中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫) 文庫 – 2009/1/8

5つ星のうち 4.3 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高階病院長の特命で、速水部長の収賄疑惑を調べ始めた田口だったが、倫理問題審査委員会による介入や、新人看護師と厚生労働省のロジカル・モンスターの登場でさらに複雑な事態に巻き込まれていく。悲願のドクター・ヘリ導入を目前に、速水は病院を追われてしまうのか。切り捨てられゆく不良債権部門・救急医療を守る男の闘いと、医療の理想と現実をダイナミックに描き出した傑作エンターテインメント。

内容(「BOOK」データベースより)

高階病院長の特命で、速水部長の収賄疑惑を調べ始めた田口だったが、倫理問題審査委員会による介入や、新人看護師と厚生労働省のロジカル・モンスターの登場でさらに複雑な事態に巻き込まれていく。悲願のドクター・ヘリ導入を目前に、速水は病院を追われてしまうのか。切り捨てられゆく不良債権部門・救急医療を守る男の闘いと、医療の理想と現実をダイナミックに描き出した傑作エンターテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: 宝島社 (2009/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796667695
  • ISBN-13: 978-4796667692
  • 発売日: 2009/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 334,173位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
毎回、濃いキャラがたくさんでてきて、つぼにはまるあだ名がつくのが笑えます。
意外な事に、黒崎教授がかっこよかった!決して相容れることはないけど互いが必要だと。見直したぜ!
花房と速水の今後は!?
15年前の城東デパート火災の再来のようなコンビナート炎上事故が起こり再び戦場となるが、速水のスーパードクターぶりがかっこいい。
ドクターヘリが導入することが出来ればいいが…速水が戻ってきてくれることを祈る!
テレビシリーズとは、少し違いますが本書もテレビも楽しめます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
チームバチスタの田口・白鳥コンビの第3作目。
私的には前作がやや失速していたので読むかどうか迷いましたが、映画化するのはこっちらしいので
こちらも読んでみました。
今回は外科医・速水が主人公ですが、意外なほどに魅力的に描かれています!
その一方で田口・白鳥コンビはあまり目立たず。
前作と関係しているので、こちらをより楽しむには前作から読んだ方がいいですが・・・
私的にはこちらはおススメですが、前作はあまりおススメできません。

今回は現在の医療現場の深刻さとリンクして物語のリアリティーが増しています。
本領発揮といったところでしょうか。
海堂作品の良さが再び見えてきた感じです。
ただ、落とし所はだいたい見当が付いてしまう点と後半の展開が無理があるのがちょっとマイナスポイントで
私的にはやはり「チームバチスタの栄光」がベストです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/1/9
形式: 文庫
オリジナルは2007年4月23日リリース。所謂『田口&白鳥シリーズ』の第3巻。圧倒的な筆力である。他の作家の書き方が単なる空想世界の縮こまった描写だとしたら、海堂氏のそれはまさに医療の現場の声そのもので出来ている。だからリアリティが凄い。現場の罵声が聞こえてくるような錯覚に陥る。

中でも外科医速水の男気溢れる生き様の描き方はまさに剛速球投手の筆力である。氏は今の医療の現場に欠けているモノ・・・例えばオートプシー・イメージング Autopsy imaging(Ai=死亡時画像(病理)診断)や、医師用緊急ジェット・ヘリが、どういった状況下で必要不可欠で、それを阻害する主因の行動しない口舌の輩が行動する人間を批判する体質(これは医療現場だけに限らないが)がどれだけ存在しているかを知らしめるために書いているとしか思えない。それだけに読むものは読んでいて眼が覚める。

それにしても海堂氏は理系だというのになぜにこんなに国語に強いのか・・・難解な漢字の弾丸に撃たれながら最後につまらないことを思った。間違いなく今最も素晴らしい作品を書いているのはこの人だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
救急救命センターの”血まみれ将軍”速水部長にスポットを当て、救急医療の抱える問題点を追求してゆくという内容。
この男、まさに「将軍」ばりに男気が溢れ、我がままで強引で、ハラハラするが、
医師として、またトップに立つ者としての類まれなるその資質にグイグイ引き込まれてゆく。
変人白鳥もさすがに影を潜めてしまうほどの存在感。

そうやって速水部長の熱のこもった仕事ぶりを生き生きと描きながらも、
物語の中核は一癖も二癖もありそうな個性的な医師たちによるディスカッション。
「バチスタ」では白鳥のロジカルな推理にかなりの神経を使ったが、
言葉で相手をやり込めてゆく白熱の論争を見ていると、一体海堂氏は理系なのか文系なのか分からなくなってくる。

犯人探しをメインとした「バチスタ」と違い、今回はよりエンターテイメント性の色が強い。
「誰が?」というよりも、「なぜ?」「どうして?」のほうに思考力を使ったが、物語としての完成度も非常に高いと思う。
ちなみに第二弾「ナイチンゲールの沈黙」は読んでいないが、特に問題はなかったように感じる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
白鳥の活躍が少ないのはちょっと残念な感じはするが、個人的にはバチスタよりも本作の方
が好みである。
特に、最後の大事故による救急救命のシーンは圧巻である。

どこまでがリアルでどこからがそうではないのかはわからないが、現場を知っている著者
ならではないだろうか。
日本の医療における救急医療の惨状を読者に強く訴える作品である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー