日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ジュラシック・パークIII (吹替版)

 (59)5.91時間32分2001R15+
ハラハラドキドキの息もつかせぬスリルと迫力満点の娯楽大作の第3弾!著名な古生物学者アラン・グラント博士(サム・ニール)は、裕福な冒険家(ウィリアム・H・メイシー)とその妻(ティア・レオーニ)に依頼されて、恐竜をクローン生産する拠点だった小島の遊覧飛行ツアーに同行する。
レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
スタンプラリー

Amazonプライムを試す等でスタンプを集めて10人に1人に最大50,000ポイント。キャンペーン期間は2021年6月2日~2021年6月30 日。 詳しくはこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
アレッサンドロ・ニヴォラトレヴァー・モーガンマイケル・ジェッタージョン・ディールブルース・A・ヤング
プロデューサー
キャスリーン・ケネディラリー・フランコ
提供
Universal Pictures
レーティング
15歳以上対象
コンテンツ警告
暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.1

59件のグローバルレーティング

  1. 21%のレビュー結果:星5つ
  2. 17%のレビュー結果:星4つ
  3. 31%のレビュー結果:星3つ
  4. 18%のレビュー結果:星2つ
  5. 14%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazon カスタマー2018/07/01に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中相変わらずの、腸が煮えくり返り
確認済みの購入
 必ず出てくる、超わがままな女性。見ていて、本当に腹が立つ。それだけストーリーにハマってるということかも知れないが。
 スピルバーグならではの映画の面白さ、CGに頼らない、演技やカメラワークでのワクワク感は、監督が違うため全く感じられないけど。
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すず2019/12/14に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中インパクトで乗り切ってる感ある
確認済みの購入
子供が1人で二ヶ月、肉食恐竜のいる島を生き残るところとか。
たった2ヶ月なのに死体が白骨化してるところとか。
大声を出すなというのに、何度も何度もしつこいくらいに大声で喚くところとか。

恐竜さえ出しときゃ細かいこたぁいいんだよ!みたいな認識が透けて見える。
恐竜というコンテンツに乗っけてもらってるだけの、新しさのかけらもない駄作。

一作目さえ見とけば基本的な展開は同じなので話についていける。
展開も同じなので、登場人物の名前が変わっただけと思えばいい。
プライムビデオで無料で見れるのでもなければ、こんな作品に金を落としたくないね。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
るか32019/04/07に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中シリーズが続くにつれ、相対的に評価が上がった作品です
確認済みの購入
1作目のエリー博士を除き、2作目(ロストワールド)のサラ博士も、今作のアマンダも、女性キャラの描き方が酷くて不愉快だった記憶があります。
少年が一人で2か月間も孤島でサバイバルしていたなんて、これも非現実的な設定で白けました。
正直いって、公開当時の本作の感想はあまりよくなかったです。素人夫婦が五月蠅くてね。

ところがさらなる続編である、ジュラシックワールドとその2作目(炎の王国)を見たら、パークの管理責任者・クレアのキャラがいっそう酷いものになっていました。
サラ博士もクレアもいわば「恐竜のプロ」なのに対し、本作のアマンダはただの一民間人であり、普通の母親なので、無知から来る不用意な行動や、思わず取り乱したりすることはむしろ当たり前なんじゃないかと、印象が良い方に変わってきました。作中で次第に逞しくなりましたしね。
もっと庶民的な容貌の女優さんだったら批判が少なかったかもしれない。

インドミナスレックスとインドラプトルの「ハイブリッド恐竜」がデザイン的にも能力的にもあまりパッとしなかった(と感じた)ため、本作がTレックスを脇に下げて、スピノサウルスをフィーチャーした姿勢にあらためて拍手を送りたくなりました。
濃霧の中から姿を現す巨大なプテラノドンとか、翼竜の映像も素晴らしかったです。
グラント博士…サム・ニールがいると物語に深みと説得力が出ますね。
1作目の世界観を引き継ぎ、今作でもなかなか良いセリフを言ってます。
(文明の利器である)小型ジェット機が巨大恐竜一頭にスクラップにされるシーンもとても良かった。

個人的に、ロストワールドやジュラシックワールドで、恐竜が銃弾を浴びせられたり、爆風に飛ばされたり、炎に焼かれたりするシーンに嫌悪感がありました。肉食恐竜二頭をわざわざけしかけて喧嘩させるのも。
炎の王国で溶岩に巻き込まれるのはいいのですよ、天災は仕方ない。
1作目と同様、本作も人間側はたいした武器を持たずに逃げ回るだけなので安心して楽しめました。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
空飛ぶ電気釜と、その家族2019/10/26に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中子供向けの要素が強くなって恐怖感が薄れた、シリーズ3作目
確認済みの購入
ジュラシックパークシリーズ3作目ですが、今回は特に低年齢を意識した作りになってます。
というのも、凶悪な恐竜だらけの島で“普通の少年”が2か月間も自力で生き残ってるのです。
それどころか、全く恐怖に怯えることなく島でのサバイバルに順応さえしていて、
助けに行ってラプトルに殺されかけたグラント博士を逆に助けるという大活躍。

ここまで露骨に“ランボー並みに大活躍する少年”を出してしまうと、もう恐竜への恐怖とかは微塵も感じられません。
救出チームに合流したあと適当に危機感を煽る演出はあるけど、どうせ最終的には無事に生還することが確定的に明らかですからね。
大人が見て楽しめるような中身の濃い物語ではありません。
小学生くらいの児童が、自分を投影する少年の活躍を見て楽しむ映画です。

それでも、いい歳した馬鹿男と馬鹿女が愚かな行動で大勢を死なせる2作目のアホ映画よりは遥かに面白いですが。
結局のところ、ジュラシックパークシリーズは1作目が一番面白かったように思います。
恐竜の復活、驚喜、疑念、諦観、混乱、破壊、恐怖、終焉……と、大人が見て楽しめる要素が盛り沢山でした。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazonのお客様2020/02/20に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中初期3部作の中では一番まとも
確認済みの購入
映像だけの一作目、何もかもめちゃくちゃな二作目にくらべれば
コンパクトにまとまった、なんとか見られる作品。
モンスターパニック映画として芯は通ってる。
でもイライラするクソババアとクソジジイはほんとイラつく。
までも、陳腐な脚本にちょっとスパイスを与える程度で、
前作みたいに専門家なのにバカなのと違って、もともと素人だからまだ納得できる。

星2つ減らしたのは、1つめは吹替でエリーがなぜかグラントを先生と呼び
敬語で話してること。1作目はアラン呼ばわりでタメ口だったじゃん。吹替翻訳のミス。

もう1つは、あんな背ビレの弱そうな恐竜にTレックスが負けたこと!!
子供のころから最強恐竜のTレックスを弱く描くなよ!
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
あいうえお2020/11/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中評価低すぎるのでw
確認済みの購入
振り返りで1〜3と見てきたのですが、やっぱり面白いなー。個人的には、3、1、2の順で好きです。これ以降のジュラシックワールドはまだ見てないので、これから見る予定です。

評価が低いのは、多分だけどティアレオーニ夫婦の馬鹿さ加減だと思ってるんだけど、どうなのかな?私が思うに、パニック映画ってやっぱりこうした馬鹿すぎる登場人物がいるから、成り立つものだと思うので、こうした登場人物は許して上げて欲しいなw

内容についてですが、とにかくテンポが良いのが良いと思いますね。1時間24分ぐらいで終わったのですが、開幕の子供がジュラシークパークに迷い込んだところから、博士を島に無理やり連れていったり、ティラノサウルス、ラプトル、プテラノドンなどなどに襲われる盛り沢山なところも大好きです。

興行収入的には、1 > 2 > 3とドンドン下がってしまってるのですが普通に面白かったです。次作にあたるジュラシックワールドは、約17億ドル(歴代興行収入6位)と爆発的な売り上げを誇ったので、楽しみにしてます。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
是空2020/11/24に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中こじんまりって感じ
確認済みの購入
壮大なバックボーンを持っているのに、物語的にはこじんまりとしている。
恐竜に襲われたりとそれなりに山場はあるが、そこまでハラハラしない。
ヒロイン的ポジションの母親も、言う事を聞かない何時ものステレオタイプではあるが、まぁマシな方。
どれも標準を超えられない、平凡な内容となっている。
良くは無いけど、悪くも無い、どちらかに振り切ってくれればもっと感想が出たのに。
中途半端とはまさにこの事だと思います。
星二個だと悪すぎかなと思い、この評価でした。
暇なら見てね、程度の内容です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
枡魅2018/06/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中久しぶりに観た
確認済みの購入
何年かぶりに観ました。
すっかり忘れていたれど、最近の再新の映画よりも古さゆえの良さを感じました。
お決まりの主役、準主役以外は死んでしまうことが多いけれど、最後にどんでん返しがあったのも良かった。
この位の恐怖感の方が安心があって私には良かった。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示