通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ジェントルマン 単行本 – 2011/11/26

5つ星のうち 3.4 25件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジェントルマン
  • +
  • 明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ぼくの愛したその男、罪人(つみびと)につき。
非の打ちどころのない優しさを持つ青年、漱太郎。紳士の顔に隠された、道徳の汚れを垣間見たそのときから、夢生は彼の“告解の奴隷”となった――。
哀切極まる衝撃の結末に、あなたは耐えられるか。
圧倒的熱量で紡がれる生と性の残酷さ、ままならない恋の究極。

眉目秀麗、文武両道、才覚溢れるジェントルマン。その正体――紛うことなき、犯罪者。
誰もが羨む美貌と優しさを兼ね備えた青年・漱太郎。その姿をどこか冷ややかに見つめていた同級生の夢生だったが、ある嵐の日、漱太郎の美しくも残酷な本性を目撃してしまう。それは、紳士の姿に隠された、恐ろしき犯罪者の貌だった――。その背徳にすっかり魅せられてしまった夢生は、以来、漱太郎が犯す秘められた罪を知るただひとりの存在として、彼を愛し守り抜くと誓うのだが……。
比類なき愛と哀しみに彩られた、驚愕のピカレスク長篇小説。

内容(「BOOK」データベースより)

眉目秀麗、文武両道、才覚溢れるジェントルマン。その正体―紛うことなき、犯罪者。誰もが羨む美貌と優しさを兼ね備えた青年・漱太郎。その姿をどこか冷ややかに見つめていた同級生の夢生だったが、ある嵐の日、漱太郎の美しくも残酷な本性を目撃してしまう。それは、紳士の姿に隠された、恐ろしき犯罪者の貌だった―。その背徳にすっかり魅せられてしまった夢生は、以来、漱太郎が犯す秘められた罪を知るただひとりの存在として、彼を愛し守り抜くと誓うのだが…。比類なき愛と哀しみに彩られた、驚愕のピカレスク長篇小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 226ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062173867
  • ISBN-13: 978-4062173865
  • 発売日: 2011/11/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 92,653位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
どひゃ〜!
面白かったです。
これを面白いと思える自分が実は怖い。
でも面白い。
(私の中にこんな愛に憧れるところもあるのだろうか)

嫌悪感を覚えるかもしれない内容なのに
そう思わせない
むし純愛に思わせるところが
山田詠美(拍手!)

結末に関しては以外と言うより
私にとっては想定内
必然。

誰かをこれほどまでに愛することなんて
そうそうあること出来ることでない。

映画や小説に親しんでいる人なら
様々な場面やフレーズが浮かんでくるだろう。
一気読み必死の傑作と私は思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆう 投稿日 2012/3/23
形式: 単行本 Amazonで購入
美しい文章で最後まで惹きつけて一気に読ませる文章力。秀逸です。

フィクションなのにノンフィクションを感じさせるリアリティ。
世の中には偽りの美しさがはびこっている。
この主人公は壊れた人格に仮面をかぶるごとく
恐ろしくジェントルマンであろうとする。

罪を感じることがない自分勝手さ、それが許されるわけがない。
美しい人間に何もかも許されるわけはない。

これを読むときには
周囲との連絡を3時間くらい絶って
その世界に浸りながら読んだ方が良いと感じた。
ぐっと世界に入って現実世界に戻れなくなるから。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 隈鳥 投稿日 2012/3/11
形式: 単行本 Amazonで購入
悲しいことがあった帰り道、電車の中で読みながら泣きました。話の展開は予測可能で衝撃的でもありませんが、最初と終わりが良かったです。上手い!

私も趣味で花を生けるので、折に触れて花に眼をとめます。今もどこかでユメが桜を生けているような気がします。ユメ、天晴れ!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/12/2
形式: 単行本 Amazonで購入
話の展開が巧みで文章力も抜群かつ人間観察眼が鋭敏すぎて興奮しながら読み終えた。一読して、著者の新境地かもしれないと思わせる部分も少なくない。見た目は最強レベルの紳士、だが裏では善悪の彼岸にふみこんだ悪人、という魅惑の男に惚れ込んだゲイの主人公によって、真の幸福とは何かが問われていく。鈍感な男たちの愚かさや恥知らずな女たちの醜さが嘲笑され、表面的な価値観が心地よくディスられることで、もっと大きな価値の高みが示唆される。人が人を愛するようにではなく、ほかならぬ自分が自分として誰かを愛するとはいかなることか、真摯に追求されていく。ジェントルマンの為す悪行には、嫌悪感をもよおす読者もあるかもしれない。だがその悪の「告解」こそが本書の通奏低音として流れることで、この小説は独自の緊迫感をかもしだしている。ラストへの疾走はやや突っ走りぎみのような感触もあれど、だがお見事な結末。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
漱太郎の悪魔性を知った日から彼の虜になった夢生。
こんな男にすべてを捧げ、愛する心理は理解できないけれど、夢生の心理描写は美しい。
これに関してはさすが山田詠美だと唸らずにはいられません。
アブノーマルな世界観の作品なのに、読みやすいというのも不思議。

背徳的な恋だとしても、不道徳だとしても、 決して実らない一方通行の思いだとしても、
見返りを求めることすら期待せず、ただ今の状況を幸せに感じているのであれば、おそらくそれは幸せな恋なのでしょう。
夢生と漱太郎はまったくタイプの違う人間に見えるかもしれないけど、 内に宿る狂気という点では似たものを感じます。
二人はお互いにそれを嗅ぎとったから、こんな関係になったのだろうな。

貴恵子さんが登場してからの展開がなんとなく陳腐にも思えましたが、作品全体に漂う、狂気をはらんだ美しさには引き込まれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この漱太郎という人間を、夢生のように愛する自分と、
激しく嫌悪する自分がいる。
単なる背徳の物語ではないし、“愛は勝つ”という物語
でもない。
これは、現実の話だ、と受け取った。
漱太郎は、台風の目のような人間。
まわりに及ぼす破壊力が大きいが、いったい何のために
そうするのか、自分では考えない。
考えるのは、まわりの人間だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー