通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジェンダー経済格差 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇本文に書き込みもなく、全体的な本の状態おおむね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジェンダー経済格差 単行本 – 2008/5/19

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,348
¥ 3,348 ¥ 1,932

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジェンダー経済格差
  • +
  • 日本のジェンダーを考える (有斐閣選書)
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 161pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

男性と女性と企業の協カ・対立・駆け引き──雇用制度と性別分業とビジネス慣行、その相互依存構造。ワーク・ライフ・バランス社会は実現しうるか、根本から問う。

男性の平均賃金や就業率は女性より高い。男性と女性では労働/育児の時間配分が違う。程度の差はあるが、ほとんどすべての国で共通の経済活動指標における男女間格差、つまり「ジェンダー格差」は何によって生じるのか。ゲーム理論を用いてそのメカニズムを理解し、日本的雇用制度と性別分業の相互依存関係を理論・実証両面で解明する。第51回日経・経済図書文化賞受賞。

内容(「BOOK」データベースより)

男性と女性と企業、三者間の協力・対立・駆け引き。雇用制度と性別分業とビジネス慣行の相互依存構造を明らかにし、革新的企業によるワーク・ライフ・バランス社会実現の可能性を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 282ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2008/5/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 432650305X
  • ISBN-13: 978-4326503056
  • 発売日: 2008/5/19
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 654,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
企業が女性を差別する
→企業で活躍できない女性は専業主婦となる
→片稼ぎ家庭が多くなる
→WLB政策への支持が集まらない
→WLBが貧弱な社会になり、性別分業が合理的になり、女性の離職確率が高まる
→企業が女性を差別するインセンティブが高まる
…という均衡を先行研究の検証と独自の研究で丁寧に説明した上で
年功賃金制度の見直しが進んでいる企業はWLBが充実しており、
こうした革新的企業の成長が女性差別と性別分業の均衡を揺るがす可能性を持つ
という結論(インプリケーション)に持っていく。

各章が論文に近い形式なので、一般読者は各章の「まとめ」だけ読んでもいいかもしれない。
著者が提案している情報開示などで本当に「革新的企業」が主流になっていけるのか、
結論部分はやや論拠が甘い印象も受けるが
論文の性質上、解決策に触れる必要があるのであって、そこが主張のメインではないのだろう。
3 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
古い本とは思わないぐらいの新しさ。品質がとってもいいです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
直ぐ着きました。素晴らしい本に会えて、感謝しています。ジェンダー経済格差は、これからの日本の経済成長の盲点となる、因子とも思えました。 大学生。2015.5.14
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告