日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ショーン・オブ・ザ・デッド (字幕版)

 (2,082)7.91時間39分2004R15+
ロンドンの家電量販店で働く冴えない青年ショーンは、親友のエドとつるんで自堕落な毎日を送っていた。ついにガールフレンドのリズに愛想を尽かされたショーンはようやく更正を決意するが、その矢先、街に大量のゾンビが発生。愛するリズを助けるため、エドと共に行動を開始するショーンだったが……。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ルーシー・デイヴィス
プロデューサー
ニラ・パーク
提供
Under The Milky Way
レーティング
15歳以上対象
コンテンツ警告
暴力性的なコンテンツ薬物使用暴言
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.9

2082件のグローバルレーティング

  1. 47%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 17%のレビュー結果:星3つ
  4. 10%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

sunshine5552019/05/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
吹替が収録されているBlu-rayはあります。
確認済みの購入
2019年5月現在発売されているAmazonDVDコレクションと1枚組には
日本語吹替と映像特典は予告編のみしか収録されていません。

しかし、以下のBlu-rayには日本語吹替も100分超えの特典映像も収録されています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00F5WY34M/
https://www.amazon.co.jp/dp/B00W1ENSHK/
何故このような仕様になったかと言うと日本での販売権利がユニバーサルから角川書店に移った為です。
ある意味大人の事情かもしれません。しかしふざけた仕様で皆怒るのも仕方ないですね。
なので、日本語吹替で観たかったら現在プレミアが付いている旧仕様のBlu-rayを買う必要があります。
現在はこういう状況なのでまた仕様変更されるのを待つか涙を呑んでプレミア付の盤を買うかの2択のみです。
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
HIRO2019/03/11に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
Blu-rayは吹き替えなし
確認済みの購入
よく観て購入すればよかったのですが、Blu-rayは日本語吹き替えが入ってないんですね・・・

この映画は凄く好きで、DVDも昔から持っていてよく観てるのですが、絶妙な掛け合いが面白くて、特に吹き替えが凄い好きなんですよね

せっかく画質も良いBlu-rayに買い換えたのですが、まさか吹き替えが収録されてないなんて・・・本当に残念です
DVDでは普通に収録されてたのに何ででしょ? 大人の事情ですかね?

作品としての評価は文句なしの☆5ですが、Blu-rayソフトとしての評価は悲しいかな☆2です。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
もん2019/10/31に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
残酷なのに優しい映画。
確認済みの購入
たしかに、
ゾンビなんていないと思ってるから、
いざ世界がゾンビだらけになっても、
なかなか気づかないですよね。普通は。

ショーンとエドは、
家の外がゾンビだらけなのに、
家でアイス食って、ゲームしてます(笑)

恋愛よりも友情をとるショーンは、
男からみたら、かっこいい奴です。

ていうか、フラれたのは、
バカだから自業自得なのですが(笑)

最後まで友情を捨てないのも、
すばらしいです。

ちょっと感動してしまいました。

マイナス1点は、
ゾンビ映画って必ず、
途中でオナカいっぱいになるからです。

どのゾンビ作品でも、
同じ理由で必ずマイナスするので、
気にしないでください。

一本でこんだけオナカいっぱいなのに、
ゾンビもの多すぎ(笑)

うちには、これ一本しかありません。

でもこれを観たら、ちょっと、
『ドーン・オブ・ザ・デッド』も、
欲しくなっちゃいました(好きなんじゃん!)

ただ、この作品では、
襲ってくるやつを『ゾンビ』って呼ぶと、
ショーンに怒られます(笑)
たしかに、実際にゾンビが襲ってきたとして、
それを『ゾンビだ!』って言うの、
ちょっと恥ずかしいですよね(笑)
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
チワワ恐怖症2020/12/31に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ウィルスに感染しても友達は友達。必要以上に距離を取ったり過剰に突き放したりするのは差別だよ?!
確認済みの購入
良い・・・映画ですね。なかなかどうして素晴らしいゾンビ映画だ。
レビュータイトルに他意はない…他意はないよ?その…時勢的にセンシティブな内容とかでは全然ない。

あいあい、ワタクシ大好き「アタマ空っぽの方が夢詰め込める」系ゾンビ映画でございます。
まあ、映画のタイトルとジャケット見れば大体わかると思うけど(笑)
ただただ何も考えずおバカな展開とおマヌケな登場人物たちを笑っていればいい楽しい楽しい1時間30分。

あらすじはおおむねそのまんま。
うだつの上がらない電気屋店員ショーンはガールフレンドのリズとのデートにまで親友エドを連れて行く始末。
しかも、デートの場所は決まっていつもの近場のパブ。
「2人きりの時間が欲しい、普通のデートがしたい」そんなガールフレンドとしてごく当たり前の願いすらマトモに叶えてもらえないリズはついにショーンに嫌気が差す。
そんな時、彼らの事情などお構いなしに街にはゾンビがあふれ出して・・・

みたいなお話。

いや、何が言いたいかって言うと、アマゾンさんのあらすじには「愛想を尽かされたショーンはようやく更生を決意するが」ってあるけど、言うほど更生を決意なんてしてないから!(笑)
その後、エドと一緒にパブでヤケ酒飲んで、エドのクソみたいなギャグで爆笑してたから!!
主人公ショーンの親友エドも大概カスだけど、主人公も結構筋金入りのカスだから!!

そりゃ、母親に渡す予定だった花束を添え書きも取らずにリズに渡すわ。
そんな時くらいちゃんと新しいの買えと…転用するにしてもせめて添え書きくらいは取れと…。

まあ、そんな多くを語る映画ではないと思うんだけど
個人的はハイライトとしては、やっぱパブでの『Queen』かな。「have a good time!」じゃねぇンだよなぁ…(笑)
ゾンビ叩きながら名曲に個性的なアレンジ加えてんじゃねぇよ!
デービッドはあれかな?ディスクDJみたいな手付きで照明操作してるけど、あんな「のび太君」みたいな格好して実はパリピだったりするのかな?
主人公たちと同じ「非リア充」だと信じてたのにもう何も信じられないよ!(笑)

ラストもなかなか意外性があって良かった。友情強ェわ…。

数多あるクソ馬鹿ゾンビコメディーの中でも、数センチくらい頭の出た、そんな映画。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
みやさま2021/02/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
2004年は、本作とザック・スナイダー監督『ドーンオブザデッド』リメイクが生まれたゾンビ映画の歴史的記念日
確認済みの購入
 2004年は、本作『ショーンオブザデッド』とザック・スナイダー監督の『ドーンオブザデッド』リメイクが公開された年で、その後、この2作品に影響を受けた数多くのゾンビ映画が製作されたのではないでしょうか。
 上記2作品は、本家ロメロゾンビ映画に対するリスペクトを感じさせながらも、それぞれ違った方向性からゾンビ映画に対する視点の面白さを提示し、新たなブームを生み出したエポックメイキングな作品だと言えます。
 特に、本作ではハリウッド映画とは違うイギリス映画ならではのセンスの良さで好感を持ちます。
 ダラダラと自堕落な生活を送る登場人物を描いているのに、クールなユーモアがあり、最初から最後まで飽きさせません。
 有名なレコード投げ場面でも、ニューオーダー『ブルーマンデイ』のレコードをゾンビに投げつけたことを悔やみ、プリンスの『パープルレイン』はダメで『バットマンサントラ』は躊躇なく投げつけてOKなど、まあよくぞこんな状況よく思いついたなとニヤニヤしながら観てしまいます。投げつけられたレコードのダイヤーストレイツとシャーデーは本作を観たらショックを受けたでしょうけど・・。
 ショーンが胸に刺した赤ペンのインクが漏れてシャツに赤い染みがつきますが、それがその後のゾンビとの闘いで血しぶきがつく伏線になっていたり、毎朝同じ場所で躓いたり、小生意気なバイト高校生が、ゾンビとなった後真面目にカートを押して仕事に貢献していたなど、細かなユーモアが満載ですが、ゾンビ映画ならではの内臓描写場面もしっかりあり、正統派ゾンビ映画らしさも見せます。
 その後発表されたエドガーライト監督作品としては『ベイビードライバー』と『スコットピルグルム』が好きなのですが、いずれも音楽をうまく使ったテンポの良い演出で、相変わらずセンスがいいなと感心します。
 また、本作にはビル・ナイがショーンの義父フィリップ役で登場しますが、渋くて存在感のある役者さんですね。ゾンビに噛まれた後の車の中での告白は涙が出そうになります。
 彼が演じる父親役では、タイムループを扱ったSF映画の傑作『アバウトタイム』での演技も素晴らしかったです。『アバウトタイム』における息子との関係は涙なしでは観れません。未鑑賞の方は、ぜひともご覧ください。私の一押しの映画です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
おみつ2021/01/11に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
タイトル思いついたあと無理矢理脚本考えたやろ
確認済みの購入
バカだと思われたくないのか、ドラマ要素が強く
(伏線とか回収とかは別にない)、主役がちゃんと
したバカを演じないせいで能天気に振り切れず、
バカ役はドジとかじゃなく悪意のあるバカなので
笑いよりイラつきが勝つ、そんなコメディです。

ドラマ性強めのゾンビ映画は悪くないし、そんな
ドラマの中にさりげない笑いがあっても別にいい
んですが、コメディ映画なので「ここ笑いどころ
ですよ!」としっかりコメディパートを粒立てて
くれる、その全部がいちいち別に面白くなかったです。
個人的には一箇所も笑いませんでしたが、ゾンビ
映画としてはゾンビの物量やクオリティはかなりの
高水準です。
この映画はコメディ映画としてはゾンビ要素いらない、
ゾンビ映画としてはコメディ要素が邪魔という感じ
でした(コンセプトを全面的に否定)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
俵星玄蕃2021/01/11に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
視聴に耐えず
確認済みの購入
今年最初の視聴途中断念作品でした。不愉快さに耐えられたのは半分近くまででした。どの辺りが高評価なのか理解するのを諦めました。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
トントン2021/08/01に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
ゾンビをギャグにすることの難しさよ
確認済みの購入
怠惰な毎日を過ごす主人公に、ある日突然異常事態がやって来る…!

まあ、よくある設定なのですが、これをどう描くかによって良作か駄作かが分かれます。

で、本作。

出だしはコメディ。

世界がヤバくなっているのに、怠惰な毎日を送っている主人公にはそれが分からない。

日頃のルーティンしてる行動だけでは、異常に気付きにくいもんだな、と最初のところはテンポも良く笑えます。

で、いつ気づくのか、というところに観客の意識は高まる訳ですが…うーん、これかぁ(笑)

で、現状を把握した主人公は曖昧な態度を取り続けていた彼女を助けるべし、とよーやく行動を始めます。

しかし、アレコレ詰め込み過ぎたせいか、ギャグとシリアスの配分が難しいせいか、波に乗り切れません。

映画はクライマックスに向かってストーリーが突き進むものですが、この映画はちょっとその辺りもボンヤリしています。

本質はシリアスだけど笑えるシーンを入れる、とするならそれほど難しくないはずなのに、冒頭でコメディ感全開にしたせいで、どこかチグハグな感じを引きずって観てしまいます。

で、結局オチらしいオチも無く、よく分からないエンディングで終了。

コメディにすると決めて、登場人物の死もコメディで描いていれば、いわゆる「キレてる映画」としてもうちょっと有名になったかも知れませんが、なまじ後半を普通に描いてしまったが故に、宙ぶらりんになってしまいました。

まあ良くもなく悪くもなく、となって星三つです。
不正行為の報告
すべてのレビューを表示