この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ショーシャンクの空に [DVD]

5つ星のうち 4.7 741件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 3,708より 中古品の出品:21¥ 241より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ティム・ロビンス, モーガン・フリーマン, ウィリアム・サドラー, ボブ・ガントン, ジェームズ・ホイットモア
  • 監督: フランク・ダラボン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2004/03/25
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 741件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001CSB76
  • EAN: 4988105028234
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 13,899位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

ショーシャンクの空に [DVD] [DVD] [2004]

Amazonレビュー

   スティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したのが本作である。
   妻とその愛人殺しの容疑で終身刑の判決を受ける、銀行マンのアンディ。無実の罪ながら投獄されるが、決して希望を捨てず、自由を得られる明日を信じ続ける。一方、古株の囚人レッドはそんなアンディに、「刑務所で希望をもつのは禁物」だと忠告する。アンディとレッドの友情を中心に、ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いていく。人生の不条理や悲しみを問いかけながらも、たどり着くラストシーンは見る者の胸をさわやかに、だが強く打つ。
   いつも静かで穏やかだが、内面に強い意志をもち続けるアンディを演じるのは、ティム・ロビンス。その友人レッドに、モーガン・フリーマン。長い囚人生活に疲れはてていたが、忘れていた希望をとり戻していく姿がいい。監督は『ザ・フライ2』を手がけたフランク・ダラボン。(古屋葉月)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
多くの人と同じように、私も大好きな映画だった。
ただ、以前は「諦めずに穴を掘り続けた不屈の精神」にのみ感動していた。

しかし、今回は少し違うところが気になった。
彼は冤罪。絶望に打ちひしがれ、世を恨んで当然な環境。
にもかかわらず、彼の心は荒むことなく、さわやかで余裕があることに気づいた。

具体的には
 所員の税対策を請け負った。仲間は炎天下冷たいビールを飲めた。
 図書館を作った。文盲に近い連中が本に触れ、興味を持った。
 オペラを響き渡らせた。一瞬、皆の心に自由の風が吹いた。

諦めずに脱走を成し遂げた「不屈の精神」は、言うまでもなく素晴らしい。
それでも、敢えて厳しく言ってしまうと、あくまでも自分の利益を求める行為に過ぎない。

それに対して、前述の行為は、刑務所で出会った仲間のための行為。
本来、銀行エリートの彼が生涯出会うことのないような連中。
たびたび映る食事のシーンで、次第に皆の心が豊かになっていくのを感じる。

自らの目標を達成するために、ガムシャラに努力することは尊いこと。
でも、人生それだけでは十分ではないのだと、私は今回改めて気づかされた。
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はな 投稿日 2006/1/29
形式: DVD
希望は誰かがくれるものではない。なにかいいことないかなあ、と漫然と暮らしている私にはこの考えは恐ろしい。でも与えることが出来ないのなら、取り上げることも出来ないはず。そう考えるとちょっと希望が湧いてくる。アンディは私にとっては畏敬の対象。なぜこの人はこんなに強いの。この人の精神を犯すことは誰にもできない。だからふがいない私にとっての希望はレッドだ。一度自分からすてちゃった希望。それをおずおずと取り戻しに出かけるレッド。岩の下から手紙を見つけての帰り道、上着をひょいと肩にかついでバッタの飛ぶ草原を歩いているレッドの顔。あまりにも何度も何度もみたので、どこにいてもあの顔を思い描けるようになりました。お天気のいい日に寝転んで空にあの顔を描いたりしてる私。映画は目でみるものだけど、こんなにも心にもしみこむものなのですね。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
玉虫色の映画。どの人物に自分を重ねるかで、感想が違ってくる。

アンディに共感する人は、希望を失わないこと・コツコツ努力すること・生きるために適応すること・それでも芯となる自分は見失わないことなど、よくある人生の教訓に感動すると思う。

でもこれができるのは、よほど強くて自分を信じ、愛する能力を備えた人間だろう。
そう、囚人とはまるで正反対の人間。
アンディには泥臭さがなく、飄々として要領がよく、自分を信じて努力を楽しむことができる。最後に笑ったこの主人公に私が感じたのは「嫉妬」に近いものだった。

人は簡単には変われないと思う。
人生に予想外のトラブルやチャンスが巡ってきたとき、それは変化への誘い。人生の岐路。

アンディにはトラブルが、囚人にはアンディという異質な人物を通して何かを学ぶチャンスが訪れる。アンディも囚人も、普段なら交わるはずのないレベルの人間と関わることになる。

アンディは、トラブルに負けず、腐らずに生き延びる。闇に染まらず、最終的に自分の元いた光の世界へ帰っていく。

ブルックスは、チャンスをいかして光の中で生きることができない。ブルックスもまた、ある意味、自分の元いた世界におさまっていく。
...続きを読む ›
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
10年前、離婚問題で絶望的な毎日を送っていた私がふと入った映画館でめぐりあったのがこの映画。キャスト、監督、脚本等の映画としての完成度はもちろんのこと、「希望を捨てずに生きることの素晴らしさ」をこの映画で学んだ。生きていさえすれば、人間は再生できる。チャンスはある。声高ではなく、静かに語りかけてくる。私が立ち直れたきっかけとなった。ぜひ、見て欲しい。この名作がこの値段は、破格だと思う。
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 10年間これほど愛されている映画もめずらしいですね。私も年に1度は見直して、その度に新たな感動を覚えています。このごろ皆さんのレビューを読んで気がつきました。アンディとレッドのことを語っている方は大勢いるけれどあの可哀想なブルックスおじいさんのことをみんな忘れているみたい。最初から最期まで「希望」を失わなかった強いアンディ、一度捨てた希望を取り戻した幸運なレッド。この二人に比べればブルックスおじいさんは今の言葉でいうなら負け犬(それにしても品のない言葉!)です。でもこの人が身をもって示してくれたからこそ私たちは「希望」の大切さが分かったのです。ブルックスさん、子ガラスのジェイクを可愛がっていたあなたのやさしさ、忘れません。天国で幸せになってください。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック