通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シリコンバレー発 アルゴリズム革命の衝撃 Fint... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
15点すべてのイメージを見る

シリコンバレー発 アルゴリズム革命の衝撃 Fintech,IoT,Cloud Computing,AI、 アメリカで起きていること、これから日本で起こること 単行本 – 2016/9/20

5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,006

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シリコンバレー発 アルゴリズム革命の衝撃 Fintech,IoT,Cloud Computing,AI、 アメリカで起きていること、これから日本で起こること
  • +
  • ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと
  • +
  • デジタルトランスフォーメーション
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

アルゴリズム革命とは、
情報処理能力の飛躍的向上により、
あらゆる人間活動が計測され
機械によって代替される流れのこと。
Fintech
IoT
Cloud
Computing
AIなど、
シリコンバレーの最先端の動きと
これから日本で起こることを、
スタンフォード大学の研究員がわかりやすく解説。

――目次――
【CHAPTER 1】アルゴリズム革命とAIのインパクト
●シリコンバレーは世界の姿を一変させる
●アルゴリズムで人間の活動を置き換える
●人工知能は人の仕事を奪うのか
●スケールしないビジネスは生き残れない
●次に破壊されるのはどの業界か
★シリコンバレーの強さの秘密1――循環する人材

【CHAPTER 2】クラウド・コンピューティングの本質とは
●クラウドで人類の情報処理能力が豊富なリソースへ
●クラウドは巨大な設備投資で実現
●インフラとしてのクラウドの可能性
●クラウドは安全なのか
●豊富な情報処理能力はコモディティ化の波を作る
●大企業がクラウドを使いこなす日
★シリコンバレーの強さの秘密2――資金調達+インフラ環境

【CHAPTER 3】IoTとビッグデータの真価とは
●あらゆるものが計測可能になる
●売りっぱなしモデルからの脱却
●日本的「ものづくり」とIoT
●ロボットのいる生活
●「規制」に関する幻想と事実
★シリコンバレーの強さの秘密3――失敗を次に活かす文化

【CHAPTER 4】フィンテックの恩恵はあらゆる企業に及ぶ
●スタートアップが切り開く新しい金融サービス
●企業の資金調達が様変わりする
●決済手段が多様化する
●仮想通貨の技術で「信用確保」
●ロボアドバイザーの時代
★シリコンバレーの強さの秘密4――産学連携

【CHAPTER 5】日本企業がこれからすべきこと
●外部の力を取り込む「オープンイノベーション」
●シリコンバレーで人脈をつくる
●トップがコミットし、現場に裁量を与える
●デザインとコンセプトを買うという発想
●ロボティクスに活路を見出す
●日本のものづくりの真の強みは何か
★シリコンバレーの強さの秘密5――政府が果たす役割

内容(「BOOK」データベースより)

ここまで変わる、人間と機械の近未来!アルゴリズム革命とは人間のあらゆる活動が計測され、ソフトウェア・アルゴリズムで表現されることにより、機械と人間活動のハイブリッド化や、完全自動化に進む流れのこと。その背景には飛躍的に向上し、かつ安価に使える情報処理能力(クラウドコンピューティング)があり、これから人工知能によって革命は加速する。この革命にうまく乗れるかどうかが、今後のビジネスの成否を分けると考えられる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022514124
  • ISBN-13: 978-4022514127
  • 発売日: 2016/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,876位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルへの期待に対して、率直にがっかりせざるをえませんでした。

職業柄、私はITやスタートアップ関連の書籍、雑誌を頻繁に手に取り、それなりの量を読みます。とりわけ経済ノンフィクションやビジネス解説本が多いのですが、残念ながら、この本はどちらの視点でも星2つを付けざるを得ません。

アルゴリズムはデジタル時代のデータ処理の中核を担う、数学的な計算手続きを核としたテクノロジーを指しますが、この本にはほとんど具体的な「革命」の解説や描写がなく、クラウド時代の一般論が大部分を占めます。いわゆるシリコンバレーと名付けてあるだけで、最新の研究やレポートにも思えません。

このタイトルにマッチする書籍であれば、クリストファー・スタイナー著の「アルゴリズムが世界を支配する」(角川EPUB新書)や、ジョン・マコーミックの「世界でもっとも強力な9つのアルゴリズム」を手に取るべきでしょう。どちらも文系のひとでも、びっくりするくらい、面白くよめる本です。

著者には次回作を期待します!
2 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 タイトルに惹かれて読んでみたが、内容的には、クラウド、ビッグデータ、IoT、フィンテックなど、日本にいてもよく聞くバズワードを簡単に解説しているだけ。しかも、その説明内容が古くて、浅い。たとえば、クラウドで書かれている、「巨大な設備投資で実現」「事業者はスケールが重要(規模の経済)」といった話はすでにクラウドが日本で盛んに取り上げられた2010年頃にさんざん雑誌やネットで言われていた話。ニューヨークタイムスのクラウド活用事例も出てくるが、これも5年以上前に見た。
 他にも、オープンイノベーションが重要、シリコンバレーで人脈作りが大事とか、IT業界にいれば、誰でもわかっている(実行できるかどうかはまた別の話)ことで、今更感がありあり。
 タイトルにある「アルゴリズム」の話はほとんど出て来ず、タイトル倒れもいいところ。クラウド、ビッグデータ、IoT、フィンテックなど個別の話が知りたければ、それぞれ専門の本を読んだほうが100倍役に立つ。ほとんど得るものがなく、「残念」の一言。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/12/5
形式: 単行本
『アルゴリズム革命の衝撃』という、衝撃的なタイトルなので手にとった。しかも、著者は、「スタンフォード大学で経済学と東アジア研究を専攻、カリフォルニア大学バークレー校で政治学博士を取得」し、「スタンフォード大学アジア太平洋研究所リサーチアソシエート」だという。これは何か得られるのではないかと、直観的に思った。

しかし、ページをめくる度、当初の期待ほどではなかったかもしれないと思うようになった。まず、アルゴリズムについてはほとんど出てこない。「アルゴリズム」という言葉を大上段で使うほど技術トレンドに詳しい人が書いているようにも思えない。また、内容的に、ちっとも新しくない。紹介されているベンチャー企業も古株の会社ばかり。また、例えば、「シリコンバレー発のイノベーションが世界を一変させた最近の例として、最もわかりやすいのがスマートフォンだ」と何ページもわたって説明しているが、そんなことはもう普通に日本でも知られている。AI(人工知能)についてもたくさん書かれているが、なんとか「ディープ・ラーニング」という言葉が出てくる程度で、AIの基礎をきちんと学んだ人が書いているようには読めない。クラウドも、「衝撃」だったのは何年も前のことであり、今や日本企業においてもあちこちで利用されていて珍しくもなんともない。また、ビッグデータに対して、いまだに「バズワード」という言葉を使って
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
以前からよく聞くアルゴリズムという言葉がよく分からないので読んでみたが、この本はコンピュータ技術の本ではない。シリコンバレーで何が起きているかを、表面的ではなく、深層部分におけるメカニズムに着目して分かりやすく伝えるとともに、IOT革命の波に乗り遅れないために日本企業の経営者にシリコンバレーの使い方を教える警世の書なのである。もっとも、アルゴリズムについても、「ある問題を解くときの定型化された手順のことで、コンピュータの場合は計算可能な問題を計算する一連のプログラムを指す」とアナログ人間の私にも分かるように説明してくれている。

1. グローバルなスケーラビリティ
この本を読んで、なるほどと納得したのは、なぜ、ウーバーやエアビーアンドビーのようなシリコンバレーのベンチャー企業が短期間に評価額が10億ドルを超えるユニコーンになり得たかである。日本のベンチャービジネスはまず日本市場における成功を目指し、その後に海外進出を考えるが、ユニコーン予備軍は最初からグローバル市場を取りに行くことを考える。そして、そのために必要なのは、一気にビジネスをグローバルレベルにスケール(規模拡大)するという発想であり、それを可能にするのが、人間の活動をキャプチャ(取り込み)し、トランスフォーム(変形)し、それをリプレイス(置き換え)あるいはオーグメント(拡張)するアルゴリズム
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー