通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジャック・マー アリババの経営哲学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 きらり堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好です。アルコールクリーニングした後、迅速にお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ジャック・マー アリババの経営哲学 単行本 – 2014/12/26

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 637

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジャック・マー アリババの経営哲学
  • +
  • Alibaba アリババの野望 世界最大級の「ITの巨人」ジャック・マーの見る未来
  • +
  • アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 160pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「世界中のあらゆる商売をやりやすくする。これが私の使命です。」
コネなし、非エリートの英語講師が、中国長者番付1位に!


アマゾン、フェイスブックを超える時価総額2310億ドルで2014年9月にニューヨーク証券取引所上場。
アップル、マイクロソフト、グーグルに次ぐ、世界第4位のIT企業となったアリババ。
創業者ジャック・マーの成功の裏にある確固たる信念と倫理が明らかに!


<CEO退任演説など、話題のスピーチも5つ収録! >

―ジャック・マーの言葉から、成功の秘訣をつかみとる! ―
「未来を予測するベストな方法は、未来を創造することだ。」
「マーケットは戦場に似ているが、戦場ではない。ライバルの不在こそが、危機を招く。」
「だめな部下はいない。だめなリーダーがいるだけだ。」
「私は理想を捨てません。正しいことをしているのだから。」
「自分のことだけを考え、自分の好きなことをきちんとやれば、世界はよくなる。」

◆馬雲(ジャック・マー)
1964年生まれ、中国浙江省杭州市出身。杭州師範学院英語科を卒業後、杭州電子工業大学にて英語教師を務める。
大学を退職後、1994年に翻訳を専門とする「海博翻訳社」を起業。1995年には中国初のインターネット会社「中国黄頁」(中国版イエローページ)を立ち上げる。
1999年に「アリババ・グループ」を設立し、2013年に同社CEOを退任。

◆訳者解説より(一部抜粋)
本書では、2014年9月にニューヨーク証券取引所に上場し、
時価総額25兆円という驚きの初値をつけ話題となったアリババグループの創始者、馬雲(英名 ジャック・マー)の経営哲学を12の項目に分けて紹介しています。
馬雲は、現在、世界で最も注目されているアジア人のひとりです。それもそのはずで、彼の半生はチャイニーズドリームそのもの。
15年前には、お金がなくてタクシーにも乗れなかった若き起業家が、所有する株だけで2.5兆円を超える世界有数の大富豪になったのですから、世界から注目を集めるのは当然でしょう。
しかし、彼が注目されているのは単に大富豪だからではありません。本書が示すように、彼が持つ確固たる哲学も人々を引きつけています。
本書のテーマは、ビジネスに限らず、生活の哲学、成長の哲学など、多岐に亘っており、
アリババのビジネスに関心のない人も、一人の人間がどこまで成長できるのか、そして、世界を変えようとする人物はものごとをどのように考えるのかに触れることができる良書です。

出版社からのコメント

◆訳者解説より(一部抜粋)
【馬雲とアリババの歴史】
馬雲は1964年浙江省杭州市生まれ。大学受験に2度失敗して、杭州師範学院(現在の杭州師範大学)の英語本科に進みます。同校を卒業し、杭州電子工業大学(現在の杭州電子科技大学)の英語教師になった馬雲は、30歳のときに、大学を辞職して「海博飜訳社」を設立します。そして、その翌年の1995年、地方政府とアメリカ企業の契約のトラブルを解決するため、アメリカに出張することになります。
そして、そこで、偶然インターネットというものと出会い、その魅力にとりつかれます。インターネットに無限の可能性を感じた馬雲は帰国するとすぐ企業広告を掲載する「中国黄頁」というサイトを立ち上げます。 そして、北京の政府系インターネット関連機関での勤務を経た後、1999年に杭州で電子商取引サイト「アリババ」を立ち上げます。最初はB2B(企業間取引)サイトの「アリババ(阿里巴巴)」から始まり、2003年にはネットオークションの「タオバオ(淘宝網)」とそしてそれらを支える決済システムの「アリペイ(支付宝)」を世に送り出し、中国の電子商取引界の牽引役となりました。
2012年にはアメリカのヤフーから自社株を買い戻し経営基盤もしっかりと固めています。そして、本書にも描かれているとおり、馬雲は2013年にアリババグループのCEOを辞し、現在は会長として「アリババの顔」を務めています。

【馬雲の2つの使命】
馬雲の凄さは、その稼ぎ出した金額だけでは計れません。彼の一番の凄さは、強烈な使命感を持ち続けていることです。そして、その使命感は至ってシンプルで、
・世界中のあらゆる商売をやりやすくする
・中小企業を助けるという二つだけです。

アリババのすべての施策、戦略にこの二つの使命感が息づいているから凄いのです。

また、アリババの成功の秘密は中小企業に的を絞ったことだと言われていますが、ここにも馬雲の使命感が表れています。なぜ、馬雲は大企業ではなく中小企業をターゲットとしたのでしょう。それは、アジアを見据えていたからです。
馬雲は1999年、アリババを立ち上げる直前にシンガポールで行われたアジア電子商取引大会に招待されます。しかし、「アジア」と銘打っているのに、出てくる事例やスピーカーは欧米の企業ばかり。 そこで、馬雲は真の意味でのアジアの電子商取引を構築するべきだと考えます。アジアには中小企業が多く、彼らの立場は弱いものでした。輸出中心の産業構造なのに、アジアの中小企業には海外に販売拠点をもったり、宣伝を打ったりするだけの力がありません。そこで、馬雲は彼らの手助けをすることを自分たちの使命だと考えます。中小企業のために、宣伝ツールとなり、決済システムを提供し、自らも大きく成長していくのです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 440ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799316125
  • ISBN-13: 978-4799316122
  • 発売日: 2014/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 78,151位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
上海に3年住み、ネットビジネスを展開してる日本人です。

春節中上海から東京に戻る機内で読了。
創業から現在までのアリババの歴史とジャック・マー氏の哲学について。
中国ではビジネス的成功に加えて、中小企業向けのビジネスプラットフォームを作り、
中国の社会に「信用」を作りだした功績者として評価されている。
また、志や情熱がどれだけ大切かということを改めて気付かせてくれる一冊。
中国が非常に歴史と文化、思想に富んだ国ということが伝わってくる。
日本のメディアによる偏重な報道だけで中国を見るのではなく、
こういうリーダーが中国社会を変えつつあるという部分も見落としてはいけない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/31
形式: 単行本
今では巨大企業となったアリババの創業時代から現在に至る経過を追いつつ、創業者である馬雲の経営哲学・人生哲学を纏めた本書は、様々な局面から読者の興味を惹く。

ベンチャー企業の立上げという観点では、起業のコンセプトとして「世界中のあらゆる商売をやり易くする」「中小企業を助ける」という2つの目標を掲げ、揺るぐことのない信念に基づき、人を惹きつけて来た。創業時の7人のチームが場所と組織が変わっても、持続し続けた背景には強い結束と求心力があったことを伺わせる。

経営者としての馬雲を見ると、「何が人をmotivateするか」ということを知り尽くしていること、従業員の家族にも中秋節に月餅と手紙を送る等の細かな気遣いが出来ること、人間には誰にも強み弱みがあるからこそ、チームを組成して取り組むという考え方が浸透していること等が、強い組織を形成した礎になっているものと思われる。

中国におけるアリババの成長の理由の一つは「信用」を創り出した点にある。即ち、電子商取引におけるボトルネックであった決済において「アリペイ」を作ったこと、商取引に参画する中小企業の信用状況を情報として提供する仕組みを作ったこと等も中国の電子商取引の拡大に一役買っている。

「人」としての馬雲を見ると、「教師」としての経験からか人を活かす、育てる
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本文中でアリババ代表のジャック・マー自身が
アリババはいかにして成功をつかんだか・・という本が沢山出ているが自分は読んだ事がない。
自分はいつか「アリババの1001の失敗」と言う本をむしろ書きたい、と言っています。

この本もご多分に漏れず褒めまくりの提灯本で
これだけ読むとジャック・マーと創業仲間が三国志のヒーロー達の様に思えて来るレベルです。
ただ物凄い会社であり、素晴らしい経営者である事は事実なので
そんな褒め殺しの中に学べる事を探していくのも一つの読み方かなとは思います。

個人的にはジャック・マー本人が言う様に「アリババの1001の失敗」の方が
よっぽど勉強になりそうなので、そちらを早く読んでみたいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
馬雲(ジャックマー)は、48歳で アリババCEOを交代して、仕事から 生活に 軸足を移した。
わずか、14年間で 世界一になったのは、さすがに IT 産業である。
アップル、マイクロソフト、グーグルに次いで、世界第4位 時価総額 2310億ドル。
アマゾン、Facebookを超えた。
たしかに 馬雲は 言葉の切れ味が いいね。
コンセプトをきちんとつくっている。
『中小企業をサポートする。』
『他者を成功させてこそ、自分の成功がある。』 
馬雲が 中国につくり出したのは商売において『信用/信頼』
そして、馬雲に 17名が 北京から ついてきたことだ。それが 集団の力となっている。
これは、中国としては めずらしい 団結力でもある。本来ならば、分散しかねないが。
習近平(浙江省閥)の後押し、紅2代とのつながり、など 現在の共産党と太いパイプがある。
それで、グーグルも、Facebookも、Twitterも、LINEも追い出して、
中国IT企業は、ブルーオーシャンとなる。すぐれた、戦略的たくらみがあった。
顔が 不細工でも、しゃべりのうまさは天才的。人を惹き付ける。
就職活動で失敗した中国KFCさえも、買収する。
とどまることを
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック