ショーシャンクの空に [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,989
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: BOOKONLINE市場 アマゾン即日発送
カートに入れる
¥ 1,994
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: GOODNICE メディアマーケッツ【トラブル防止のため、商品コンディションを必ずご確認ください!!】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ショーシャンクの空に [DVD]

5つ星のうち 4.7 827件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,990 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,989より 中古品の出品:36¥ 1より

この商品には新しいモデルがあります:

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオショーシャンクの空に(字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ショーシャンクの空に [DVD]
  • +
  • グリーンマイル [DVD]
  • +
  • レオン 完全版 [DVD]
総額: ¥3,844
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ティム・ロビンス, モーガン・フリーマン, ウィリアム・サドラー, ボブ・ガントン, ジェームズ・ホイットモア
  • 監督: フランク・ダラボン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2008/04/11
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 827件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001525JBW
  • JAN: 4988135597885
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 13,121位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


スティーブン・キング原作、名匠フランク・ダラボンの劇場監督デビュー作にして、多くの人々の「マイ・ベスト・ムービー」のひとつに加えられた、新世代の傑作!
とある刑務所の受刑者が勝ち取り、分け与えた解放と救い-。
誰の心にも静かに、爽やかな感動が訪れる…。

【ストーリー】

ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。
最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で"調達係 "のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。
そんなアンディが入所した2年後のある時、アンディは監視役のハドレー刑務主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。
この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく 。

内容(「Oricon」データベースより)

無実の罪で“ショーシャンク刑務所”に投獄された青年は、心に秘めた希望と持ち前の明るさで周囲を変えていく…。スティーブン・キングの原作小説をフランク・ダラボンが見事に映画化した、珠玉の感動作。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ハナ 投稿日 2009/9/23
形式: DVD Amazonで購入
モーガンフリーマンが出てるという程度で見てみましたが、
非常に面白い。
この一言に尽きます。
お勧めだと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Rosefish トップ1000レビュアー 投稿日 2017/7/20
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
感動を押し売りするような邦題が嫌いで見ていなかったが、何やらプライムから外れる直前とのことで、あわてて観た。分かっちゃいたことだが、観てよかった。あなたの時間、絶対損はしません。

ただ、これを観て人間の強さとか忍耐とか罪と罰とかに思いを馳せる方が多いようだが、これはあの稀代の天才エンターテインメント作家・スティーブン・キングの小説を映画にしたものである。物語は徹頭徹尾ラストのプロジェクト成功のために進んでいくのであって、そこまでの様々なエピソードはそこから我々の目をそらすためのカムフラージュに過ぎない。もちろんとても良く出来ているが、こうした作品から人生の教訓を読み取ろうというのは真面目すぎ、というか、ナイーヴ過ぎないか、とも思う。実話じゃないんです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
以前、テレビで日本の女優さんが「ローマの休日に出会って以来の名作」と本作を評しているのを聞き、「そんな比較がジャンル・時代の違う映画で出来るのだろうか?」と疑問を感じながらも、「そこまで言うのなら・・」との思いで、素直に本作を観させて頂きました。
結果は、具体的な内用こそ共通する部分はありませんでしたが、感覚的にその方が言わんとしていることが分かる、心に深く残る快作でありました。
見終えた後に涼しげな感覚が残るのと、決して後ろ向きな気持ちにならず前進して行こうという気持ちになれるところが、感覚的に近いと言えるかもしれません(また、制限された日常において、儚げながらも意地らしく活路を見いださそうとする姿勢が、やや強引ながら、似ていると言えるかもしれません)。

個人的な話しではありますが、このレビューを書いている自分は持病を抱え、先の見えない獄中にも似た日常を送っておりますが、主人公アンディーが刑務所図書館を拡張し、そこで若い受刑者に教育を施したり、レッドに「チェスの手ほどきをさせてくれないか?」とフレンドリーに持ちかけたり、また実社会にいた時と同様の経理の仕事をこなしたりする場面を見た時、狭い世界の中でも、生きる希望・前進する希望を忘れてはいけないと、鼓舞された気持ちになりました。
元が小説の本作は、読み物としての娯楽的な要素以外に
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
誰にも奪えない。
這い上がる主人公に自分はは共感した。
好みは人それぞれだろうが、色んな映画を見た上で良いと感じた作品。
ある程度人生経験がないと?共感できないの良さかもしれない。
コアな作品を求める人ならそれを追求した方が良いだろう。
良い物は良い
映画とは必ず矛盾ありきの芸術。
それは本でもほかの芸術でもそうではないのだろうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
アメリカの1950年代からの刑務所を舞台に物語は始まります。いかに当時の警察が正義という名の暴力を振りかざしていたのかがよく分かります。
刑務所内での看守の囚人に対する扱いや物品の調達屋などどこまでがリアルなのかは分かりませんが、映画を見ている自分にとってはとてもリアルなものに感じました。

この映画の面白い点は主人公が希望を失わずして刑務所生活を送るのですが、必要であれば時には悪にも手を染めてしまうんです。主人公のデュフレーンは健全な現実社会においては堅実に働いて銀行の副頭取までに登りつめます。
しかし刑務所内では刑務所署長の脱税のためにある意味でナンバー2のポストを築きます。ここは対比的で面白いですね。生きる場所が変われば、その場所に合わせて生き方を変え、希望を持ち続けるデュフレーンの処世術は大変勉強になります。

また、印象的に残った場面として刑務所内の図書館に予算が付いた時にデュフレーンは初めて微笑みました。彼の大きな野望として入所当時からやり通してきた脱出とはまったく関係がないようにも思えます。自分は囚人に知恵を付けさせてクーデターを起こすのかと考えました。最後に調達したロープも署長を絞殺するためのものと考えましたが筋が違いました。
映画全体を通して見ると確定申告や投資信託を警官がデュフレーンに頼む場面があることから、警官であろうと囚人であろうと知恵を身につけることは尊いことであることを教えられたような気がします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す