通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 8-17巻セット、コンディション「良い」の商品です。中古品として並程度の状態です。多少の使用感あり。若干のヤケ・イタミあり。書き込みは見られません。9・10巻に帯付き。外箱は付属しておりません。ご了承の上お買い求めください。☆通常配送無料☆代引き・コンビニ決済がご利用頂けます。[International shipping available.Books, CDs, DVDs, and Videos (with some exceptions).]本・CD・DVD・ビデオの海外発送がご利用頂けます(一部地域は除く)。商品に不備のあった場合はAmazonアカウントサービスよりご返品手続きを承っておりますのでご安心下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版) 文庫 – 2003/6/12

5つ星のうち 4.5 85件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 6,167
¥ 6,167 ¥ 2,036

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)
  • +
  • ジョジョの奇妙な冒険(第1・2部) ファントムブラッド・戦闘潮流 文庫版 コミック 1-7巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)
  • +
  • ジョジョの奇妙な冒険(第4部) ダイヤモンドは砕けない 文庫版 コミック 18-29巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)
総額: ¥17,966
ポイントの合計: 538pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ジョナサン・ジョースターの子孫、空条承太郎が不思議な力をもつようになった。またしてもディオとの深き因縁が再燃する…。永遠の名作JOJOシリーズの第3部「スターダストクルセイダース」をセットにしました。超美麗セットケースはもちろん、特別特典としてオリジナルポストカード付き! さらに取っ手も同梱。お持ち帰りにも最適です。
重量2.5kg カラーケース入り


登録情報

  • 文庫: 2500ページ
  • 出版社: 集英社 (2003/6/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086179091
  • ISBN-13: 978-4086179096
  • 発売日: 2003/6/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 16.8 x 11.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,691位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
王道とも言える少年マンガのバトルもの。その表現は古くは色々な格闘技の流派を出す事
に寄って変化を付ける時代があり、そこから破壊力勝負の流れとなり、破壊力の表現が
行く所まで行くと数値まで出してより強い敵を表現。でも力の争いは所詮、より力の強い方
が勝つと言う単純な図式でしか無く、際限なき破壊力のインフレは作品自体を破壊して終焉を
迎える袋小路に突入。※脇道として、ヤンキーものなんかだと、「どれだけ人格的に破壊
されてるか」比べってのもありましたねw

JOJOはその袋小路に入り込んだ王道バトル少年マンガに対して、そして他の漫画家に対して
の救世主、福音となった作品だと思います。
スタンドと言う超能力の概念の新しさもさる事ながら、特殊な能力による頭脳戦と言う戦いを
少年マンガの世界にもたらす事により、果てしなく戦いを続ける事が出来ると言う、まさに
マンガ界に取ってはノーベル賞ものの発明。

事実、JOJO以降、少年マンガでは明らかに流れが「能力バトルもの」へとシフトしたように
思います。ただ、本家であるJOJOほどにこのシステムを上手く利用し、運用出来ている
作品はありません。作者自身のアイディアの限界か、はたまた王道少年マンガの宿命な
...続きを読む ›
1 コメント 201人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文庫版で少しずつ揃える時と変わらないお値段で、収納箱とポストカードが付くならと一気にセットを購入しました。
箱の外側だけでなく、コミックを取り出した時に見える内側にもイラストが使用された凝った作りになっており、とても満足しています。

他の方も書かれているように、Amazonで購入したところ箱の外側にシールが張られていました。
しかし、特殊な糊ではなく、子供がよく使うシールと変わらないようでしたので、ドライヤーで温めて粘着力を弱めると跡を残さず綺麗に剥がすことができました。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
個人的にジョジョ作品中もっとも思い入れの強い第3部。今回文庫版では第1〜6部までを揃えましたが、第5部ジョヴァーナ、第6部ジョリーン、第1部ジョナサン、第2部ジョセフ、第4部仗助ときて、大トリに第3部という順番で読んでみました。
第3部についてはジャンプをもっとも濃く読んでいた時に連載されていたため、読み直すという感じだったのですが、仔細な部分については結構忘れているもので…いや予想以上に楽しめました。
個人的にジョジョ作品はどれも主役はもちろん脇を固めるキャラが敵味方含めて個性的でかっこいいところが気に入っています。
今回読んでみてイギーが大好きになりました。(ちなみに連載当時はポルナレフ)
それにしても、内容がこれだけ腐らない作品は他に数える位なのではないでしょうか?
まとめ買いオススメです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
第3部は以前から大好きでした。以前は通常版?を所持していましたが,結婚・引越を機に古本屋に売りました。最近,アニメ放送が始まり,無性にまた読みたくなりました。アマゾンでぼんやり見ていると,文庫版のボックスセットを見つけました。ボックスがっかっこよかったので購入を決断しました。布団に入り寝る前に少しずつ読み始めましたが,消灯時間が遅れるようになってしまいました。結末は印象に強く残っていましたが,中盤はすっかり忘れていたので,新鮮な気持ちで読めました。イギーの最期は涙が出ました。(涙腺緩し…)そして,DIOとの対戦はまたもや興奮してしまいました。
ボックスに保管し,又すぐ読み直したいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
やっぱり2部と3部が好きです。4部、5部が好きという人も多いと聞くけど。6部は別格かな。SBRはまだ読んでいない。

3部は敵も仲間も出てくるキャラに無理・矛盾がなく、それぞれの持ち味が適度に絡んで、楽しめる。

クール・質実剛健な若き承太郎(時にはプッツン・ゴリ押しも楽しい)、適度におちゃらけながら実力もあるポルナレフ、老いてますます一日の長あり策士ジョセフ、熱く正義感にあふれ時にジョセフとはよいコンビ・ポルナレフとは喧嘩のアヴドゥル、真面目で繊細な若き花京院、崩れ2枚目万年No.2のホル・ホース、そして絶対悪の冷徹最凶ディオ・・・

仲間のスタンド能力もそれぞれ対称的だ。
パワー・スピード・精密・近距離型のスター・プラチナ、遠距離・飛び道具ありのハイエロファント、念写と波紋のハーミット、鉄をも溶かす炎のマジシャン、スピードある剣さばきのチャリオッツ

それぞれの性格とスタンド能力の特徴がうまく絡み合って、最後までストーリーを動かしていく。それが3部の醍醐味です。

4部とか、5部はいまいち忘れ去られた設定や、絡めないキャラが出てきたり、展開や設定が唐突だったり、その辺はいまいちだったかな。

3部をまとめてコミックスで読み通すと、最後のポルナレフの言葉「この旅はみんながいたから楽しかった」にジーンときます。そんな仲間たちだったよね。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック