この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

じゃじゃ丸の大冒険

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 3.3 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • ジャレコ JARECO
  • アクション ACTION
  • jajamarunoDaibouken

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B000068H0Z
  • 発売日: 1986/8/22
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 20,482位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
じゃじゃまるの横スクロール。じゃじゃまるの良さを残したままの非常に良い作品。クリアが楽しみ!!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
忍者くんの弟、じゃじゃ丸くんのシリーズ2作品目は、横スクロールのアクションに。じゃじゃ丸と聞くと、当時NHKで放送してた「おかあさんといっしょ」に登場した猫のキャラクターを、どうしても思い出す。

破壊可能なブロックを壊してアイテムを出したり、敵に体当たりして気絶させるシステムを生かして、横スクロールアクション化。アイテムを3つ揃えた時は「木の葉の舞の術」になり、「ガマパックン」は特定のステージで、アイテムとして登場する。

前作のシステムを生かしたせいか、アクションゲームとしてはテンポが悪く感じしまう。敵の出現パターンもいいとは言えないので、難易度は高めになっている。敵自体も「気絶させられる敵」「気絶させられない敵」「触った時点で即死の敵」がいるので、しっかり覚える必要がある。特にハチに刺されると、こっちはずっと気絶してしまううえに、即死系の敵が登場するので、このパターンでゲームオーバーになることも。

他のレビューでも指摘があるように、一部の敵がヤバイことに。
・テロ 爆弾を3方向に投げる。手裏剣16発当てないと死なない。
・ムシバラス 持っているピッケルを投げて攻撃。当時、某社の歯ブラシか何かのCMに出てきたキャラクターと同じ名前だったような。
・カミナリパンツ 2番目の中ボス。カ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 湯二 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/8
発売されてすぐに買いました。
小学三年生の時にはまりました。
お母さん30代後半もはまりました。

難易度は高いと思います。
当たると一発で死んじゃうし、足場も不安定で、敵も多め。
マリオタイプの横スクロールアクションゲームです。
マリオと同じようにブロックを叩けば、アイテムが出現します。
トロッコが出てきて、それに乗れば、無敵状態になります。忍術使わんかい!
大きなカエルが出てきたらそれに乗って進むことが出来ます。
カエルは敵を食べることが出来ます。なんか、ヨッシーに似てるけど、ヨッシーよりこっちのほうが先です。

敵キャラが個性派が揃っています。
テロっていうやばい名前のキャラクターは爆弾を4方に投げてきます。
ステージが全部で20あり、要所要所で四天王と呼ばれる中ボスが現れます。
ザビエルという、骸骨の宣教師っぽいキャラが出てきますが、さっきのテロといい、今だったら問題になりそう、、、、。

音楽は妖怪ゲームっぽく和風テイストですが、何かコミカル。
ラスボスのナマズ大夫を倒すとゲームクリアで、2周目が始まります。
2周目をクリアしても何も変わりません。
あの頃のファミコンらしい感じが好きです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 麗しのタカリナ トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/7/3
1986年発売ファミコン版、横スクロールアクションゲーム、「忍者じゃじゃ丸君」のスピンオブ作品、妖怪ワールドをひたすらに進み、妖怪を倒しながら小判を集め、扉を進むとステージクリア、そのままボス戦に突入をします、全19ステージ、まだまだ初期のファミコンゲームという趣はありますが、BGMも痛快でこうしたゲームに無限の可能性を感じさせてくれます、そんな楽しい作品に仕上がっていました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
横スクロールになって敵の種類は増えたが、動きはもっさりでスピード感がなく一撃死で遊びにくく、ステージは単に敵が適当に出てくる
だけで単調で全く面白くないのはひどすぎると感じた。
また、ボス戦は手裏剣を上に投げたりと普通に戦えないのはつまらないと思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告