通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★必ず最後までお読みください★ 通常使用による若干の使用感(擦れ・キズなど)はありますが、良好なコンディションです。※帯・付録・特典等の記載がない場合は原則として付属しておりません。※商品説明と大きく異なる場合には誠意を持って対応させて頂きます◆この商品は配送センターに保管してあり、商品に対して詳細な返答ができない場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統 単行本 – 2010/5/18

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 10,800
¥ 10,800 ¥ 8,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

コペルニクス説を擁護して火刑に処せられたジョルダーノ・ブルーノ。
その放浪の足跡を辿りながら、ルネサンスに隠されたヘルメス教と魔術的世界観を解き明かす。
F・イエイツ幻の代表作、待望の邦訳。

内容(「BOOK」データベースより)

ジョルダーノ・ブルーノによって集大成されたルネサンスの魔術的世界観が、ヘルメス教の復興/復古運動に基盤を置くものであったことを豊富な文献渉猟と確かなマクロ記述により立証した研究。『記憶術』と並ぶイエイツの代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 877ページ
  • 出版社: 工作舎 (2010/5/18)
  • ISBN-10: 4875024290
  • ISBN-13: 978-4875024293
  • 発売日: 2010/5/18
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15.2 x 5.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 851,875位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 30年以上前からさまざまな訳者や版元が取り沙汰されてきたイェイツの主著がやっと邦訳されたことを慶びたい。訳者の労たるや最大級の称讃に値するが、翻って考えれば、この翻訳が在野の一研究者によってなされたという事実は、英文学、イタリア文学、科学史、思想史といったぬるい蛸壺に長く浸ってきた大学人への批判ともなりえよう。
 訳文は、文脈を理解するには支障ないものの、総じてかなり生硬と映るかもしれない。イェイツは英国の歴史家であって、ドイツの文化哲学者ではないのだから、いっそう工夫があってもよかった。術語や固有名の表記はしばしば破格であり、訳者の過剰な「こだわり」がネガティヴに出ている。訳者には邦語・邦訳文献をもっと尊重する姿勢があってしかるべきだった。訳注が詳しいのはよいが、偏りも少なくない。解説を含め、訳者の教養に一種「歪み」を感じるのは評者だけであろうか。邦訳データを付した文献目録がほしかった。索引の原綴に英語表記が混在しているのは解せない(英語の本とはいえ、見出しに対応する原語の綴りで一貫させるのが常識である)。 このうえはイェイツの実質的デビュー作『ジョン・フローリオ』や遺稿集3巻の訳出・刊行が切望される。イェイツはいまだ汲み尽くされてはいない。
 
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告