ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: メガショップMEDIA〔即日発送期日厳守〕
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]

5つ星のうち 4.3 242件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,096 (41%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、株式会社高木屋が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
  • +
  • ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)
総額: ¥3,494
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 妻夫木聡, 池脇千鶴, 上野樹里, 新井浩文, 新屋英子
  • 監督: 犬童一心
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • 発売日 2004/08/06
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 242件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002JDUW4
  • JAN: 4988126202187
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 52,810位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。
 『金髪の草原』の犬童一心監督が、田辺聖子の短編小説を映画化。くみ子演じる池脇千鶴は、関西弁でぶっきらぼうなくみ子の中の女性の部分をデリケートに見せて名演。妻夫木聡は、男の弱さ、ずるさ、情けなさを恒夫を通して見せていくが、恒夫が憎めない男になったのは、心の奥まで透けて見えるような彼の純な演技あってこそだろう。エロティックで美しくて切なくて泣けてしまうラブシーンも出色。恋愛の幸福感と背中合わせの残酷さを見事に描いた傑作だ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

田辺聖子原作の小説を「黄泉がえり」の脚本で知られる犬童一心監督が映画化。瑞々しくて切なくて、とてもリアル恋物語を恋愛映画初主演の妻夫木聡と「金髪の草原」の池脇千鶴が見事に演じている。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
田辺聖子の原作を20年くらい前に読んで、大好きな話でした。
最初は原作のイメージとは微妙にずれているかもと感じたのですが、
短編を2時間の映画化したわけですから、新たなエピソードと結末の違い
もまた楽しめたような気がします。
何回見てもそれぞれのシーンに発見があり、ジョゼのいじらしさや
恒夫の優しさに感動します。
押入れの中で、拾ってきた本を読みながら二人が雑談をしているシーンがあるのですが、偶然触れ合った指に驚きジョゼが、とっさに手を引っ込めるシーン。
そのあと、恒夫がにっこり笑ってもう一度ジョゼの手を優しく握りなおします。繰り返して見るほどに、そんな何気なく、かわいく、素敵なシーンを発見します。
ありそうでなさそうな、ファンタスティックでありながらリアルなこの作品。
いつまでも宝物です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
下半身不自由で、おばに乳母車に乗せられ散歩に出かけるジョゼ(池脇千鶴)。ある朝、道端で主人公(妻夫木)とばったり出くわすところからストーリーは始まる。恐る恐るジョゼの家でごちそうになった"朝ごはん"のうまさに、主人公の表情が一気に緩む。主人公の「これうまいっすね!」の後の、ジョゼの返事、しゃべり方に、この映画の風味を感じる。なにせ池脇千鶴の演技、雰囲気は、本当に引き込まれ、時折見せる表情の変化は、素晴らしいの一言。 映画の中の「関西弁」は、この映画全体の展開の良さに実にマッチしている。そして、くるりの「ハイウェイ」。2人が思うがままに旅に出る。最高にジンとくる瞬間です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
たまたまブルーレイで発売されたことを知り、迷わず購入。色の鮮度感が良いことが決め手でしょうか。

本当に、こういう映画こそ、高画質で見る必要を感じてしまうものです。また、音にしてもそう。些細な空気感に色褪せない発見があるものです。スクリーンでこそ見るべき映画です。

そしてそういう映画は、そう何度も見られるものじゃない。一期一会を大切にしたいから、良いソフトを買おうという気にもなるのではないでしょうか。自分の心を一時預けるものにいい加減なものを選びたくはないのです。贅沢な話ですから、特にお勧めするものではないですが、私はDVDで見る気にはなれなかったのです。

決して懐かしのドラマを見るようには見たくない。今切り取られたような鮮度、さわやかさを失ってしまっていたら、見ない方が良いと思います。そういう感じ方、見方もあるという事です。

大多数の人には、夢見るような本物の恋愛は許されてはいない。恋愛の成否を分けるのはやはり現実でしかない。それでも、恋をすることがこの世の大多数の夢であり心からの願いだという切なさ、一瞬でもそんな夢を見たいと思った女性と、そして男性の、残酷で切ない、ありのままの今が、映し出されているのだと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray
身障者の女の子、自称ジョゼは、祖母と二人で大阪の寝屋川の貧しい木造住宅に住んでいる。祖母は彼女のことを「壊れ物」といい、世間様に見せるのを嫌い、乳母車に彼女をいれて毛布をかけた状態で散歩をするのが日課。それを見た町の人たちは、その異様さを口々に噂する。
ある日、大学生の恒夫は、ひょんなことからジョゼと知り合い、彼女にひかれ、やがてつきあい始める...

恒夫を演じる妻夫木は、九州出身にしてはきれいな標準語なのが少しひっかかるが、さわやかで好感がもてる。原作を読んでいないのでわからないけど、恒夫がなぜジョゼが好きになったのかがよくわからない。ここは作品を見る人がそれぞれの価値観でジョゼという不思議な女の子を見ればよいということか。

ジョゼを演じる池脇千鶴は演技派だけあってとてもよい。大阪出身なので大阪弁がとても自然。歯に衣着せぬ物言いの内に秘めた人情味、そしてふとしたかわいい仕草がとてもよいと思いました。

この二人のお付き合いは、なぜか続かないような気がします。しっかりやる事はやってるのですが(笑)なぜか彼女と彼氏といった感じがしません。むしろ兄弟みたいな感じ。

恒夫がジョゼをおぶりながら、「オレもいつまでも若くないから」おぶり続けられないというセリフに、ジョゼが甘えるシーンがとてもいい。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。