通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ジェフ・ベゾス 果てなき野望 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 AZ書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ページに少し日焼け、数ページの角に小さなヨレ、表紙の角が数ミリ切れています、2014年1版第5刷、帯なし、書込みなし、表紙に細かいキズ、ヨレがあります、古本ですのでその他の記載しきれないキズ、ヨレ等の傷みはご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ジェフ・ベゾス 果てなき野望 単行本(ソフトカバー) – 2014/1/8

5つ星のうち 4.2 72件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 974

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジェフ・ベゾス 果てなき野望
  • +
  • イーロン・マスク 未来を創る男
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■アマゾン創業者ジェフ・ベゾス、奇才経営者の実像に迫る物語
インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまった
アマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までを
詳細に追った物語である。
宇宙に憧れた聡明な少年が、ウォールストリートの金融会社をへて、
シアトルで創業。当初はベゾス夫婦とエンジニアのたった3人でアマゾンを始めた。
そこからベゾスの快進撃は始まる。

時に部下を叱りつけ、ありえない目標を掲げ、けたたましく笑う。
そうして小売りの巨人ウォルマート、大手書店のバーンズ&ノーブルなどとの
真っ向勝負に立ち向かってきた。ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」には
とどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な
野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。

■急成長したアマゾンの手法がわかる!
ジェフ・ベゾスとアマゾンの経営手法は独特だ。10年以上先を見据えて、
必要とあれば赤字もまったくいとわない。買収したい会社があれば、相手の
体力が尽きるまで価格競争を仕掛けて追い込む。投資家から批判されても、
巨大な物流システムやクラウド「AWS」、電子書籍「キンドル」などの新規事業には、
巨額の投資を続ける。電子書籍の普及に向けて、出版社には言わずに卸値を下回る
1冊9ドル99セントで電子書籍を売りまくる。数字と情熱を重要視する合理的で冷徹な手法を解説している。

■ベテラン記者がベゾスの許可を得て記した最高のノンフィクション
著者は、ニューズウィーク誌、ニューヨーク・タイムズ紙、ビジネスウィーク誌でジェフ・ベゾスや
アマゾンの記事を書いていたベテラン記者。ジェフ・ベゾス自身はマスコミ嫌いで有名だが、
長年の著者の実績から、本書に関しては、ジェフ・ベゾス自身がアマゾン幹部や親族や友人への
取材を許可した。著者は本書のために、300回以上も関係者に取材。
ベゾス自身が40年以上音信不通だった実の父も探し当てて話を聞いた。

原書は『The Everything Store』
フィナンシャル・タイムズ紙とゴールドマン・サックスが共催する「Business Book of the Year2013」を受賞!

内容(「BOOK」データベースより)

インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまったアマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までをベテランジャーナリストが追った物語である。フィナンシャル・タイムズ紙、ゴールドマン・サックス共催ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー2013受賞!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 504ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249816
  • ISBN-13: 978-4822249816
  • 発売日: 2014/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,500位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
抑揚が少ない500ページ弱の長編。Amazon.co.jpで予約をし到着を心待ちにしたこの本を、僕は読み終えるのに少し努力した。冗長なわけではない。内容に重複があるわけでもない。それなのに読了にかかった負荷の主因がどこか。そこにこのレビューの価値を見出そうと、書き出す前しばし考えた。あげく自身にしっくりきた答えが『単調さ』。これほど有名な企業がいま世界中で他に何社あるだろうか。これほど身近なサービスがいま世界中で他にいくつあるだろうか。だからこそまだ明らかでないとっておきの秘密を知りたかった。だからこそもっとその変遷から何らかの感動し感銘を受けかった。しかしそんな勝手な期待が思ったほど得られなかったことに、この負荷の要因があるように思える。

500ページ弱は淡々と、Amazonという法人でなくジェフ・ベゾスという個人を一人称にした時系列で進む。ノンフィクションであるならば演出や誇張はむしろ禁物だが、それを少しは著者に侵してほしいくらい、既成事実や従業員(元従業員)の証言を元に客観性をもって語られていく。一足早かった全米での発売直後にベゾス氏の奥様がAmazon.comに星ひとつのレビューを載せ話題になったが、事実と異なる記載が目立つこととジェフ氏本人への取材やコンタクトがなかったことという採点理由自体も、この『淡々と』『客観的に』が貫かれた体裁が、逆に近すぎる
...続きを読む ›
コメント 174人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
翻訳があまり良くないので、英語で読む方が良いと思います。内容的にはジェフ・ベゾスの人格的な特異さ有能さと、Amazonの非情さとすごさがひしひしと伝わってきて面白いです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
IT経営者。キンドルが、アメリカみたいに新刊本を安売りしたら、たちどころに書店は
倒産して、大変な騒ぎになっていただろう。
黒船来襲って大騒ぎして、対抗策をだしたのは当然。だけども、電子書籍はこのように、
レビューなんかで楽しめるし、紙の本より軽くて持ち運びに便利だし、何よりも
無駄な木の伐採をしなくて良いので、資源保護にもいい。
アマゾンは便利だし安いし、ベソスの経営の才覚は批判されるけども、たいしたものだ。
その抜け目のないところが、きらわれているんだとおもう。
個人的には、ブックオフが好きで、あの経営者の俺のシリーズなんかは、経営的にいい気がする。
それとは違う経営者だけれども冷血漢みたいに、今は思われているけれども、
あと10年もすると、セブンイレブンみたいに、なくてはならないものになるんじゃないかな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
☆☆☆☆Amazonという企業の理念や文化と、それを植え付け、率いているジェフ・ベゾスという人物、更にはジェフ・ベゾスがAmazonという企業を率いて臨む野望を垣間み、想像させてくれる本です。
現代の市場経済で、大きな成長を遂げる企業の典型的なリーダーをもつAmazonは『弾み車』(自己強化する循環)に乗って成長を続ける。本のインターネット販売という、参入障壁の低い分野で起業し、創業2012年に618億円の売上を誇るまでに成長する。
低い粗利益率という、Appleの高粗利益率とは正反対の企業戦略で突き進んで、今ではこの低い粗利益率が最大の参入障壁になって、他の大資本の企業が参入を考えることすらできないほどに成長した。その当時のベゾスは
「小売店は2種類に分けることができます。どうしたら値段を高くできるのかを考えるお店と、どうしたら値段を下げられるのかと考えるお店です。我々が目指すのは後者です」
と言っていて見事にそれを実現し続けている。
この本のなかでは、具体的に彼の性格や人柄を表現するところは少ないが、実際のエピソードや彼の発言が、ジェフ・ベゾスという人物を読んでいる私たちに伝えてくる。

その幾つかを紹介します。
「我々に大きな強みはない。だから、小さな強みを編んでロープにしなければならな
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ページ数が多い割には楽しめた。色々な文章から引用しているが、どこまでが事実で推測なのか分からないところもあり、
ライト・ドキュメントノベルとして楽しめば正解か(その割にはページ数が多いが)。著者は必ずしもアマゾンやジェフベゾス
のやり方を礼賛しているわけではなく、失敗やカオス状態の社内事情も描写しており、バランスは取れている。

P282に出てくる元アマゾンの技術者であるスティーブ・イエギが、公開範囲設定を間違えてグーグルプラスに投稿した内
容がアマゾンの姿を浮き彫りにしている。「アマゾンは、さまざまな面で一流の会社だ----基本的に顧客から見たときには
そうで、社員から見るとそれほどでもない。でも、最終的に大事なのは顧客から見た場合なのだろうとも思う」

近江商人の心得に三方よしがある。「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。売り手と買い手がともに満
足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということとコトバンクにある。この伝で言えば、買い手(バイヤーとして
のアマゾンと顧客)良しだけのような気がする。

私はアマゾンのヘビーユーザーとして今後もアマゾンを支持するが、働きたいとは思わない。ただそこで働いている皆さん
には感謝したい
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー