す唯一の頼りが「イマジン」の歌詞の中にある「考えてごらん、財産も何もないことを・・・」という一節です。
大金持ちであるジョン。自分は既に25歳で失業中。誰にも愛されず、社会に対して阻害されていると思い込んでいます。しかし彼には妻がいました。日系アメリカ人です。
ジョンを殺すことがある時期からの犯人の人生の目的になっていき、ジ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1980年12月8日。あの日のことは、忘れることが出来ません。ジョンレノンを射殺した男。

マークチャップマン。このDVDを観てただの精神異常者としか思えませんでした。

なぜこのような精神異常者が今だに死刑にもされず刑務所に監禁されてるのか?

精神異常者ならば精神鑑定で仮釈放されてもおかしくないのでは?と考えると精神異常者じゃないのか?

なにか公表出来ない裏があるのでは?と思ってしまいました。
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 映画で観る限りチャップマンは普通の人間に見える。チャップマンを演じた俳優がわざとそうしたのか役作りをしなかったのかはわからない。僕はチャップマンはもっと奇妙な人間であると思っていたのでそこでギャップがあった。でもチャップマンを精神鑑定した数々の医者が同じことを言ったことがないようにチャップマンには複数の顔があるようにも感じられる。ジョン・レノンにサインをもらったかと思ったら彼を殺してしまう。普通の人間とは思えない。でも彼を理解する上で一つのヒントをもらえる映画だと思う。
 ジョン・レノン殺害に至った最後の3日間を描いた『チャプター27』という映画も観たけれどこちらはチャップマンが奇妙な人間として描かれている。どちらが本当で真実に近いかと考えると答えに窮してしまう。でもチャップマンという人間を知る上での問題提起として価値ある作品だと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1980年12月8日ジョン・レノンは射殺された。
40才であった。
ジョン・レノンは多くの者にとって理想的な神である。神を殺した男のドキュメント。
神は民衆に全てをさらしてはならない。神の妻 オノ・ヨーコは神を民衆の中に入らそうとした。
神の生まれた英国ではなく、米国に。
神の住みし場所はたちまちわかった。
地球上から 人間と称する生き物が集まる場所。
神が 自らを人間と思っている限り そのような場に出るのは慎重を要する。
しかし、いつか出るようになった。
ジョン・レノンを外に出したのはオノ・ヨーコであった。
そして主人公は神を殺した。
計画的に。
終身刑で刑務所の特別個室で過ごしているのだろう。
殺したのは ジョン・レノンを神と思い、地球を支配することができると思い込んでいた。
一人の天才を殺した男の物語。
人は 狂人が 天才を殺してしまったと言い続けるであろう。
残念無念。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック