中古品:
¥ 2,980
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [アマゾンFBA倉庫より発送!]レンタル品ではありません。多少ヤケ、スレキズありますが、全体的には良好です。☆当店では商品をクリスタルパックでの包装をする事により、保管時のキズ・汚れを極力防ぐ様心がけております。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。動作不良等ありましたらアマゾンの返品規定に沿ってご返金致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ジェイコブス・ラダー [DVD]

5つ星のうち 4.4 62件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ティム・ロビンス, エリザベス・ペーニャ, ダニー・アイエロ, マコーレ・カルキン
  • 監督: エイドリアン・ライン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 1999/12/10
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 62件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FXIS
  • JAN: 4988102507619
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,390位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

昼は幻覚や幻聴に悩まされ、夜は悪夢にうなされ続けるベトナム帰還兵の体験する恐怖を描いた、虚構と現実が交錯する衝撃のサイコ・スリラー。

レビュー

ティム・ロビンス主演による心理サスペンス。悪夢とも現実ともつかない日々を送るベトナム帰還兵が味わう恐怖を描く。@5
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作総指揮: マリオ・カサール/アンドリュー・G.ヴァイナ
製作: アラン・マーシャル
監督: エイドリアン・ライン
脚本: ブルース・ジョエル・ルービン
撮影: ジェフリー・L.キンブル
音楽: モーリス・ジャール
出演: ティム・ロビンス/エリザベス・ペーニャ/ダニー・アイエロ/ジェイソン・アレクザンダー/ブライアン・タランティーナ/ヴィング・ラームス/ブルイット・テイラー・ヴィンス/アンソニー・アレッサンドロ/エリック・ラ・サル
声の出演: 山寺宏一/佐々木優子/飯塚昭三/高宮俊介/田中正彦/福田信昭/辻つとむ/古田信幸/稲葉実
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 とり トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/27
形式: DVD Amazonで購入
ティム・ロビンスの涙が印象的で、ジャケットから受ける印象とは逆に透明感すら感じられた。またエリザベス・ペーニャは初めてみた女優だが同性から見ても色っぽく魅力的、ブレイク前のMカルキンは純粋無垢。すべての役者がはまり役。

序盤から恐ろしい映像の連続なので、緊張して次の場面にそなえて体が硬直して疲れた。だがその恐怖心はジェットコースターの「登り部分」のみを繋いだ感じ、「来るぞ来るぞ」と想像力をかきたてるものの実際に不快な場面はあまり表現されない。見えても断片的。途中からはある映像の繰り返しなので慣れてくる(顔のみが素早く動く、例の映像)。それで生理的不快感が(個人的には)なかった。ぽろぽろ流れるティム・ロビンスの涙や、フラッシュバックする戦地の映像の光、あたたかな家庭での青い光で、視神経が浄化される心地。本作の空しさ、救いのなさは、戦争や国家体制にあり、作品そのものにはない。監督の意図がもしそこにあるのなら、大真面目に仰々しい反戦映画にせず上質なホラー映画に仕上げたところにスマートさを感じる。しかしストーリー的に観賞後ひどく空しくなるので、血みどろ映像がダメな人は勿論、ウツウツした気分の時には見ない方が良い。

(オチに触れています・見ていない方は以下読まないで鑑賞されることをおすすめします)
『ステイ』のレビューにて、よく本作が比較
...続きを読む ›
6 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 南条メチャ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/11/5
形式: Blu-ray Amazonで購入
以下は作品内容ではなく、DVD版(1999年発売)との画質や音質などを比較した結果についてレビューです。
42インチTV・5.1ch外付けスピーカーで視聴。

画質はボケた感じがなくなり、とにかく発色がかなり良くなっていて、クリアさがUP。
コントラストも上がり、暗い場面もストレス皆無です。
DVD版では結構出ていたフィルム傷やゴミも綺麗に除去されていて、
非常に丁寧にHD化されていると思います。
この画質なら、DVD版からの買い替えを検討されている方にもオススメできますよ?という感じです。

音声は、DVD版では英語・日本語共にDolby Digitalだったものが、
このBlu-ray版ではスペックアッ
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
旧約聖書の「ヤコブの梯子」を基に、現実と夢(幻覚)の狭間で翻弄されていく主人公の不可思議な体験を描く。

オカルト・ホラー、陰謀系スリラー、サイコ・サスペンス、戦争の恐怖、死生観など、
さまざまな要素を絡めている映画という印象を受けました。
現実と夢と幻覚が入り乱れるような、妖気漂う暗示的かつ不条理な世界が繰り広げられます。
CGを使わず特殊メイクなどで表現された生理的に気持ち悪い映像は、パラノイア系のホラーが好きな人は必見。

大傑作ではなくとも、いつまでも心にトゲのように残る作品ではないでしょうか。
登場人物たちの聖書に因んだ名前が、この映画のポイントになっています。
主人公を演じた長身でモッサリしたティム・ロビンスの鬼気迫る演技も見応え十分です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/9/25
形式: Blu-ray
とにかく豪華なスタッフでした。監督がナイン・ハーフ、危険な情事のエイドリアン・ライン。脚本がゴースト・
ニューヨーク幻の作者、ブルース・J・ルービン。音楽はアラビアのロレンスをはじめ3度のアカデミー賞
に輝くモーリス・ジャール、そしてホームアローンのマコーレ・カルキンも出演。

ベトナム帰還兵のジェイコブは地下鉄のなかで悪夢を見るわけだ。それは何者かによって腹を刺される
シーンだ。そこから夢なのかそれとも現実なのか訳がわからないような悪夢に襲われるようになる。

光をたくみに描いていた作品で、恐らく光というのは黄泉の国から届くものではないだろうか。光
を見せるという手法は映画ではけっこうあるんです。おおよそ天国とかあの世からのお迎えを意味
する演出なんです。ヒートという作品でも死の間際デ・ニーロが光を見るシーンがあるんだけど、あれ
はヒートの監督が使った手なんです。

この作品は全編にSFXを駆使した悪夢のシュールなイメージで巧妙に張り巡らされた伏線、妄想と
現実が複雑に混じり合うストーリー、ノイジーで刺激的なサウンド、そして衝撃の結末までまったく目が離
せない。事故死したジェイコブの息子で、この作品を幻想の世界へと変貌させる重要なカギを握る
少年マコーレ・カルキンの存在が印象的でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー