シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディショ... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスクのクリーニング(研磨処理等)済です。 プチプチと封筒での梱包で、ゆうメール又は飛脚メール便での発送になります。 その他情報につきましては、ストア情報をご確認下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: 有限会社まほろば(年中無休で営業)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.3 125件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,037
価格: ¥ 2,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 37 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、かばいち堂 【古物営業許可証:第651010000548号】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオシークレット ウインドウ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • パブリック・エネミーズ リミテッド・バージョン [DVD]
総額: ¥2,396
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョニー・デップ, ジョン・タトゥーロ, マリア・ベロ, ティモシー・ハットン
  • 監督: デビッド・コープ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2005/12/16
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 125件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BVVFOI
  • JAN: 4547462026248
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 52,095位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ミステリー作家のモートのもとにシューターという男が現れ、モートに「俺の小説を盗作したのだから、俺の名前で出版しろ」と要求してきた。たちの悪いストーカーと判断したモートは相手にしなかったが、シューターが持ってきた原稿を見た彼は愕然とする。それは彼の『秘密の窓』という小説と酷似していたのだ。
   スティーブン・キングの原作『秘密の窓 秘密の庭』をジョニー・デップ主演で映画化。小説が書けなくなり、怠惰な生活を送っていた作家が、ストーカーに執拗に追われることで、精神的に追いつめられていく。そんな主人公をジョニーが細部に渡るまで丁寧な役作りで魅せる。ボサボサの頭、だらしのないバスローブ姿、落ち着きのないふるまい、シューターの異常な行動に恐れおののく姿など、全編ジョニーのひとり芝居を見るようだ。シューターの異常性を際立たせたジョン・タトゥーロの不気味な芝居を見応えあり。ちなみに結末は小説とは違うので、見てから読んでも、読んでから見ても、ミステリーの楽しみは失われることはないところもうれしい。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

人気作家モート・レイニーの前に突然現れた謎の男シューターと、身に覚えのない盗作疑惑。そしてシューターの正体を探る者、彼の姿を見た者たちが次々と命を落としていく…。スティーヴン・キング原作×ジョニー・デップ主演で贈るサスペンス・スリラー。「BEST COLLECTION 1980」第1弾。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
男から見ても色っぽい、ジョニーデップ主演のミステリーサスペンスです。
また原作は、「スタンドバイミー」や「ミザリー」、「グリーンマイル」の
スティーブンキングで、ジョニー扮する小説家に、盗作だと因縁をつけてく
る男が現れて…、といった面白そうな設定です。
話は分かりやすく作ってあり、ミステリーサスペンスのトリックに慣れてい
る方は、序盤で謎が分かってしまうと思います。
そのため、この手の話を、謎解きをメインにされる方は多少ガッカリするか
もしれません。
とはいえ、話の構成はきちんと組まれていて、テンポも良く、きちんと見さ
せてくれる作品になっています。
ですから、ミステリーサスペンスに慣れていない方は、心から楽しめるかも
しれません。
主演のジョニーデップは神経質な小説家という役を見事にこなしていて、雰
囲気が良く出ています。
またジョニーデップは、衣服が乱れても、髪が乱れても、変な表情をしても、
格好良くて色気がありました。
こんな格好いい男に一度でいいからなってみたいと思わせる一人でしょう。
ジョニーデップのファンにとっては、彼がメインでほぼ常時出ているので、
大満足な作品でしょう。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 you are shock VINE メンバー 投稿日 2015/3/8
形式: DVD
ジョニーデップのサスペンスホラー。
カメラワークもいかにもサスペンスチックではあるが、
それもデップの表情がモノをいう。
そこそこ著名な作家の、内なる葛藤が現実と幻覚となって現れる。
全てが現実?それとも幻覚?
ストーリーが進むにつれ、怖さが増す。
そこでも、やはりデップの表情がモノをいう。

パイレーツをはじめとした、おトボケキャラとは全然違う、
シリアスな演技が流石。デップファンなら、必見でしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
結構、面白く見ました。原作者の作品の傾向から、かなり早い段階で筋が読めたという方も多かったですが
自分は全くそれが分からなかったので、ずっと映画の内容に没頭して見てました。
かなり後半になって、「2人で居たところを見たはずだ」と尋ねられた人が、「いや、1人だった」というあたりで、ようやく
「あれ?」と気付きました。元奥さんが、初めて見る元夫の異様な態度と表情に恐れおののくラストのほうは不気味でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2016/10/23
形式: DVD
ジョニーデップは顔芸が出来る役じゃないと光り輝かないんでしょうか。
フェイク以来普通の人間の役で良かったためしがないような・・・

数年おきにロードショーでやっているのでついつい観てしまいますが年を経ても全く評価を変えることが出来ない「普通」の作品。
何年か経つと味わいが変わる作品も結構あるのですが本作に至っては全く変わらない。

ネタバレ云々ということを言いたくなくなるほどの展開ですし、制作された年ですらそのネタをもう古いよって題材だったので本作の見どころはおそらくそこじゃないんですよね。
ただ毎度それに気が付けない残念な作品。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
スティーヴン・キング「秘密の窓、秘密の庭」を原作として映画化したものだが、見応えのある作品に仕上がっている。作家である主人公(ジョニー・デップ)の元に、自分の作品を剽窃されたと訴える"不気味"な謎の男(ジョン・タトゥーロ、まさに好演・適役)が訪れる所から物語から始まるのだが、全編に漲る緊張感で観る者の心を掴む。カンの良い方は、途中でマーガレット・ミラー風の作品だと気付くかもしれないが、そんな事はモロともしない充実した創り。また、スティーヴン・キング程の大家でも剽窃を気にするのかと変な点も印象に残った(原作では作家の心理の弱さをもう少し強調している)。

ジョニー・デップとジョン・タトゥーロの演技合戦も凄いが、何と言っても、全編ほぼ出ずっぱりのジョニー・デップの演技が素晴らしい。ボロ衣を纏い、ポテトチップをほおばるカウチポテト(死語?)スタイルの前半から、後半での鬼気迫る演技まで、まるで舞台劇を観ている様な迫力である。どんな役でも器用にこなすジョニー・デップだが、その演技力を発揮したという点では、本作は一、二を争うのではないか。見事な心理サスペンスに仕上がっている。

上述した通り(スティーヴン・キングを通して)作家の悩みを窺い知れると共に、ジョニー・デップの縦横無尽な演技力を味わえる優れたサスペンス映画だと思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー