中古品
¥ 1,557
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シルクロードの「青の都」に暮らす―サマルカンド随想録 単行本 – 2009/12

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,557

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ウズベキスタンってご存じですか?暮らしてみて見えたこと、分かったこと―自然・イスラーム文化・遺跡・歴史・教育、そして生活事情のすべて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

胡口/靖夫
ウズベキスタン・サマルカンド国立外国語大学教授。博士(学術)。1941年、東京に生まれる。法政大学大学院経済学専攻修士課程修了。国学院大学文学部卒業。国士舘大学21世紀アジア学部中退。専攻は日本古代史・ウズベク学・シルクロード民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: 同時代社 (2009/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4886836615
  • ISBN-13: 978-4886836618
  • 発売日: 2009/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 258,858位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「ウズベキスタン」と聞いてどこにある国だろう?何語を話すのだろう?
とにかく?マークが頭の中にいっぱいでした。
縁あってこの本と出合い私の中の「?」マークはひとつづつ消えていきました。
本の表紙がまず綺麗です。
著者の実体験を元に書かれた本なので「ウズベキスタン」での生活、文化、食事などなど手に取るように伝わってきます。
「義祖父母の永眠地への墓参」「イスラーム式の葬式」はとっても興味深い話でした。
国が違うと「お墓参り」「お葬式」もこんなにも違うものかと驚くばかり。
まさに、カルチャーショック!!
是非、この本を多くの人に読んで貰って「ウズベキスタン」のことを知ってもらいたいな〜と思います。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ウズベキスタンと言えば、オペラの上演で名の知れたナボイ劇場だ。ナボイ劇場は、「日本人の捕虜が建てた」との伝説があるといわれていた。だが、著者の調査によれば、設計したのはロシア人の有名な建築家。それもコンペだったという。さらに、日本人の抑留者がタシケントに到着した時、すでに煉瓦は積んであったと言う。
1960年代にタシケントを大きな地震が襲った時も、ナボイ劇場は壊れなかった。このことから、日本人抑留者の働きぶりをたたえる「伝説」が生まれたという。だが、前述のように元日本兵がタシケントに抑留された時、すでにナボイ劇場の大枠ができていたのであれば、地震に耐えた「伝説」は、ウズベク人の煉瓦積みのち密さや熟練した技術者を集めた姿勢に向けられるべきではないか。芸術への愛憎ではないか。ウズベク人の勤勉で熟達した技術のおかげで、ナボイ劇場はあの大きな地震でもびくともしなかったと「伝説」を言い換えるべきではないだろうか。そんな風に、ウズベク人をたたえる著者の姿勢を表している1冊だと感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サッカーの試合でしか耳にすることのなかったウズベキスタンが、日本と歴史的な縁があることに驚きました。ソ連崩壊によって独立した国ということくらいしか知らなかったのが、本書によって身近で興味深い国となりました。
きっと著者が実際に生活をした中で感じられたことを、生活感のある目線で伝えてくれているからだと思います。また日々の生活を切り取ったような写真がたくさんあることも、きっと身近に感じられたのだとも思います。
本書を通して、身近なアジアの国が増えた気がしました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
失礼ながら著者の年齢で初めての地で仕事をするのは大変だったと想像するが、それに勝る大きな魅力がそのウズベキスタンにあったのだろう。生活の何気ないことから歴史や文化、経済まで幅広く好奇心旺盛に書かれた内容に少しだけウズベキスタンを知ることができたように思う。ブドウ棚の下、チョルポヤに座ってワインを味わいたいものである。たぶんヨーロッパから中央アジアを経て日本に至る文化の流れに浸れると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これからウズベキスタンに行くので歴史や生活が理解できました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック