ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エ... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション

5つ星のうち 4.3 240件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,854 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,250 (55%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,854より 中古品の出品:1¥ 3,693より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション
  • +
  • メゾン・ド・ヒミコ Blu-ray スペシャル・エディション
  • +
  • 天然コケッコー Blu-ray スペシャル・エディション
総額: ¥6,883
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 妻夫木聡, 池脇千鶴, 上野樹里, 新井浩文, 新屋英子
  • 監督: 犬童一心
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2012/09/05
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 240件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0086TJR7Y
  • EAN: 4571390726543
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,192位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

妻夫木聡×池脇千鶴主演 日本中が涙したリアルで切ないラブストーリー!!
2003年12月13日公開

忘れたい、いとおしい、忘れられない。

マージャン屋でバイトをするごく普通の大学生の恒夫。最近麻雀屋で近所の婆さんの話題が噂になっていた。
「あの婆さんは運び屋で乳母車の中は大金?麻薬?」そんなある日、恒夫は坂道を走ってくる乳母車と遭遇。中をのぞいてみるとそこには包丁を振り回す少女が。
それが恒夫とジョゼの出会いだった。恒夫はそんな不思議なジョゼに惹かれてゆく・・・。

【キャスト】
妻夫木聡 池脇千鶴 上野樹里 新井浩文 新屋英子

【スタッフ】
監督:犬童一心
原作:・田辺聖子 「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫)
脚本:・渡辺あや
音楽:・くるり 主題歌「ハイウェイ」(オリジナルサウンドトラック:ビクター スピードスター)

【特典映像】
■オーディオコメンタリー(犬童一心監督×妻夫木聡×池脇千鶴)
●The Diary of ジョゼと虎と魚たち ●未使用シーン ●番外編ショートフィルム『BUNNY~ジョゼと虎と魚たち another story』
●初日舞台挨拶風景 ●くるり「ハイウェイ」ミュージック・クリップ ●予告編集

☆TCE Blu-ray SELECTION キャンペーン対象商品☆ ※キャンペーンは終了しました(2012年11月30日締切)

映画ファンを虜にしたゼロ年代日本映画の名作が遂に初Blu-ray化!
特典映像を極限まで収録した豪華仕様ながら、お求めやすい価格3,990円を実現!

★1,000人に当たる!総額100万円キャッシュバックキャンペーン実施!★
対象商品を2枚購入して応募すると、抽選で1,000名様に1,000円分のQUOカードをプレゼント。
キャンペーン詳細は、キャンペーン公式サイト、または商品に封入される案内書をご確認ください。
公式サイト:http://www.tc-ent.co.jp/sp/tcebd/


発売元:アスミック
販売元:TCエンタテインメント
(C)2003「ジョゼと虎と魚たち」フィルムパートナーズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

田辺聖子の小説を犬童一心が映画化した切ないラブストーリー。麻雀屋でバイトをするごく普通の大学生・恒夫は、乳母車に乗った脚の不自由な少女・ジョゼに出会い、その不思議な魅力に少しずつ惹かれていく。“TCE Blu-ray SELECTION”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
「僕が逃げた」
恒夫が別れの理由を言った時
ものすごく、何かをえぐられた気持ちになった。
なぜかというと、私が障害者だからかもしれない。
弟に「兄ちゃんひるんだんだろ?」と言われ
トイレをしてるジョゼに抱き伏せたところや
ジョゼと別れた後に大泣きした恒夫の姿はとても印象的で
とても痛かった。
別れて出て行く恒夫にSM本を餞別に渡し
引き止めるわけでなく普通にしていたジョゼの気持ちが
せつないほどわかった。
恒夫を含め、健常者の気持ちや態度は
障害者の私にとっては痛いものだったけど
ずるいとかヒドイとかではなく
当たり前のことなんだな、と思いました。
電動車イスで風をきって力強く走るジョゼ。
私はジョゼみたいに強くなれるんだろうか・・・。
コメント 223人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
恒夫は普通過ぎるほど普通で、あまり物事を深く考えず若くて欲望に忠実、素直で気の好いのだけが取り柄な男。だからこそジョゼと恋愛ができた。(だからこそ別れてしまうのだが)これが福祉まっしぐら真面目ボランティア男ならダメダメなのだ。旨い飯につられて通いにくるちゃっかりさとか、帰らないでくれと言われてそのまま居着いてしまうとことか、いとおしいのはジョゼより恒夫の「普通」さ加減だ。それこそがジョゼが生涯手に入ることはあるまいと諦めていたものだから。しかし付き合いが深くなるにつれ、愛おしい筈のその普通さは陰り苦渋が混じり始める。ラスト、子供のように泣きじゃくる恒夫と対照的に、ジョゼの背中にはもう失うものはなにもない人間の強かさを感じさせる。
コメント 141人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画の冒頭、主人公のツネオはジョゼとの帰省の思い出を回想する

「懐かしいな 何年前のことだっけ?」
映画の後で思い出すととても胸が締め付けられるセリフ

ツネオは世の中にありふれた普通の男性だと思う
本作ではジョゼの障害がツネオにとっての重みになったが、
障害無き恋愛においても年齢、外見、職業等
私たちはそれぞれのものさしで相手を吟味している
そして付き合い始め気付かなかった重みがどうしても耐えられないものと後に気付くことがある

映画の中盤、ツネオはジョゼからずっと一緒にいてと言われ
そしてツネオは答える「わかった ずっと一緒にいる」と
ジョゼの頭をなでながら
ジョゼのお願いは本心であっただろう 
しかしジョゼは幼馴染役の男にはこんな言葉も漏らしている
「結婚なんてあるわけない」
ジョゼ自身がいつかツネオの重みになることを予測していることがただ悲しく切ない

月日が経ちジョゼの考えていたとおりの結果となる ツネオは逃げたのだった
ツネオはジョゼの家から去る途中泣いてしまう ツネオは自身の不甲斐なさと簡単にジョゼと約束してしまった罪悪感に苦しめられる

人は恋愛で
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
人からすごくいいよ、と奨められてみてみた。今流行り(といっても2年前の作品だが)
女性向の純愛ストーリーの邦画かと思っていたがぜんぜん違った。
男にもいやというほど伝わってくるこのせつなさはなんであろうか。
ジョゼと恒夫が結ばれるシーン。池脇千鶴が白いブラジャーをはずし胸を見せる。
池脇千鶴はグラビア、モデル出身でもないので胸は決して豊満ではなく美乳ともいいがたいの
だがそこが妙に愛しいのである。恒夫(妻夫木聡)がそこで「泣きそうだ」と
つぶやいてしまうのも本当に好きな娘の裸を初めて前にした男ならつい共感してしまうだろう。
(欲情とは別にある「あの」感情を知っている男に限ればの話だが。)
そしてラストに向かっていく恒夫の弱さや狡さも共感してしまう自分にやるせなさを感じた。
あるインタビューで監督が「この映画(で感動すること)はダメ男かどうかの踏絵です」と
言っていたそうだ。その通りかもしれない。忘れられない本気の恋をしたことある人ない人で
感想が違ってくるかもしれないけれどぜひ一度は見てもらいたい。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック