%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3+%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4+DVD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88+%5BB... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,309
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

5つ星のうち 3.4 56件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,309
価格: ¥ 3,106 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,203 (28%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 3,106より 中古品の出品:2¥ 2,398より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でジェイソン・ボーン (字幕版)を今すぐ観る ¥ 299 より

『ジェイソン・ボーン』特集
新章始動――『ジェイソン・ボーン』DVD&ブルーレイが予約開始。2017年3月8日発売。【Amazon.co.jp限定版 】はオリジナル三方背付き。 ⇒ 特集ページをチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルブルーレイ】 - ブルーレイ2枚 3090円などのセール情報や、初ブルーレイ化作品・新作など、NBCユニバーサルのブルーレイ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • +
  • バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]
総額: ¥6,824
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マット・デイモン, トミー・リー・ジョーンズ, アリシア・ヴィキャンデル, ヴァンサン・カッセル, ジュリア・スタイルズ
  • 監督: ポール・グリーングラス
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日 2017/03/08
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 56件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01LTHP0NO
  • JAN: 4988102500481
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 49位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督
進化を遂げた最高傑作アクション完成!

取り戻した記憶すべてが覆された時、新たな戦いが始まる。


■マット・デイモン×ポール・グリーングラス、最強タッグ復活!
前作から9年もの歳月を経て、最強のタッグが復活! アクションもドラマも破格のバージョン・アップを成し遂げ、シリーズ最高傑作の新章が誕生した!

■進化を遂げた究極のノンストップアクション!
世界中の都市を舞台に繰り広げられる、激しい銃撃、息詰まる心理戦、ド派手なカーチェイスなどのハイテンションなシーンの連続で、
格段に進化した新たなジェイソン・ボーンの世界が展開される。

■ストーリーに厚みを加える充実の競演陣!
本年度アカデミー賞助演女優賞のアリシア・ヴィキャンデルに、アカデミー賞を始め数々の受賞歴を誇る名優トミー・リー・ジョーンズ、
そしてボーンを追い詰める作戦員を凄みたっぷりに演ずるヴァンサン・カッセルらが、作品に更なる厚みを加えている。

【ストーリー】
ボーンが消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、元同僚であるニッキーはボーンを見つけ、彼にある真実を告げる。
それはCIAが世界中の情報を監視し、技術開発やテロ活動までをも裏で操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したというものだった。
姿を現したボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリーは、彼が最も求めているものを提供すれば、再びCIA側に取り込めるのではないかと考え始める。
しかし“史上最も危険な兵器"であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた・・・。

【キャスト】
ジェイソン・ボーン:マット・デイモン(平田広明) (『ボーン』シリーズ、『オデッセイ』)
ロバート・デューイCIA長官:トミー・リー・ジョーンズ(土師孝也) (『逃亡者』『メン・イン・ブラック』シリーズ)
ヘザー・リー:アリシア・ヴィキャンデル(竹内絢子) (『リリーのすべて』『エクス・マキナ』)
作戦員:ヴァンサン・カッセル(向井 修) (『ブラック・スワン』『トランス』『美女と野獣』)
ニッキー・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ(沢海陽子) (『ボーン』シリーズ、『世界にひとつのプレイブック』)

【スタッフ】
監督・脚本・製作:ポール・グリーングラス (『ボーン・スプレマシー』『ユナイテッド93』『ボーン・アルティメイタム』『グリーン・ゾーン』『キャプテン・フィリップス』)
脚本・製作総指揮:クリストファー・ラウズ (『ボーン・スプレマシー』『ユナイテッド93』『ボーン・アルティメイタム』『グリーン・ゾーン』『キャプテン・フィリップス』)
キャラクター原案:ロバート・ラドラム (ジェイソン・ボーン3部作)
製作:フランク・マーシャル/ジェフリー・M・ワイナー/ベン・スミス/マット・デイモン/グレゴリー・グッドマン
製作総指揮:ヘンリー・モリソン/ジェニファー・トッド/ダグ・リーマン

【特典】
ブルーレイ特典 (※)はDVDにも収録
・ボーンの復活(※)
・格闘シーンの裏側
(素手での殴り合い/密室での戦い/地下での戦い)
・アテネでの逃走劇
・ラスベガスでのクライマックス(※)
(混乱するシンポジウム会場/大通りの封鎖)

■製作:2016 アメリカ
■Disc枚数:2
■画面サイズ:16:9 スコープ・サイズ
■収録時間:123分

(C) 2017 Universal Studios. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

マット・デイモン主演、ポール・グリーングラス監督のタッグが復活したスパイアクションシリーズ第5弾。CIAの極秘プログラムが始動したと知らされた最強の暗殺者・ボーン。CIAのリーは、彼の追跡を開始するが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
おそらくこれまでのシリーズを見てきた人が本作を鑑賞するとジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の老いを感じると思います。
見た目もそうですが、アクションもこれまでに比べるともっさりというかカメラワークで誤魔化しているような感じも見受けられます。

しかし、これを「劣化」と捉えるのは違うのではないかと思います。
ちゃんとジェイソン・ボーンは年を取り、前作から本作までの間にも自分の存在意義に苦しみながら生きているということが冒頭のシーンの表情から読み取れます。

続編映画における「キャラクターの老い」と「俳優の老い」のバランスは非常に難しいところがあると思っているのですが、本作は本当にそのバランスが素晴らしいと思います。

一概に「今までのシリーズと比べて~」という見方ではなく、今までのシリーズからの流れを感じて見るのがいいのではないかと思います。

脚本はやや雑なところもあり手放しで全てを褒められる内容ではないと思いますが、アリシア・ヴィキャンデル演じる新キャラも魅力的ですし、続編映画としては十二分に楽しめる映画であると思います。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
普通に生きることが出来ないという設定は何とか理解できますが、トレッドストーンの真実は完全に後付けですね。ちょっと無理があると思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
全て物語が終わった後の続編に賛否があるのはわかります。ボーンシリーズのファンならあの登場人物の話をもっと観たい、まぁまぁな出来のものでも続けてほしいと思うのは当然の心理だと思います。ホビットなどそんな感じだと思うのですが。
しかし今作のボーンはそのまぁまぁですらない。面白い、面白くないの話ではなく、自分にはどうしても旧シリーズを否定している一本になっているとしか思えないのです。
冒頭からひどいです。ボーンは小汚い部屋のベッドの上で過去の記憶に苦しめられています。まだウジウジしてんのかコイツ、「スプレマシー」の冒頭でもやってたなと思ってしまいました。「アルティメイタム」のラスト、最後自分で泳いでいくシーンは、俺はもう水面を漂う死体のように流されやしないぜ、という己の未来へ向かう決意の表れかと個人的に思ってましたが違ったみたいです。
次にボーンは拳闘試合で小銭稼ぎをしています。お前「アルティメイタム」のデッシュ戦の後、暴力でしか解決できない己の無力さを憂いていたのに何してんの?
しかしこんなのまだ全然軽い問題です。一番の問題は今作でニッキーをぶち殺してしまったことです。
「アルティメイタム」の名シーン、タンジールでの追走は最高でした。ボーンは守れなかった亡き恋人の二の舞にさせまいと、自分より若く屈強な殺し屋からニッキーを守るために戦いま
...続きを読む ›
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
最早このシリーズにボーン・スプレマシーの頃の輝きは感じられない。
前3作まではボーンが過去の自分を辿るストーリーの中にその行動理念が感じられたが
記憶が蘇り全てに決着を付けたボーン・アルティメイタムのあのエンディングから新作に話を繋ぐのには無理がある。
新たなエピソードを制作する為に後出しで無理やりこじ付けた感が拭えない。

人を殺め争う事に嫌気が差していたはずのボーンが、ストリートファイトしているのは何故?
髪の色を変え命辛々逃げ出したジュリア・スタイルズが性懲りもなく地球の裏側からボーンと連絡を取り合うのも?
果てはボーンの親父さんの死の真相(笑)まで飛び出す。 前3作までは親父さんのおの字も出なかったのに・・・
ノーヘルのバイクで走行中に狙撃され路上に投げ出されても死なず、ビルの5階から転落しても死なない・・・
ベガスの街中でデイモンとカッセルがやりたい放題に暴れまわっているのにたった2人に対してのSWATや、軍が余りに無力すぎる。
国外ならまだしも、あれだけの事を米国内でしでかしながら顔も変えず国内を普通に歩けるのも??
余りにボーンが不死身過ぎる事とご都合主義の展開に興覚めしてしまう。当初の設定ではこんなんじゃなかったはず・・・
コンクリン、アボット、ノ
...続きを読む ›
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
1回目観たときは、「アクションは派手だし、世界各地でのロケもあって、従来通りだけどマンネリだな」と思いました。しかし、もう1度観てみたところ、もの凄く良かった。1回目の時は、自分が複雑なストーリーをよく理解していなかったためマンネリだと思ってしまったことに気づきました。今回のこの映画は、「ストーリーの理解」が肝で、何回も観直すこと=DVDで観ることを前提に作られた作品なのではないか、とさえ思えました。私は昔、映画「マトリックス」が理解できず、DVDを3回観てやっと理解できるようになったほどなのですが、このDVDも何度もじっくり観れば、新たな発見や気づきが生まれ、素晴らしさがわかってくると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー