通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジャングル・ブック (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しに剥がし跡があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジャングル・ブック (文春文庫) 文庫 – 2016/6/10

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 537 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジャングル・ブック (文春文庫)
  • +
  • ジャングル・ブック (新潮文庫)
総額: ¥1,188
ポイントの合計: 100pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



文藝春秋×よしもと芸人『文藝芸人』
よしもと芸人たちによる文芸誌が登場。又吉直樹、松本人志の特別企画や、東野幸治、森三中・大島美幸、博多大吉、ブラックマヨネーズ・吉田敬など、総勢130人以上の芸人たちが本気で取り組んだ作品満載。 >>こちらをチェック

商品の説明

内容紹介

ノーベル文学賞作家の不朽の名作を新訳で

ジャングルの動物に育てられた少年モーグリの冒険譚。映画化も進行中の、ノーベル文学賞作家の不朽の名作がみずみずしい新訳で蘇る。

内容(「BOOK」データベースより)

ジャングルで、オオカミに育てられた人間の少年モーグリ。クマや黒ヒョウ、大蛇らと交流し、ジャングルの掟を教えられる一方で、人間を敵視する大トラや、獰猛な赤犬の群れとのはげしい対決をくりひろげていく。人間社会の縮図のような動物社会の中で、少年がさまざまな冒険を経て成長していく姿を描く名作が新訳で蘇る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 372ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167905604
  • ISBN-13: 978-4167905606
  • 発売日: 2016/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.5 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 326,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ジャングル・ブックは、本来は三十篇の中短編からなる本で、モーグリが活躍するのはそのうち八編だけらしい。
本書はモーグリの活躍する部分だけを集めて番外編一遍を加えた本だ(解説より)。
モーグリの活躍ぶりがあまりに好評で、現代ではこの抜粋版がジャングル・ブックということになっているらしい。
へー、そうだったのか。

いやあ、面白かった。子供のころの記憶そのままにエキサイティングでわくわくする冒険譚だった。
格調高い文体で生き生きと熱帯の大自然が描かれる。
やさしさと過酷さが表裏一体のジャングルで、モーグリは狼一家の愛を受けてたくましく育つ。
長じては黒豹バギーラや熊のバルーと友情をはぐくむ。特に大蛇カーのキャラクターが秀逸だ。
人間が蛇と友情を結ぶ話なんて、本作だけではないか。赤犬やヒヒとの集団戦や廃墟で宝物を発見する『王のアンカス』が白眉である。
ジャングルの伝承や詩が随所に挿入され、文学的な香気が漂う。まさに永久に読み継がれるべき傑作だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2016/7/20
形式: 文庫
題名もよく知っており、内容もそれなりに知っている作品ではあるのですが、今まで一度も読んだことはありませんでした。
ただ、内容を知っているということは、何度も映像化されたり類似の物語が語られているからでしょう。
それほど魅力的な作品であるということでしょう。
そもそも「人間」と「動物」の違いはどこにあるのでしょうか?
そして、「人間」が行っている「環境破壊」をどう考えればいいのでしょうか?
「人間」は、己が地球の最高の生物であるかの如く、他の「動物」たちに対してもその他の環境に対しても、我が物顔です。
この作品は「児童小説」です。
直接的な問題提起はされていないものの、子どもたちの感性はきっと何かを感じ取るでしょう。
だからこそ、ここまで長く多くの人に親しまれてきたのでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告