通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々) 単行本 – 2018/2/28

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,193

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々)
  • +
  • ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 40pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

【書評掲載】
◎日本経済新聞で紹介されました (2018年3月31日付)
◎公明新聞で紹介されました(2018年4月2日付)
◎朝日新聞「天声人語」で紹介されました (2018年4月3日付)
◎週刊東洋経済で紹介されました(2018年4月14日号)
◎読売新聞で紹介されました (2018年4月15日付、評者・土方正志氏)
◎東京新聞で紹介されました (2018年4月22日付、評者・師岡カリーマ氏)
◎ダ・ヴィンチで紹介されました(2018年5月号)
==========================

政府軍に包囲され、
爆撃に脅かされる日々のなかでも、
人々は図書館を、本を求めた――
図書館を作り、本に希望を見た人々を描く傑作ノンフィクション


2015年、シリアの首都ダマスカス近郊の町ダラヤでは、人々がアサド政権軍に対抗して籠城していた。彼らはテロリストと報道されていたが、実際は自由を求める人々であった。建物が破壊され、隣人が犠牲となるなか、彼らは瓦礫から本取り出し、人々に読書の場所を与えるため、地下に「秘密の図書館」を作った。知識を暴力への盾として闘おうとしたのだ。図書館を作った若者たちにインタビューする機会を得た著者は、クッツェー、シェイクスピア、サンテグジュペリといった作家の本について彼らと語り、内戦に奪われた日常や、図書館によって生み出された希望を記録していく。

訳者あとがきより抜粋

……この本で語られる若者たちの戦いの中で、政府軍との戦いは一部でしかない。瓦礫から掘り出した本で図書館を作り、彼らは勉強し始めた。自分たちも民主化を要求するんだと、思ったことを口に出せる自由に震えたあとで、飢餓と死に取り囲まれて出口のない状態に追い込まれた。彼らが、自分たちには準備が足りなかったと自覚する部分が印象深い。検閲のある政権下で読書になじみのなかった若者たちは、宗教、政治、歴史、哲学、文学に触れて成長していく。自由とデモクラシーを求める当初の気持ちを維持し続け、ジハード主義者やイスラーム国からの暴力への誘いを撥ねつけるために彼らは戦い、図書館はその砦となった。……本は成長の糧となっただけではない。恐怖の日常の中で正気を維持するための助けとなり、肉親の死、友人の死、残虐さを見続けて感情が擦り切れた人々が人間らしさを取り戻すための癒しとなった。本を読むと「ここではない別の場所に行くことができる」という。現実逃避と言われても、つらい現実を忘れ優しさを取り戻せるなら、つらい現実に立ち向かう元気を取り戻せるなら、いいことではないか。……この本はルポルタージュではあるが著者は現場に足を運んではいない。封鎖された町には誰も近づけないからだ。だが、外部に開かれた窓が一つだけ残っていた。インターネットである。スカイプとメッセンジャーアプリのワッツアップを利用して、インタヴューをして、送ってもらった写真や動画を見る。著者はネットの窓を通して若者たちに寄り添う。あいだを隔てる距離と自分の無力さにもどかしい思いをしながらも、すべてを伝えたいとこの本を書いてくれた著者に感謝したい。……この本に書かれたことは、シリア内乱の一面にすぎない。だから、これを読んでシリア内乱が理解できたとはとうてい言えない。だが、絶望の町で本を救い、本に救われた人々がいることは確かだ。――藤田真利子

内容(「BOOK」データベースより)

2015年、シリアの首都ダマスカス近郊の町ダラヤでは、市民がアサド政権軍に抵抗して籠城していた。彼らは政府寄りのメディアで狂信者、テロリストと報道されていたが、実際は自由を求める人々であった。政府軍の空爆により建物が破壊され、隣人が犠牲となる中、ダラヤの若者たちは瓦礫から本を取り出し、地下に「秘密の図書館」を作った。知の力を暴力への盾として闘おうとしたのだ。そんな若者たちにインタビューする機会を得た著者は、クッツェー、シェークスピア、サン=テグジュペリといった作家の本について彼らと語り、戦争に奪われた日常、図書館によって生み出された希望を記録していく。図書館に安らぎを、本に希望を見出した人々を描く感動のノンフィクション!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 195ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2018/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488003877
  • ISBN-13: 978-4488003876
  • 発売日: 2018/2/28
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,957位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2018年3月2日
形式: 単行本|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告