ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,930
2pt
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社あめのカンパニー
カートに入れる
¥ 5,800
通常配送無料 詳細
発売元: Ridill world collection
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,200MP3アルバムを購入

ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track) Compilation

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,930 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 14 (1%)
ポイント: 2pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アキバCDオンラインが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の くるり ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
  • +
  • ワルツを踊れ Tanz Walzer
  • +
  • NIKKI(初回限定盤DVD付)
総額: ¥7,205
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/11/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Compilation
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 26 分
  • ASIN: B0000CD7TB
  • JAN: 4988002452149
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 152,324位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
1:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
2:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
1:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
2:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
1:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
1:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   原作・田辺聖子、監督・犬童一心、主演・妻夫木聡、池脇千鶴による同名映画のサウンドトラックの全編をくるりが担当。同年に「HOW TO GO」でバンドの肉体性を高いレベルで復権させた彼らだが、次のオリジナルアルバムを前に、いい具合に肩の力を抜きながら初のサントラ制作を楽しんでいるフシがある。

   ブルージィなダブという新機軸「ジョゼのテーマ」にはドラムで元ナンバーガールのイナザワアヒトが参加している。また星のように美しいスティ―ルパンをバッファロー・ドーターの大野由美子が奏でる「サガン」など、映像とともにある音楽の在り方について、彼らが心を砕いているのが十二分に伝わってくる。シングル「ハイウェイ」もアルバムでは“Altanative Ver.”で収録。突飛なことは何もない。けれども信用できる、いいロックアルバムだ。(石角友香)

メディア掲載レビューほか

映画「ジョゼと虎と魚たち」(2003年11月公開/主演:妻夫木聡、池脇千鶴)のサウンドトラック。音楽はロック・バンド、くるりが全編監修。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
この映画は、内容も良いし、音楽も良い。
凄く、気にいってしまい、CDも購入。
機会があれば、是非おすすめの映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
時に軽やかで、時にしっとりで、やさしくって、
ちょっぴり泣かせてくれるくるりの初サントラ。
映画を知らなくても、買う価値はあります。

収録曲のうち7曲をインストが占めますが、
良い意味で肩の力が抜けたトラックばかり。
また、ヴォーカル曲(というのかな)である
「飴色の部屋」
「ハイウェイ<Alternative>」
も絶品です。

特に、「ハイウェイ」はシングルも同時発売ですが、
曲調がちょっと違いますし、聞き比べるのも楽しいです。
さわやかな、本当に素敵な曲です。
岸田さんの詞がきわだって聞こえますね。

映画のサントラと言うことで
最近のくるりの特徴であるテクノ・ロックサウンドは微塵もなく、
しかし逆にそれが、彼らをさらに魅力的にしています。
くるりのメンバーも、この音楽製作は楽しかったに違いありません。

良心的な値段かつCCCDではない、という面も相まって、
くるりファンでもそうでなくても、このCDはマストですよ!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
映画のサントラというと劇中に挿入されていた曲のごった煮という形式のものが結構多い。
それはそれで楽しいものだけど、オムニバスのようで購入してまで・・という感じがして、改めて手に取ってみようと思うことはあまり無い。
今回くるりが全面的にコンポーズした「ジョゼと虎と魚たち」のサントラを購入した。
くるりと言うバンドは非常に叙情性を重んじるバンドだ。
映画音楽という叙情を重んじる(まあそうじゃない映画もありますが・・)表現形態のなかで非常にマッチしてるのではないかと思い、期待のままに購入にいたりました。
まず映画を未見のままに聞いてみる。
「映画が先か、原作が先か」というパターンはよくありますが、「映画が先か、サントラが先か」というのはあんまないなあ(笑)
くるりの叙情性が非常によく発揮されていて、映像が目に浮かぶようで、ロックバンドが製作したサントラのレベルとしては非常に高いのではないか。
インストが主体となるがそれが映像性を引っ張り、数少ない歌ものが切ない感情を喚起する。
特にサントラのラストを飾る、シングルにもなった「ハイウェイ」はこの映画のテーマを暗示してるかのようなストーリー性たっぷりの出来。
まあ、映画よりだいぶ先に出来た曲なので、原作もあるこの映画のストーリーがこのとおりであ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2004/1/14
形式: CD
映画を見た。くるりの音楽が絶妙。この映画の中で聴く彼等の音楽は、とても効果的に気持ち良く響いていた。
特にエンディングロールの『ハイウェイ』の生ギターのシンプルなイントロが流れて、
岸田君のボーカルが映画館の暗闇に響いた時はしびれた。

映画は、主演の妻夫木君のだらしない現代青年役が良く、さらに彼の恋人で出ている無名時代の上野樹里が
びっくりするほど素敵な存在感を示している。映画自体は、DVD向き。

このサントラCDだが、効果音から始まって、妻夫木君が映画の最初でつぶやいているひとことが入る。
劇中で印象的なシーンだった池脇さんの朗読(サガンの小説)も収録されている。
彼女の朗読が終わった瞬間に、エレキギターが鳴り響くボーカルチューン『飴色の部屋』がかっこよく、気持ちいい。
ギターソロもROCKしている。
ストリングスだけのしっとりとした曲『別れ』や、普通陽気な印象のスティールパンが物悲しく響く『サガン』。
ピアノだけがゆったりと流れる『恒夫とジョゼ』も、秋の日の夕暮れのよう。
CDではこの直後に『ハイウェイ』のイントロが流れるので、なんともいえない、くるりらしい、
大げさではなく、静かでぐっと来る感じが味わえる。

そう
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
もう、とにかくいいですよ!
映画を観てからCDを手に取るまでに5ヶ月も要してしまいましたが、
5ヶ月ぶりに聞く音楽は(そうそうこれだった!)って感じで、
記憶していた期待を裏切らないものでした。
細かいことは分かりませんが、心地イイサウンドですよ。
映画を観てなくても、すんなり聞ける1枚だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー