通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジャズ・アネクドーツ (新潮文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ジャズ・アネクドーツ (新潮文庫) 文庫 – 2005/6/26

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808 ¥ 418
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 164

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジャズ・アネクドーツ (新潮文庫)
  • +
  • さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想 (新潮文庫)
  • +
  • ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)
総額: ¥2,667
ポイントの合計: 135pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ベーシストにしてモダン・ジャズ界の語り部のビル・クロウがジャズ・ミュージシャン裏話を集大成。マイルズ・デイヴィスがプロモーターを屈服させた一言、ビリー・ホリデイがバンド・バスの中で大もうけした顛末、ベッシー・スミスが南部でKKK(クー・クラックス・クラン)を撃退した逸話、ルイ・アームストロングがライバルをノックアウトしたエピソードなど、まさしく黄金時代のアネクドーツ(逸話集)。

内容(「BOOK」データベースより)

ベーシストにしてモダン・ジャズ界の語り部のビル・クロウがジャズ・ミュージシャン裏話を集大成。マイルズ・デイヴィスがプロモータを屈服させた一言、ビリー・ホリデイがバンド・バスの中で大もうけした顛末、ベッシー・スミスが南部でKKKを撃退した逸話、ルイ・アームストロングがライバルをノックアウトしたエピソードなど、まさしく黄金時代のアネクドーツ(逸話集)。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 469ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102181121
  • ISBN-13: 978-4102181126
  • 発売日: 2005/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,077位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
50年~60年代からジャズを聴いていますが、当時の雰囲気がそのまま伝わってきて楽しく読むことができました。著者のビル・クロウはジェリー・マリガン・クインテットの一員として名古屋に来たこともあり(そのコンサートに私も行きましたが)、その時彼らが食べたよくわからない食べ物についての記述があり(これは訳者の村上春樹氏にも不明だったようです)、私の推測では鮎の塩焼きだと思います。と、評価とは関係ないことを書いてしまいましたが、とにかく興味深い本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 厚い文庫本で、収録してあるジャズミュージシャンのアネクドーツ(逸話)の数を数えてみたら425もあった。期間的には1930年代から80年代にわたっている。人名索引がないので誰がいちばん多く登場しているかわからないが、D・エリントンとC・パーカーのような気がする。しかし登場しない有名ジャズメンも多い。このあたりが不満と言えば不満か。

 びっくり、唖然という逸話が多く、楽しめる。いちばん驚いたのはS・チャロフ。私は彼がバリトンのナンバーワンだと考えているが、異常な言動とジャンキーとしての悪質さは群を抜いていた。ファンを止めよう。
 面白かったのは“カッティング・コンテスト”のエピソードの数々。ジャムセッションの競い合い、対決のことだが、その昔のカンザスシティやNYでは、それこそ剣豪の決闘みたいなすさまじいバトルが始終行われていたらしい。

 パーカーが天才の名をほしいままに出来たのはアルトを選んだからだ、それはちょっとずるいのではないかと考えていたが、この本で数々のエピソードを読み、全くの見当違いとわかった。テナーもアルトのごとく吹きこなし、それどころか、すべてのリード楽器に加え、フルートもホルンも手当たり次第にその場で吹くことができたという。
 創造力、演奏能力に加え、記憶力も異常に良かった。どんなアレンジも一、二回チラッ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 この本の作者であるビル・クロウは自らはモダンジャズのミュージ
シャンでありジェリー・マリガン、スタン・ゲッツ、ズート・シムズ
ら錚々たるミュージシャンとも共演しているが、その一方で、
デューク・エリントンやサッチモのような超大物からエディー・
コンドンやピー・ウィー・ラッセルのようなマイナーな(少なくとも
日本では知名度が低い)ミュージシャンに至るまでスウィングジャズに
対する敬意も失わない。もちろん、「アネクドーツ(ちょっとした
話)」というタイトルからも分かるように各ミュージシャンの
伝説的なエピソードばかりではなく人間的なおかしみを示す滑稽な
エピソードなどもふんだんに盛られているが、クロウはそれらも
含めて愛情を込めて描いており、ジャズミュージシャンであることに
ついての誇りと喜びを感じさせてくれる。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 L Gergy 投稿日 2006/11/25
形式: 文庫
偉大なジャズミュージシャン達の、楽しく、気の利いた逸話集。

一見、偏屈者の彼らを、すごく身近に感じさせてくれる。

何より、ジャズの全盛期を過ごした人の書き物だから内容も真に迫るリアリティーがあり、

僕ら、後追い世代にもその凄さを伝えてくれる。

本書を読むまで知らなかったミュージシャン達の作品も聴きたくなってくるし、

知っていたミュージシャンも聴き直したくなったりもする。

ジャズファンなら、一度は読んでみてはどうだろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
デューク・エリントン、ビックス、ファッツ、ウォーらーなどビバップ以前の人の話が大らかでほのぼのしてて好き
特にサッチモの逸話は最高
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告