この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジョルジュ・シュヴィツゲベル作品集 [DVD]

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル アニメ】 - NBCユニバーサルの新作アニメ情報や、初ブルーレイ化アニメ、セール情報などはこちらからチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 監督: ジョルジュ・シュヴィツゲベル
  • 形式: Color
  • 言語: フランス語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2005/07/22
  • 時間: 66 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009S8FXM
  • JAN: 4988102407629
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 160,810位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

スイスの現代アニメーション作家、ジョルジュ・シュヴィツゲベルの作品を集めた、全13作品収録の作品集。「イカロスの飛翔」「遠近法」「オフサイド」ほか収録。

レビュー

監督・アニメーション: ジョルジュ・シュヴィツゲベル
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

自由に変形して他の物にすり替わっていく様が特徴です。

犬が女性と巧妙にすり替わり、サッカーの試合がアイスホッケーの試合にすり替わり、

空飛ぶ靴を手に入れて、数歩分空を蹴れば何百メートルも移動したりと、

夢っぽさが全面に出ています。

動く絵画のようなのものなので、ストーリーを強く求める人にはお勧め出来ません。

漠然とボーっと観て楽しめる人向きだと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/8
Amazonで購入
この作品は簡単に言うと、作家の独特の世界が音楽に乗って次々と展開して行く不思議なアニメですね。芸術関係の方や不思議映像コレクターの方は楽しめると思いますが、ヨーロッパアニメ初心者の方やかわいい映像を好む方はやめておいたほうがいいかもしれません。個人的には全体の雰囲気など好きな作品ですが、お値段が高いので評価は星3つです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
スイスのアニメーション作家さん。基本はアクリル絵の具のアニメーションの短篇集。色彩が独特で、キッチュでも言おうか、全体の雰囲気はフィッシャーの騙し絵みたいなところが面白い。最初の作品はドット絵だが、これが1974年に作られているというのに、驚きを感じる。
残酷な終わり方をする「鹿の一年」や不条理をたたみかけていくように見せる「影のない男」は特筆すべき作品だ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す