中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、表紙に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 406167
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シンプリシティ (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2000/11/7

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

情報化が進み、スピードが強調される時代は危険だ。事の重要度を判別できず、ムダな作業とデータばかりが膨張し、組織は混迷する。現場の働きやすさ―これだけを基準に、「単純明快な会社と仕事」を再構築しよう。その具体的方策が「シンプリシティ」だ。

著者について

ビル・ジェンセン (Bill Jensen)
情報構築者。
変革とコミュニケーションのコンサルティング会社「ジェンセン・グループ」の社長兼CEO。シンプリシティの原則を、ビジネスの現場と組織設計に適用させるエキスパートである。「シンプルになること」に関して講演・執筆活動を広く展開中。米ニュージャージー州のモリスタウン在住。
<訳者紹介>
吉川明希 (よしかわ・あき)
翻訳家。訳書に『デルの革命』(日本経済新聞社)など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 390ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2000/11/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532190010
  • ISBN-13: 978-4532190019
  • 発売日: 2000/11/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 590,599位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
アメリカ版「超??法」かと思っていたが、実益的な戦術レベルのことはあまり書いていなくて、概念的な話しが主体であった。翻訳のせいかどうかわからないが、頭にすんなり残らない部分も多かった。
しかし、最近の調査プロジェクトを通じて得られたいろんな人の言葉を巧みに引用しながらの問題点の指摘、仕事を複雑化させる主要因の分析、ビジネスツールとしてのストーリーテリングの説得性、良質のコンテンツ設計の重要性、アンダーセンのナレッジ・インテグレータという職種、知識の構造を中心として事業を組み立てることなど、考え方には新鮮な部分が多かった。
中でも、「社員に対しては相互協力による大きな成果を望みながらも、そのインフラ的な役割を果たすシステムがまったく統合されていない」、「業績管理情報と組織内協力のための情報の間にある境界を破壊すること」など、一般の従業員の働く立場でマネジメントが環境整備を考える必要があることが最大のメッセージであった(マネジメントは往々にして自分たちが使用するための管理システムのみ充実させようとする)。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/7/6
形式: 文庫
「本書は、重要性の低いことへの労力を軽減し、重要性の高いことへ多くの労力を集中できるような、『ルールの変革』を主題としている」。

時間の使い方、プランニング、コミュニケーション、信頼、知識の共有、チェックと取捨選択、ユーザ中心主義、現場志向、ナビゲーション、そしてリーダーシップ。あらゆる角度から知識労働の現場について再考し、変革する考え方の基本について説いている。「まったく、その通り」と、うなずきたくなる部分がたくさんある。正面からこれらの主張に反論する人はほとんどいないのではないか。

一方、世の中の知識労働の生産性は、本書が書かれた時点から劇的に向上しているとは思われない。現代の社会人が読むべき価値のある素晴しい一冊だが、理想と現実のギャップというものをこれほどいたるところで強く感じる本も珍しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 われわれはナレッジ・マネジメントの名のもとに情報の共有化、結合化を図る。しかし、そこでは往々にして仕事を複雑(コンプレキシティ)にしているのではないか。混沌(カオス)に導いているのではないか。第一線で働く社員の80%、マネジャーの60%は自分に必要な情報は何かがわからず、また入手可能な情報も意思決定に生かすことが出来ないという。それは現在の企業は誰かが解答を出し、それを他の人に知らせるという形が前提であるからだ。
 そこでシンプリシティーである。それは簡単、単純、明快という意味の上に、現場で働く人間の選択や意思決定を容易かつ的確にする「正しい秩序」を指す言葉として、ツールとして定義づけられる。本書は、仕事の明快化に向けた「時間の使い方を変える」ための要素!、「現場のニーズから遡って考える」ことのできるシンプルな企業に変わるための要素を紹介している。
 未来の企業、極めて成熟した企業像を示した内容である。顧客ニーズに基づいたプロジェクトの提案から始まり、エクゼクティブの審査・決済と予算化といったボトムアップ型の企業像が描かれている。「複雑な」トップダウン型から進化した「シンプルな」企業に多くの日本企業は変わることができるのであろうか?!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告