通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■2017 4刷 きれいです。きもちよくお読みください。 ■帯付 ■カバー:よれなし 汚れなし ■本書日焼け:なし ■書込み:なし ■折れ:なし ■カバークリーニング済 ■Amazon専売品 ■防水密封梱包 ■配達状況が追跡できるネコポス便発送(ポスト投函) ■海外SAL便 ■毎日発送 ■発送メールでお届け予定日をお知らせ・領収書同封 ■発送元:川崎市麻生区 ■コンディションは基準に則っていますがあくまで主観であり中古品です。 ■配送をお急ぎの方は、ご購入後 "商品配送について" でご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/22

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
  • +
  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 226pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2045年、これが私たちの衝撃の姿だ!

未来学者として技術的特異点の到来をいち早く予見し、人工知能(AI)の世界的権威として現在はGoogle社でAI開発の先頭に立つレイ・カーツワイル。彼が世界に衝撃を与えた名著『ポスト・ヒューマン誕生』(2007年小社刊)のエッセンスが一冊に! AIが人類の知性を上回り、私たちは生物の限界を超えてついにシンギュラリティへと到達する──。

内容(「BOOK」データベースより)

2045年、AIが人類の知性を上回り、ついに私たちは生物の限界を超えてシンギュラリティへと到達する―フューチャリストとして技術的特異点の到来をいち早く予見し、現在はAI(人工知能)の世界的権威としてGoogle社でAI開発の先頭に立つレイ・カーツワイル。彼が世界に衝撃を与えた600ページ超の名著『ポスト・ヒューマン誕生』のエッセンスを抜き出した決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: NHK出版 (2016/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 414081697X
  • ISBN-13: 978-4140816974
  • 発売日: 2016/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,041位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 K トップ1000レビュアー 投稿日 2016/5/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
 原著の『The Singularity Is Near: When Humans Transcend Biology』は2005年出版(和訳は2007年)で昨今話題に上がることの多い2045年問題の原点とも言うべき書籍であり、本著はそのエッセンス版です。
 アルビン・トフラーの『第三の波』など、先んじる著書はたくさんあるのですが、機械による人類超越の達成までのアウトライン(と期日)を細かく書いたのはカーツワイルが初めてだったのではないでしょうか?本著の内容は、2007年に出版された『ポスト・ヒューマン誕生~コンピュータが人類の知性を超えるとき』の600ページにも及ぶ内容から重要な部分だけを抽出し(冗長的な部分を省き)、編集部の「あとがき」を新たに書きくわえたものになっております。

 ちなみに、読み違える人が多いのですが、人工知能自体が人間を超えるのは2029年であり、全人類の知能を1台のコンピュータが超越するのが2045年です。収穫加速の法則など、細かな部分の認識も人によっては齟齬があるように感じます。読みやすくなった本著により、2045年問題の考え方が正しく一般的に広まってほしいです。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 2005年に書かれた本なのだが、今見ても色あせないというか、この本に書かれた未来がそのまま起きているような気がしているので読んでいてどきどきしてしまう。この本で何を感じたかというと、大きな一つは〝希望〟だと思う。
 閉塞感に覆われた今の日本や世界の状況が一変していくかもしれないという希望・期待を感じることができる。変化は静かに着々と進んでいくといったような旨が書かれていて、確かに数年前にスマホで地図を瞬時にみたりは不可能であって、それが今は当たり前、一気に変わったわけでなくちょこちょこと変化は起きた。そのようにして、人間も体内にナノロボットが入り、老化しなくなったり、働く必要すらなくなるかもしれない可能性を示唆していたりする。
 そんな発展が悪い方向に行くこともチラチラとは感じるものの、著者の考え方が楽観であるから、やはり希望しか感じない。今はキツイなぁ、と思った時に10年後、20年後に思いを馳せて、将来は楽になるか、と、ちょっと気持ちが楽しくなる本だったりする。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まあまあ。

前半は難しいので流し読みをしてOK。
おもしろくなるのは後半からだ。

「シンギュラリティ=人工知能が人間を超越する」という解釈をしている人も多いかと思うが、それは正しくないことがまず説明されるだろう。

シンギュラリティは医療、戦争、文化に「もう後戻りできないくらいの変化」をもたらし、(一部の人々に対して)「“私”とは何者なのか?」という疑問を抱かさせる。
細かいところにいいことが書いてあったりするのだが、初めて読む場合はざっくりと概要がつかめれば問題ないのではないだろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
一見、衝撃的に思えるも、冷静に考えるとこの方向に進むのは確実だろう。心の準備だけでもしておくと良い。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 中野敦雄 投稿日 2016/6/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本に書かれている内容の10%程度しか理解できていないかもしれないが、その内容の壮大さは僕を圧倒した。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ほぼ確実に来るであろう未来の姿を予見。
収穫加速の法則によって加速度を増す進歩は、
人間が絶滅しない限り止まらないだろう。
人間は機械と融合し、まさしく神のような存在になる。
当然、無数の失敗や犠牲が発生するだろうが、
それさえも高速で行われあっという間に過ぎ去っていく。

ただ、気がかりなのは本当に、ホモサピエンスが、
生物と機械をブリッジする存在なのか?ということ。
それを前提に進められているが、
たぶんそのことは間違いないんだろう、と思われる。

果たして機械と融合したあとの人類は人類たり得るのか?
興味深い事柄が多く勉強になった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
面白い本でした.時間に余裕のある方は是非見ていただきたいです.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー