この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.3 134件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオシークレット ウインドウ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョニー・デップ, ジョン・タトゥーロ, マリア・ベロ, ティモシー・ハットン
  • 監督: デビッド・コープ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2005/04/22
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 134件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00064LI8S
  • JAN: 4547462016836
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 72,651位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ミステリー作家のモートのもとにシューターという男が現れ、モートに「俺の小説を盗作したのだから、俺の名前で出版しろ」と要求してきた。たちの悪いストーカーと判断したモートは相手にしなかったが、シューターが持ってきた原稿を見た彼は愕然とする。それは彼の『秘密の窓』という小説と酷似していたのだ。
   スティーブン・キングの原作『秘密の窓 秘密の庭』をジョニー・デップ主演で映画化。小説が書けなくなり、怠惰な生活を送っていた作家が、ストーカーに執拗に追われることで、精神的に追いつめられていく。そんな主人公をジョニーが細部に渡るまで丁寧な役作りで魅せる。ボサボサの頭、だらしのないバスローブ姿、落ち着きのないふるまい、シューターの異常な行動に恐れおののく姿など、全編ジョニーのひとり芝居を見るようだ。シューターの異常性を際立たせたジョン・タトゥーロの不気味な芝居を見応えあり。ちなみに結末は小説とは違うので、見てから読んでも、読んでから見ても、ミステリーの楽しみは失われることはないところもうれしい。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

2004年秋に全国劇場公開された、ジョニー・デップ主演の「シークレット・ウインドウ」をパッケージ化。人気作家モート・レイニーの前に突然現れた謎の男シューターと、身に覚えのない盗作疑惑。そしてシューターの正体を探る者、彼の姿を見た者たちが次々と命を落としていく…。スティーヴン・キング原作×ジョニー・デップ主演で贈るサスペンス・スリラー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
結構、面白く見ました。原作者の作品の傾向から、かなり早い段階で筋が読めたという方も多かったですが
自分は全くそれが分からなかったので、ずっと映画の内容に没頭して見てました。
かなり後半になって、「2人で居たところを見たはずだ」と尋ねられた人が、「いや、1人だった」というあたりで、ようやく
「あれ?」と気付きました。元奥さんが、初めて見る元夫の異様な態度と表情に恐れおののくラストのほうは不気味でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
最初でほとんど結末が語られてしまっているようなw
火事の手前くらいから展開が読めてしまったのは計算通りなのかな?
ミステリーとかサスペンスファンには辛い展開な感じがします。
そこさえ目を瞑ればよい作品かと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 紺青 投稿日 2017/8/7
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
同じことの繰り返しなので、途中で予想が付いてしまいました。
完璧主義の芸術家によくある物語だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
湖畔で1人暮らす小説家のモート・レイニー(ジョニー・デップ)の”心に焦点を当てた”ミステリー作品です。
ある日、モートの家にシューターと名乗る謎の男が訪れてきて、モートが書いた小説のひとつが自分の作品の盗作ではないかと言ってくる。
そんな訳はないと一蹴するモートだったが、シューターという存在が表れて以来、自信の周囲で消えていく知人達。
自信と周囲の人々の身を案じながらもシューターと対峙し、事件の核心に迫っていくモート。
果たしてシューターとは何者なのか…、答えが分かったその先に待っているものは!?

全編を覆すラストは他になさそうである感じの結末です。
ああ、そのパターンねみたいな。
後半でラストの落ちが分かりましたが、それでも程よい緊張感にハラハラしながら観ることが出来ました。
役者の演技もよくそこは安心して観れたので良かったと思います。
ジョニー・デップの最初と最後のキャラの演じ分けも良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
私が過去に観たお気に入りの洋画で悪が勝つ内容の物は【隣人は静かに笑う】以来の作品でした。
勿論、これもお気に入りになりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 木こり 投稿日 2013/4/14
形式: DVD Amazonで購入
ジョニー・デップの魅力に引込まれてしまいます。
他の作品でも同様の事がいえるかも知れませんが、
個人的には、とても気に入っている作品です。
(ジョニーマニアでは無いので、幾つか見た感想です。)

個人的には、『恐怖のメロディ』とか好きな人に
オススメだと思います。

                      以 上
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
偶然昨日「シャイニング」を観ていたので、主人公が作家で「レッドラム」や「シューター」の文字遊び?も似ているな~と思っていたら、原作が同じキングだったのですね。
映画自体はなんかとても普通でオチも早いうちからわかってしまって残念でしたが、両作品に通じる、作家が抱えている狂気。キングの内面もこうなのか、などと思ったら途端にうすら怖くなりました。
ラストはジョニーの演技と相まって背筋がぞくっとしましたが、この感じが全編を通して感じられたらな~と少し残念に思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
予備知識ゼロで見ました。
謎の真相が知りたくて最後まで、一直線で鑑賞できました。

終盤から一気に、真実が露呈するのですが、意味がわからなくて逆に狂気を感じました。

実際に、錯乱してる状態とは現実と妄想の境目がないリアリティの怖さを感じます。
浮気した妻のラストは不謹慎ながらカタルシスがありました。

もう一回、最初から見たら色々と深い発見がありそうなタイプの映画です。
映画で表現するのが難しそうな内容を短い時間で、うまくまとめている良作です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray
はじめに映像がすごく綺麗だなと思いました。
作品に出てくる外車もとてもキュートです。

山の中の隠れ家の様な一軒家と、ジョニー・
デップとそこに現れる謎の男の出だし。少し狂気を含んだコントラストが、どんどん狂気に呑まれていく。
翻弄される主人公と周囲の人物が、可哀想になってきます。

個人的に、元奥さんの浮気からの離婚調停、「あなたが悪いのよ!」といった電話。そのめんどくさい奥さんと同じくらいめんどくさい間男。すごく腹立たしかったので、殺されるシーンには興奮の交ざりゾクゾクしました。

主人公が、自分が殺人を起こしたのだと気付くシーンは、精神障害者の感覚を映像で見事に映していたと思います。錯乱している状況と、幻覚と幻聴と記憶喪失(多重人格)の表現が、「こんな風に世界が見えてる人もいるのか」と考えさせられました。
最終的に、保安官に「なにか?」といった様な顔の主人公。人格がまた入れ替わったのでしょうか。その無邪気な顔も、さらなる狂気に感じました。

この物語の本質的な恐怖は、「自分が気に食わなかった自分の作品をこの世から消したい、塗り替えたい」という思いだけでここまで、人格を変えて人を殺したり、家を放火できてしまうことだと思いました。
他にも嫌なことはたく
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。時計 メンズ 防水時計 電波時計 電波 腕時計腕時計 カシオ防水とけい 腕時計電波腕時計 メンズ