この商品は現在お取り扱いできません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ATOK 17

プラットフォーム : Windows 98, Windows ME, Windows 2000, Windows XP
5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について
  • 文章表現の完成度を高めるための機能を強化した日本語入力システム

【企業情報のスタンダード 最新版】
「会社四季報 CD-ROM 2017年 2集 春号 (最新版)」3/17発売 今すぐチェック


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows 98 / ME / 2000 / XP
  • メディア: CD-ROM
  • 商品の数量: 1

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

  • 文章表現の完成度を高めるための機能を強化した日本語入力システム

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows98/Me/2000 Professional/Xp
  • HDD: 95MB以上の空き容量
  • メディア: CD-ROM
  • CD-ROMドライブが必要 ※音声入力する場合、Pentium 2 333MHz以上のCPU、Windows XPでは256MB以上、Windows 98/Meでは128MB以上、Windows 2000では192MB以上のメモリ、マイクロフォン、OSに対応したViaVoice for Windows 8/9/10 日本語版、SmartVoice(Ver4.0)i/cのいずれかが必要。「ATOK17 Office連携ツール」を使用する場合は、ATOK 17、10MB以上のHD空き容量、Microsoft Outlook Express 5.0/5.5/6.0、Microsoft Internet Explorer 5.5(SP2以降)~6.0、Microsoft Word 2000/2002/2003、Microsoft Excel 2000/2002/2003、Microsoft PowerPoint 2000/2002/2003のいずれかが動作する環境が必要。辞書ダウンロードツール・iATOKを利用する場合は、Microsoft Internet Explorer 5.5(SP2)以降が必要(ファイアーウォールなどを通して接続される環境では使用できない場合あり)

登録情報

  • ASIN: B000148MI2
  • 発売日: 2004/2/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 33,238位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品紹介

動作環境
・対応OS:Windows98/ME/2000 Professional/XP
・HDD:95MB以上の空き容量
・メディア:CD-ROM
・~CD-ROMドライブが必要 ※音声入力する場合、Pentium 2 333MHz以上のCPU、Windows XPでは256MB以上、Windows98/MEでは128MB以上、Windows2000では192MB以上のメモリ、マイクロフォン、OSに対応したViaVoice for Windows8/9/10 日本語版、SmartVoice(Ver4.0)i/cのいずれかが必要。「ATOK17 Office連携ツール」を使用する場合は、ATOK 17、10MB以上のHD空き容量、Microsoft Outlook EXPress 5.0/5.5/6.0、Microsoft Internet EXPlorer 5.5(SP2以降)~6.0、Microsoft Word 2000/2002/2003、Microsoft Excel 2000/2002/2003、Microsoft PowerPoint 2000/2002/2003のいずれかが動作する環境が必要。辞書ダウンロードツール・iATOKを利用する場合は、Microsoft Internet EXPlorer 5.5(SP2)以降が必要(ファイアーウォールなどを通して接続される環境では使用できない場合あり)~

日本語入力システム。慣用表現の誤用指摘を強化し、確定済みの文節までさかのぼって同音異義語の違いを指摘する「フィードバック変換」や、名称変更された固有名詞を対象に現在使用されている名称を表示する「名称変更アシスト」機能を搭載。また、前後の文脈を正しく認識し、同音異義語も的確に変換できる「変換エンジン」、最初の数文字を入力するだけで、使いたい言葉を推測して表示する「推測変換」を装備。さらに、Microsoft Officeに搭載されている各アプリケーションに適した連携ツールを搭載し、ビジネスの効率アップを実現する。新たに、校正支援機能がUPされ、くだけた表現に対する指摘・付属語連接の補正をするほか、入力した語句に類似する意味の言い換え表現を変換候補として表示する「連想変換」機能を搭載。また、中部、北陸地方の話し言葉モード、第3/4水準漢字変換辞書なども用意。

Amazonより

   前後の文脈を正しく認識し同音異義語も的確に変換してくれるなど、誤変換が少ないことで根強い人気を誇る日本語入力システムATOKの最新バージョン。携帯電話でもATOK搭載の機種が増えてきたことを考えれば、その便利さもわかるというもの。

   変換エンジンの精度がパワーアップしただけでなく、新機能として「連想変換」が登場。しっくりくる表現が思い浮かばなくてもATOKが連想される変換候補を多数表示してくるので、辞書で調べなくてもピッタリな表現を見つけることが可能となった。挨拶文例集も搭載しており、たとえば感謝を伝える簡単な言葉からキチンとした挨拶文を候補にあげてくれるので、ビジネス文書を作成する時間も短縮できる。

   もちろん慣用句や二重敬語などの使い方ミスを指摘・修正してくれる「校正支援機能」や、確定したあとの誤字を修正できる「フィードバック変換」、名称変更された地名や組織名を指摘、修正してくれる「名称変更アシスト」もパワーアップして搭載。ますます使いやすく、手放せなくなった。(三井貴美子)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ATOKはかなり長い間使用してきたが、年々重くなってきて、
今回のバージョンでも重くなったらどうしようかと考えていたが、バージョンアップで効率的に(軽く)動くようになった非常に歓迎すべきバージョンになった。また、MSOfficeとの連係機能は非常に重宝しており、商売柄、顧客によって独自の隠語を扱わなければ行けない場合でも、客先からもらった電子データから変換候補値を取得→辞書登録できるということは、かなり良い機能であると思った。
 機能的には、大きく進化したところはないと私も思うが、従来から不満に思っていた不安定さや処理の重さに観点をおいて作成されたバージョンは歓迎すべきであると考え、この評価を付けた。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もともとATOKを使用していたので、あまり期待せずにATOK16から17にバージョンアップしました。しかし、予想は裏切られました。
まず、動作が明らかに軽くなっています。ATOK16の時は時々変換候補の表示までに待たされることがあり、非常にストレスとなっていました。17では常にクイックレスポンスです。
また、オフィス連携ツールを有効化するとオフィスドキュメントからATOKに文書内の単語を学習されることができます。これにより、変換候補のカスタマイズが半自動でできるようになり精度が大幅にアップしました。
学習前の素の状態での変換精度も悪くはないですので、全体に賢くなったという印象を受けました。
ATOKは17にってFEPとしての完成度が高まった感じです。ATOK17を使用してしまった後は、IMEにはもう戻れません。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ペンティアム333M。メモリ192M、windows98のサブマシンで使用しています。いまどき…のスペックなのですが、このマシンでもATOKは快調に動作してくれます。ATOK16のときはIMEのオン・オフが「半角/全角」キーを押しても反応しなくなることがあって、「やはり非力マシンで最新ソフトは無理かな?」と思っていました。ところがATOK17にしたところ、ストレスなく動作するようになりました。さすがに一太郎2004は重すぎるような気がするのでインストールしていませんが、この分なら快調に動作するかもしれませんね。
日本語入力ソフトにはWXGやVJE-Deltaといった、軽いのに変換能力が優れた製品があります。しかし現実的な選択はATOKかMS-IMEでしょうから、どちらかを選ぶのなら間違いなくATOKでしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一太郎バージョン2から使い続けています。もちろんDOS版からです!
当然、過去の重要文書も使い回ししています。罫線を引いたりする時、
やっぱり一太郎は使い勝手がいいのです。もちろんATOKの辞書はバリバリで答えてくれますし、かゆい所に手が届くっていう表現がびったりです。ATOK12ころは少し重い気がしたのですが、今はすっきり軽々と答えてくれます。さすが日本語入力システムの老舗ですよね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告