ジプシー・キャラバン [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジプシー・キャラバン [DVD]

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,536
価格: ¥ 3,509 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,027 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,509より 中古品の出品:7¥ 2,090より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ジプシー・キャラバン [DVD]
  • +
  • 映画「フラメンコ・フラメンコ」 [DVD]
総額: ¥7,519
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョニー・デップ, エスマ, タラフ・ドゥ・ハイドゥークス, ファンファーラ・チョクルリーア, アントニオ・エル・ビバ・フラメンコ・アンサンブルズ
  • 監督: ジャスミン・デラル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2009/01/09
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001JBFPZO
  • EAN: 4932487024285
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 76,050位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

フランダース国際映画祭他、全世界映画祭多数受賞 絶賛!
ジョニー・デップ特別出演 魂を揺さぶる 喜びと感動の音楽ロードムービー!!


祖国も権力も持たない彼らが、生きる為に与えられたものは「音楽」だった

インドに起源を持ち11世紀から散らばったジプシー。今なお続くロマ/ジプシーへの言われ無き差別と迫害の中で、彼らが奏でる音楽は強靭な響きを持っている。 カ
メラはスペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国の5つのバンドが 6週間を掛けて北米の諸都市を廻る“ジプシー・キャラバン・ツアー”を追い、それぞれのミュージシャンのルーツを訪ねる。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの稼ぎで成り立っている小さな村、マケドニアでは、エスマが夫と一緒に引き取った47人の子供たちを自信に満ち溢れた表情で紹介し、インドでは子供たちが捌くのステージで歌い、いつかミュージシャンになりたいと夢を語る。それぞれの場所で重ねてきた年月が、ステージの上でひとつになる。圧倒的な力が心を揺さぶる―。
音楽を通して、人間が生きていくことの根源的な力強さ、そして喜びが映し出された愛深き感動のドキュメンタリー。
特典映像 ―― ジプシー・バンド・オフステージ、ジプシー・バンド・パフォーマンス、ジョニー・デップ・インタビュー、フラメンコ・チャーチトレーラー

内容(「Oricon」データベースより)

スペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国の5つのバンドが6週間を掛けて北米の諸都市を廻るジプシー・キャラバン・ツアーを追い、それぞれのミュージシャンのルーツを訪ねたドキュメンタリー。音楽を通し、人間が生きていくことの根源的な力強さ、喜びが映し出された愛深き感動の作品。ジョニー・デップ特別出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 演奏場面では圧倒され、演奏者の自宅インタビューでは各自さまざまな苦しみ(ジプシーの苦しみ、人生の苦しみ)を自然に引き出していて、自分の事のように共感できました。笑いのあふれる演奏旅行が進むにつれメンバーの心が温かく通い合います。映画の後半にある驚きの場面で、私の心は激しく揺さぶられました。
 ジプシー(音楽)への生半可な先入観をくつがえす点を多く含んでいます。マケドニアにジプシーが多く住んでいること、洞窟や馬車に住んでいるのではないこと、近代楽器や文明の利器も見事にこなしていること、今風のリズムを取り入れていることなど、私は初めて実感しました。特典映像にルーマニアの楽団2つがそれぞれの持ち曲で速弾きの競演をしているのがあります。目茶苦茶な音がしますが、この興奮で得した気分です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ジプシーとはインド北西部が発祥の地といわれ、六〜七世紀から移動し始めて、今日ではヨーロッパ諸国・西アジア・北アフリカ・アメリカ合衆国に広く分布する民族。そして映画中よく出てくる単語「ロマ」とはジプシーとほぼ同義。ただジプシーという言葉に差別的なニュアンスがあるためロマと自称している。

 彼らのワールドツアーがドキュメンタリータッチで描かれるのがこの映画。彼らの伝統的な、躍動的でエネルギッシュで、独特な歌、ダンス、演奏は観る者を惹きつける。ツアーの移動中に彼らの素顔や、考え方が彼らの話の中からくみ取ることができ、彼らの思っていることや、本心に近づくことができる。

 差別を受けてきたが故の、彼らの心の温かさや人間味溢れる姿に心打たれ、そしてその素晴らしい演奏に感動しました。

 最後に書きますがクレジットにジョニー・デップの名前があります。でも彼が演奏するわけではないし、インタビューが数分だけの出演でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2001年、アメリカで6週間に亘って行われた「ジプシー・キャラバン・ツアー」。
4ヶ国の5つのバンド、9つの言語が集った。ルーマニア、スペイン、マケドニア、インド。国も文化も言語も違うが、彼らの歌には皆、ジプシー・ミュージック共通の、人生の悲しみと喜びが込められていた・・・。

最も有名なジプシー楽団、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのリーダー的存在だった、故・ニコラエが声をかけて実現したこのツアー。
スペインからは、フラメンコ界を代表して、アントニオ・エル・ピパ・フラメンコ・アンサンブル。
マケドニアからは、バルカンの歌姫・エスマ。
ルーマニアからは、世界に名を轟かせるタラフ・ドゥ・ハイドゥークス。そして超絶ブラスバンド、ファンファーラ・チョクルリーア。
そして、インドからは、北西部ラジャスタン地方の芸能集団・マハラジャ。
ジプシーのルーツの地と云われる、インドからの参加が実現したことは、このツアーの最大の収穫ではないだろうか。
こうして、国や言語、背負ってきた歴史がみな違う者たちが一同に集い、ツアーが幕を開ける。本ドキュメンタリーでは、そのステージの様子や、それぞれのミュージシャンの故郷などを取材。それは国境や文化や時を越え、ジプシー・ミュージックの絆を確かめ合う感動的な旅だった。
...続きを読む ›
2 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 猫だるま VINE メンバー 投稿日 2009/9/2
映画が始まってすぐに、
「(ぼくは、ジプシーのミュージシャンたちとツアーをできて)
ジプシーとしてうれしいよ」という、シーンがあります。
ジプシーっていうのは差別コードに含まれている言葉だけど、本人たちの意識とは乖離しているんだね。

時に悲しく時に情熱的な時にコミカルな彼らのミュージックに、
ジプシーといって多種多様で、ひとくくりにはできないのだという、あたりまえのことがわかる。

途中タリフというバンドの、ニコラエというじーさんが出てくる。
このじーさんの深いワがきざまれた面構えだけで、映画が一本、撮れそう。
女が大好きなんだって。じーさん。
曰く「ミュージシャンはもてる」そうだ。

ドキュメンタリーなのにジャームッシュを思い出した。
『コーヒー&シガレッツ』とか、あのへん。

青い空と馬にひかれた台車の上でみんなが、演奏しているシーンなんか、ちょっと言葉じゃ表現できないくらい。

解説いらず。
ぜひ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック