中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★よれきず、やけしみ、等御座いますが、丁寧にクリーニング後、エアーパッキンにて梱包し迅速に発送致します。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジャック・ウェルチのGE革命―世界最強企業への選択 単行本 – 1994/7

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生産性を上げる能力と意志のない危業に存在意義はない―強烈な信念が成し遂げたGE企業革命の生々しいインサイドストーリー。

内容(「MARC」データベースより)

ゼネラル・エレクトリック社(GE)というアメリカを代表する大企業が、ジャック・ウェルチのリーダーシップのもとで成し遂げた企業変革についての物語。「GEの企業革命」の過程をきわめて具体的かつ克明に描く。


登録情報

  • 単行本: 428ページ
  • 出版社: 東経 (1994/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492552278
  • ISBN-13: 978-4492552278
  • 発売日: 1994/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 238,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/3/1
形式: 単行本
 私はこの本を読みウェルチ会長の強烈な変革の意志に感銘と驚きを受けた。いかなる大きな混乱にも耐え、先も見越したビジョンをもち、苦痛で耐えがたいと感じた時でさえもやり遂げてしまうウェルチの忍耐力、人を引き付ける力、他人への尊敬や複雑なアイディアを単純明快に表現する能力に私は感動した。
 そして組織内での価値共有、それを可能とするコミュニケーション、加えてトップによる繰り返しの価値感の布教の重要性を感じ取る事が出来たができた。  そして又、企業の信頼関係のすばらしさを知ると共に自らの友人関係、周囲にいる人々、との信頼関係が大切と言う言葉の偉大さについてあらためて考えさせられました。
 ウェルチは人々が可能と思うレベルよりもずっと高い目標を設定する事によって組織の力を最大限に発揮させたように私も自分の中に高い目標を設定し自分の能力をどれだけストレッチできるか試してみたいと思った。
 GEの共有化された価値システムで、人々を大きな目的の実現のため献身的にさせてしまう点にとても引かれた。自分も将来、献身的になれるような企業に勤めたいと思った。
 変化する環境に適応する能力は競争優位の核となる事を知った今、変化を受け入れ、変化を自分のものに出来るよう努力したいと考える。柔軟性に富み常に新たな学習を続ける企業が世界で競争優位を獲得している現在、とにかく勉学
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ワークアウト、グローバル戦略、クロトンヴィルから発信したトレーニングプログラムの数々、シックスシグマにストレッチ。GEがやったことは一言で言えば、最初にハード面(効率)を改革し、次ぎにソフト面(人的マネジメント=意識改革)に手をつけたということですかね。それがこの本を読むと内側から何をどう進めたのかが分り大変参考になる。しかし、私はこの企業で管理職としてやろうとは思わない。なぜなら生産性を高めれば高めるほど、人的プレッシャーが大きくなり離職率も高くなるからそれだけ再雇用の際にコストがかかる。それをどう解決しているのか。それは社員へのモチベーションを与えることと言っている。しかし現実はどうなのか。ワークアウトやストレッチは、イコール、バーンアウトにもなりかねないという感触。結局、合う人には合う会社なのかなという感じがする。まあ、どこの会社もそうですが。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/9/23
形式: 単行本
ジャック・ウエルチを理解したいと思っている人にはおお勧めである。
有名なGE革命の過程が段階的に論述されており、テキストとして使用できるような作りになっている。
内容的には、日本の企業と比較し、呆然とすることばかりである。
「現場の問題を解決すれば効率化が達成できる」
プロセスマップ、ワークアウト、コーポレート・エグゼクティブ・カウンシル、多様化の統合、ナンバーワンオアツゥー、管理職ピラミッドの排除、壁のない組織、仲間とうまくやることへの評価、価値観の共有。
どれも刺激的で、プロの経営者とはこういうものかと思わせられる。日本に最も不足している人たちではないか?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告