¥ 2,484
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シリアからの叫び (亜紀書房翻訳ノンフィクション・... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

シリアからの叫び (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズII-15) 単行本 – 2017/3/4

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/3/4
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 699

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • シリアからの叫び (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズII-15)
  • +
  • シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問
  • +
  • シリア情勢――終わらない人道危機 (岩波新書)
総額: ¥5,486
ポイントの合計: 166pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

目覚めると町は戦場になっていた

女性ジャーナリストが内戦初期のシリアに生きる人々を取材。砲弾やスナイパーや拷問の恐怖の下で暮らし、子供を育てるとはどういうことか。戦争とは、一体なんなのか。危険のただなかで語り出される、緊迫のルポルタージュ。

想田和弘氏(映画作家)推薦!
著者はシリアに入り、一般市民の目線でその恐るべき実態を描写する。彼女自身命がけ。よくもこんな取材ができたものだと圧倒される。本書はシリア人と著者の血で綴られた貴重な「歴史書」であり、平和な国の住民にとっては不吉な「予言の書」である。

全米各紙で絶賛!
ノーベル賞作家アレクシエーヴィチを彷彿とさせる。灼けつくような、必読の書。
―ミチコ・カクタニ(「ニューヨーク・タイムズ」書評)

必読。抽象的政治的な観点からではなく、あくまで人間に寄り添って描かれた、シリアの革命と内戦のルポ。
―ロビン・ヤシン・カッサブ(「ガーディアン」書評)

2016年刊行と同時に、「パブリッシャーズ・ウィークリー」「ブックリスト」「カーカス・レビュー」「フィナンシャル・タイムズ」ほか全米で書評多数。

「ニューズウィーク」によれば、内戦が始まってから5年間で、シリア国民の平均寿命が79.5歳から55.7歳に縮まり、推定死者数は47万人、負傷者数は190万人、殺害されたジャーナリストの数は94人になった。国外のシリア難民は583万人を超え、その8割が女性と子供だという。
戦場や難民キャンプで生活せざるを得ない無名の人たちから話を聞き、レイプなどの辛い体験に耳を傾け、幼い子供たちの日常に思いを馳せて記事を書くことは、女性ジャーナリストだからこそできる仕事であろう。(訳者あとがきより)

【目次】
まえがき
第1章 ダマスカス 2012年6月28日 木曜日
第2章 ラタキア 2012年6月14日 木曜日
第3章 マアルーラとダマスカス 2012年6月−12月
第4章 ホムス 2012年3月8日 木曜日
第5章 ダーライヤー 2012年8月25日 土曜日
第6章 ザバダニ 2012年9月8日 土曜日
第7章 ホムス バブ・アル=セバー通り 2012年10月14日 日曜日
第8章 アレッポ 2012年12月16日 日曜日
終 章 戦争は終わらない 2015年3月
訳者あとがき
シリア年表

【書評・メディア情報】
HONZ(4月5日)/書評(冬木 糸一氏)
週刊金曜日(4月14日)/書評(伊藤氏貴氏・文芸評論家、明治大学准教授)
福島民報(4月15日)/書評(冬木 糸一氏)
河北新報(4月23日)/書評(冬木 糸一氏)
中國新聞(4月23日)/書評(冬木 糸一氏)
琉球新報(4月30日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
秋田魁新報(4月30日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
沖縄タイムス(5月6日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
京都新聞(5月7日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
岩手日報(5月7日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
神奈川新聞(5月7日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
神戸新聞(5月7日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
高知新聞(5月7日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
新潟日報(5月7日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
信濃毎日新聞(5月14日)/書評(安田菜津紀氏・フォトジャーナリスト)
公明新聞(5月22日)/書評(星野博美氏・ノンフィクション作家)
しんぶん赤旗(6月4日)/紹介(豊田栄光氏)

内容(「BOOK」データベースより)

世界の紛争地帯を取材してきた著者は、二〇一二年、シリアに入る。そこでは、「アラブの春」から始まった民主化運動が過激化し、国を取り返しのつかない混乱・崩壊へと導く内戦の火蓋が切って落とされていた。恐るべき拷問を受けた男性、レイプされた女性、瓦礫の中で必死の治療を続ける医師、脅迫を受けながらも毎日パンを焼き続けるパン屋、スナイパーのひそむ場所で子育てをする女性、そして兵士たち。声を奪われた人々に寄り添い、世界を揺るがすシリア内戦の実情をつぶさに伝える、緊迫のルポ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2017/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750514454
  • ISBN-13: 978-4750514451
  • 発売日: 2017/3/4
  • 梱包サイズ: 20 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 332,236位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2017年4月12日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年9月4日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年3月13日
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告