この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シューベルト:ピアノ・ソナタ第17,13番

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ウラジミール・アシュケナージ ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: アシュケナージ(ヴラディーミル)
  • 作曲: シューベルト
  • CD (2007/6/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 72 分
  • ASIN: B000PDZNGS
  • EAN: 4988005473738
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 327,242位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 D850(作品53) 第1楽章:Allegro vivace
  2. ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 D850(作品53) 第2楽章:Con moto
  3. ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 D850(作品53) 第3楽章:Scherzo(Allegro vivace)
  4. ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 D850(作品53) 第4楽章:Rondo(Allegro moderato)
  5. 17のドイツ舞曲(レントラー)集 D366から 第1番
  6. 17のドイツ舞曲(レントラー)集 D366から 第3番
  7. 17のドイツ舞曲(レントラー)集 D366から 第4番
  8. 17のドイツ舞曲(レントラー)集 D366から 第5番
  9. ピアノ・ソナタ 第13番 イ長調 D664(作品120) 第1楽章:Allegro moderato
  10. ピアノ・ソナタ 第13番 イ長調 D664(作品120) 第2楽章:Andante
  11. ピアノ・ソナタ 第13番 イ長調 D664(作品120) 第3楽章:Allegro
  12. ハンガリー風のメロディ ロ短調 D817

商品の説明

メディア掲載レビュー

2007年70歳を迎える名ピアニスト、ヴラディーミル・アシュケナージの若き日、1960年代から1970年代にかけての録音を集大成。アシュケナージ若き日のシューベルト録音。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2007/7/3
形式: CD
アシュケナージの70歳を記念して、彼の旧録音が一斉にリリースされた。どれも私がLP時代に親しんだ録音であり、CDで所有していない音源については一通り購入させてもらった。聴いてみると、懐かしさとともに、いまなお魅力いっぱいの演奏にあらためて感じ入った。

アシュケナージは、シューベルトのピアノソナタに関しては若い頃に13番、14番、17番、18番の4曲を録音していて、あとデジタル期に20番、21番の後期の2曲を録音しているが、どれもふさわしい時期に録音されたと思う。

ソナタ第13番はシューベルトらしいメロディの甘美さと、細やかな情感の漂う曲だが、アシュケナージはそれを表現する上で最良の資質を持っているピアニストであると思われる。こまやかなニュアンスもほほえましく、心温まる演奏だ。

17番は冗長な面のある曲なだけに、ある程度の勢いを持って曲の方向性をある程度リードした演奏であるが、そこでも「弾き飛ばし」にならないような配慮が張り巡らされており、安心して最後まで聴くことができる。第2楽章の移行主題の美しい膨らみが、何と言っても印象的だ。

ハンガリアン・メロディーも愛すべき小品だが、相応しい優美さを持った演奏となっている。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 彦左衛門 投稿日 2009/12/21
形式: CD
1966年頃録音のイ長調ソナタは対で書かれたイ短調と対照的な可憐で幸福な作品。若きアシュケナージも颯爽としたテンポで鮮やかに弾いています。
70年代半ば録音の17番ソナタは一筋縄では行かない長大で複雑な曲。例えば一見平凡な第一楽章の和音連打第1主題から一挙に天使的な第2主題へとワープしてしまうのだ。第2、第3楽章も充実しているが、聞き手を困惑させるのがフィナーレ。まるで幼稚園の行進のような楽節から出発して「アンバランス?」と思わせておいてどんどん変奏変容し大音楽の片鱗を見せて瞑想的に終わる。それをアシュケナージは知的に丁寧に弾いています。
フィルアップの小品は上手いの一言。
これで1200円?シューベルトファンにもアシュケナージファンにもこたえられません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック