通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。帯なし、カバーに若干スレがありますが、その他は状態良好、非常にきれいです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書) 新書 – 2006/10

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 182

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)
  • +
  • 中東イスラーム民族史―競合するアラブ、イラン、トルコ (中公新書)
総額: ¥1,792
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、その実態とはいかなるものなのか。彼らの起源から、多数派のスンナ派と異なり、政治志向の強い宗教指導者が君臨するシステムを解明し、その実像を伝える。

内容(「BOOK」データベースより)

イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、その実態とはいかなるものなのか。彼らの起源から、多数派のスンナ派と異なり、政治志向の強い宗教指導者が君臨するシステムを解明し、その実像を伝える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 262ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2006/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121018664
  • ISBN-13: 978-4121018663
  • 発売日: 2006/10
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,056位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
十二イマーム派を中心とするシーア派を扱った概説書。

これまで、シーア派に関する比較的纏まった日本語の概説書が存在しないことは、

諸多の研究者の方から指摘されていたことなのですが。

ようやく出たな、という感じでしょうか。

ただ、

著者の桜井啓子氏は、主として現代のシーア派、

特にイランを中心とする十二イマーム派の社会・政治を御専門とされておられるためか、

本書においても近現代以降に関する記述に重点が置かれており、

「シーア派からみたささやかなイスラームの入門書」(「まえがき」)というよりは、

「近・現代におけるシーア派(十二イマーム派)社会の政治動向とその性格」

に関する本、という風に考えて読む方がよいかもしれませんね。

いずれにせよ、

巻末の主要参考文献一覧、マルジャア・アッ=タクリード一覧なども含め、

この方面に対して関心を抱く人にとっては有用な情報を多く含む本だと思います。

シーア派ならずとも、イスラームというものに興味をお持ちの方ならば、

一読されてみても損にはならないかと。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ishilinguist トップ1000レビュアー 投稿日 2006/12/3
形式: 新書
 ただでさえ日本人はイスラム圏にはなじみが薄いのに、その中でも少数派のシーア派となると、ニュースで目や耳にすることはあっても、どんなものか説明できる人はごく少数であろう。しかし今日では、イスラム教やシーア派の問題も他人事ではなくなりつつあり、正確な知識や認識が求められている。
 本書は新書という手軽な形でシーア派に関する知識を提供してくれる。本書はムハンマドの時代のイスラーム成立期と近現代を中心とした通史を示す。年表や図表、事項索引もつけられ、非常に親切ではあるが、やはりある程度の世界史的な教養や常識があることが望まれる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 糸音 VINE メンバー 投稿日 2007/7/19
形式: 新書 Amazonで購入
ここ数年、イスラムに関係する書物はかなり多く出版されてきている。それはそれで喜ばしいことだが、宗派としては主流派であるスンニ派、民族としてはアラブ民族が中心となって描かれいるものが多い。しかし、イスラムはスンニ派やアラブ人だけで語りきれるものではない。

そこでこの書である。シーア派を中心に扱った一般書というのは結構珍しいのではないか。
また、シーア派というとイコールイラン、という論調も強いが、イラク戦争後、注目される通り、シーア派アラブ人という存在も決して珍しい存在でもない。
シーア派を語るにもイラン一辺倒でなく、一方の雄であるアラブ人についても十分に意を尽くしてシーア派の起源、教義、習慣、歴史について述べている。勿論、何故イランでは宗教勢力を中心とした革命が起きたか、聖職者を中心とする政権を支える原理は何か、といったイランの政治・社会を知るための重要な知見も提供されている。同時にイラクのシーア派とイランのシーア派の複雑な関係の背後にある歴史的な葛藤も見えてくる。
その記述はシーア派の中の主流派である12イマーム派を中心としている。これまではイスマーイール派などシーア派の中でも異端の分派が必要以上に強調されてきたという印象もあるのでなお喜ばしい。

今後のイスラム社会の動向を占う上で、シーア派の動静は無視できな
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
イスラム教に無知で、スンニ派もシーア派も違いが分からない僕にとって、大変ありがたい文献でした。
多分、これは入門書に過ぎないのでしょう。でも、僕にとっては入門書で十分。スンニ・シーア対立とか、イランはシーア派政権で、イスラム革命を進めようとしていることが何を意味するのかとか、とにかくちんぷんかんぷんな僕にとってとても参考になりました。これで僕もちょっとは知ったふりができます。
本書の解説はとても丁寧で親切。色んなreferenceに役立つと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告