中古品
¥54
+ ¥250 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に少しスレ、ヤケ、ヨゴレがあります。カバーに小破れがありますが読むには問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


シルクロード 遺跡と現代 (日本語) 単行本 – 1998/3


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

大草原と広野のひろがるユーラシア大陸を自由にさまようことを夢み、ヒマラヤやチベットに憧れた著者は、一九六七年にはじめてヨーロッパやソ連、中央アジア、パキスタン、インドをまわりユーラシアを一巡した。そして一九七一年には車で一八○日をかけて、ユーラシア大陸四万キロの道を放浪。以来三○年にわたり、中央アジアやチベット、インドなどをくりかえし歩いてきた。その間、チベットで高山病に倒れ、チャンタン高原では危うく命を落としかけた。なぜそんな危険をおかしてまで辺境の旅を続けるのか。著者は、山への憧れや、歴史家としてシルクロードの歴史や遺跡に関心を持つ以上に、そこに暮らす人々がどう生きているのか、どんな状態にあるのかに重大な関心を寄せる。 本書では、六○年代からの旅で見つめ続けたシルクロードの歴史、風土、社会の変貌を歴史家ならではの視点から語る。とくにソ連崩壊後の中央アジアがかかえる民族紛争によって激変した国々についての記述に力をそそぎ、「なぜシルクロードは平和でありえないのか。こうした現実から眼をそらしてシルクロードの詩情にひたり、歴史懐古にだけ耽っていることはできない」と綴る。著者30年にわたるシルクロード紀行の総集編。

出版社からのコメント

60年代からの数度にわたる旅で見つめ続けたシルクロードの歴史と風土、さらに、ソ連崩壊後の中央アジアがかかえる民族紛争にもふれつつ、そこに生きる人々の生活と社会の変貌を歴史家ならではの視点から語る。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜシルクロードに平和はないのか。30年にわたる旅で見つめてきたシルクロードの歴史と変貌。

内容(「MARC」データベースより)

なぜシルクロードに平和はないのか。いつまで血の代償を求めるのか。ソ連崩壊後のシルクロードの国々の民族紛争に視点を据え、30年にわたる旅で見つめてきたシルクロードの歴史と変貌を語る。


登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 小学館 (1998/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4096261211
  • ISBN-13: 978-4096261217
  • 発売日: 1998/03
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 2 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,503,224位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう