ジャンボーグA VOL.1【DVD】 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジャンボーグA VOL.1【DVD】

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,175より 中古品の出品:4¥ 2,260より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ジャンボーグA VOL.1【DVD】
  • +
  • ミラーマンVOL.1【DVD】
総額: ¥6,350
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 立花直樹, 天田俊明, 大橋一元, 松川勉, 桜田千枝子
  • 監督: 黒田義之, 東條昭平, 岡村精
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2012/05/21
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QRI4BS
  • JAN: 4988101162734
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 108,374位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<収録話>
#1 エメラルド星からの贈り物 エメラルド星人 ジャンボーグA アンチゴーネ キングジャイグラス登場
#2 大逆襲! アンチゴーネ ―ルバンガーキング登場―
#3 倒せ怪獣! ジャンファイト ―チタンガー登場―
#4 危うし! ジャンボーグA ―ジャイアントロボット登場―
#5 叫べナオキ! いまだ ―デスコングキング登場―

【キャスト】
立花直樹/天田俊明/大橋一元/松川勉/桜田千枝子/香山高寛/丸岡将一郎/加瀬麗子/ナレーター:浦野光/田崎潤

【スタッフ】
プロデューサー:淡豊昭
特殊技術:矢島信男/高野宏一
音楽:菊池俊輔
制作:円谷プロ/毎日放送
監督:黒田義之/東條昭平/岡村精
脚本:山浦弘靖/田口成光/安藤豊弘

【放送期間】1973年1月―12月 毎日放送、NET系にて放送

【スペック】
●封入特典:特撮ヒーローファイル(解説書)
●映像特典:予告編 第2話‐第6話
●その他特典
「特撮ヒーローファイルケース」プレゼントキャンペーン 『ミラーマン』『ジャンボーグA』『ファイヤーマン』のDVD全26巻の解説書を、一冊に収納出来るオリジナルファイルケースを、『ジャンボーグA』、『ファイヤーマン』のDVD購入者に抽選でプレゼント。 <対象商品>『ジャンボーグA Vol.1―Vol.10』 『ファイヤーマン Vol.1―Vol.6』 <応募期間>第1回応募期間:2012年6月21日―2012年10月31日/第2回応募期間:2012年11月1日―2013年1月31日 ※各回150名様、計300名様に抽選でプレゼント予定 <お問い合わせ窓口>円谷プロダクションDVDお客様センター TEL:03-3461-4610
DSZS07301/3,800円(税込3,990円)/COLOR/本編119分/片面2層/1.ドルビーデジタル モノラル/4:3/5話収録

【販売元】東映株式会社・東映ビデオ株式会社【発売元】円谷プロダクション

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

巨大ヒーロー・ジャンボーグAの活躍を描いた特撮シリーズの第1巻。グロース星人からの攻撃に歯が立たない地球パトロール隊PAT。そんな中、エメラルド星人がジャンボーグAをセスナの形に変えて、地球を守る使命を与える。 第1話から第5話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1973年、円谷プロ生誕10周年記念でタロウ、
ファイヤーマンと共に制作された作品

セスナや自家用車が変身してサイボーグロボになって
戦うという当時として、いや今でもあまり見られない
斬新なアイデアが光ります。それも戦闘機やスーパーカー
でなく民間のセスナやホンダZという決してカッコ良くない
物が変身するのが良いですね。

当時、一般自動車では後発だったホンダ車を採用していたのも
大人の事情があったんでしょうね。
PAT の戦闘車がバモスなんて普通は考えないですよ。

カメラアングルの巧みな使い方でPAT 隊員の熱苦しさ
熊井隊員?が印象的でした。

PATのテ-マ曲も凄すぎで腰抜かしましたし、アレですもん。
大人になってみると突っ込み所もありますが
スタッフのご苦労が伺えます。

そういえば当時小学2年生でこのAは二代目で
旧A(腹がコクピット)がいたってのがありましたね。
その後言われませんが。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウルトラのオヤジ トップ500レビュアー 投稿日 2012/1/13
■追記
まだ全部を見ていない&旧BOXを完全再確認した訳ではないのですが、どうやら音声カットは無い様子です。
また「ノンビリゴン」もタイトル改定「後」を一旦収録するものの、初回放送当時のオリジナルタイトルは
最終巻の特典ディスク(!)で収録される事が決定しているようです。

■本記
「ジャンボーグA」
今回の廉価版発売はうれしいです。 旧BOX版が、高額プレミアで扱われており、また過剰なまでに
音声カットされまくり(台詞のみならずナレーションまで)の為、不自然だったのですが、本シリーズでは
音声カットは無い様子です。

本作はミラーマンと同じく、漫画パイロット版による小学館学年誌展開が先行する形となり、当初は少年が
変身する「ジャンボーX」として連載されてました。(キングジョーやピグモンといったウルトラ怪獣が登場。)
本放送時のコミカライズは、昨年急逝された内山まもる先生が小学館学年誌で連載されていました(復刻希望)。

円谷作品は物語の作風が「ストーリー重視」の傾向にある中、本作は比較的、娯楽に特化したアクション要素も
多く盛り込まれており、主人公の立花ナオキが正統派熱血漢というよりは、少し「不良・ワイルド」的要素が
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ついにDVD再販となりましたね!!
エイベックスから出ていたDVDBOXが二巻あわせて10〜20万という
とんでもない値段になっていただけに、この再販を機に揃える事をおすすめします。

本作品は円谷プロ作品でありながら、サイボーグ(というよりロボット)の要素が強く、
またジャンボーグA&9のデザインは東映作品に近いことからも、
ウルトラマンとの差別化を図っているのが伺えます。
ウルトラマンゼロの映画でジャンボットとしてリニューアルされていたので、
本作品が気になる方もいると思うので、率直な感想を書いていきます。

まずシナリオなのですが・・・ウルトラシリーズやミラーマンのような凝ったドラマ展開は
希薄で、どちらかといえば戦闘シーンに力を入れている印象が強い。
ストーリー性皆無といってもいい回も中にはあります。 
しかし、「絶望!!売られたジャンセスナ」のように印象深い回や、
ジャンボーグ9との共闘など盛り上げる所はキッチリ描かれており、
円谷らしさは健在といっていいでしょう。

また主人公の動きに連動して動くヒーロー、
ハンドル操作で動くヒーローなどの先駆け的存在でもあり
グリッドマン同様に時代
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子供は大人にあこがれる、それは腕時計だったり、車の免許だったり、子供には手に出来ないもの(今は時計も安くなって子供も普通に腕時計をしているが、放送当時は子供向けの腕時計といえば完全におもちゃだった、)に憧れる、ましてや「飛行機の操縦」ともなれば大人にも羨望の的、それらを「空想的なスーパーメカ」に置き換えるのではなく、実在の腕時計、ホンダZ、セスナ機に託して描かれた「ジャンボーグA」は、子供の皮膚感覚に訴えかける魅力があり、それゆえストーリィー性があえて薄くされ娯楽性が強調されているのだと判断する。つまり存在そのものが当時の視聴者たる子供たちにとっての「リアル」であり、それらを入り口に「ファンタジー」の世界に踏み入れることの出来る作品、それがジャンボーグエースだったのではないだろうか?

放送当時私の叔母が「ホンダZ」を所有しており、遊びに行くたびにZに乗り込み、「ジャンボーグ9!」と叫んで飽かず遊び続けた記憶がある、また、父の持つ腕時計が立花ナオキの使うジャンボーグ変身用のそれに似ていたことから「ジャンファイト!」と叫び、空にセスナ機が飛べば「あっジャンセスナだ!!」と天を指さした、

子供の身の回りにあった「異世界への扉」を示してくれた事も、本作「ジャンボーグA」の魅力のひとつかもしれない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告