中古品
¥ 327
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ゆうメール配送商品です。 2005年初版5刷 ヤケ汚れあり CD-ROM付属
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シューティングゲームアルゴリズムマニアックス (C magazine) 単行本 – 2004/6

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 326
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

シューティングゲームが好きな全ての方に。

多種多様なシューティングゲームのギミックを,アルゴリズムの図解と簡潔なプログラム例を中心として「技術カタログ」にまとめた本です。実際にさまざまな仕掛けをゲーム感覚で体験できるゲーム風のデモプログラムも,ソースコード付きで収録しています(Visual C++ 6.0/.NET2002/.NET2003,DirectX9.0対応)。

「シューティングゲームの仕組みを知ってもっとゲームを楽しみたい!」「シューティングゲームについて熱く語りたい!」という目的には,気楽にパラパラと漫画感覚でお楽しみいただけます。また,「専門学校の課題でシューティングゲームを作ることになったけどどうしよう!」「自作シューティングゲームにカッコいいギミックを取り入れたい!」という目的には,数多くのアルゴリズムやプログラム例をすぐにフル活用していただけるはずです。

プログラミングの入門書として,ギミックのカタログやネタ集として,あるいはシューティングゲームについて熱く語るための叩き台として,お試しいただければ幸いです。

内容(「BOOK」データベースより)

画面を覆いつくす弾幕、ドット単位を見極める極限のすり抜け、多彩な攻撃の応酬、熱きシューティングゲームの世界を自らの手で作り出せ!アルゴリズム&ソースコードで極める、ゲームプログラミングの奥義。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 343ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2004/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797327316
  • ISBN-13: 978-4797327311
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 504,909位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ゲームプログラミングに興味のある人なら、恐らく目に留まるタイトルだと思います。

率直に言ってしまえば、この本は、シューティングゲームだけに絞ったカタログです。敵キャラクターの動き、弾の挙動、背景の表示(スクロール)といった、シューティングゲームを構成する要素のネタの集まりと考えていいでしょう。

ある程度のレベルの人が期待するようなテクニック(タスクシステム、スクリプトによる制御など)は残念ながら載ってません。また、一部の例外を除き、基本的に2Dのゲームに主眼を置いています。

このカタログに載っているソースコードの断片を組み合わせて、1つのゲームに仕上げる基礎能力だけは必要でしょう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今までに出た、さまざまなシューティングゲームのさまざまな特殊仕様を再現しています。
解説を読みながら、さらにプログラマならアルゴリズムを見ながら、
さらにシューターならデモプログラムを動かしながらニヤついてしまうこと請け合い。
デモプログラムのどれがどのゲームか推測するもよし、
「○○のシステムは△△より××のほうが先じゃないか?」と解説に独りツッコミ入れるもよし。
もちろん、それとは別に、サンデーシューティングプログラマが今まで独学で
身に着けてきた(かもしれない)シューティングプログラムの基礎的なあやふやな知識を
確かなものにするのにも適した本といえます。
なお、「ゲームプログラムの作り方」などには一切触れておらず、一冊丸ごとシステムと
アルゴリズムの解説なので、ゲームプログラムのイロハが分かっている人向けだと思います。
私はDelphiを使っているのでサンプルソースをコンパイルすることはできませんが、
そういう人なら、きっとこの本のアルゴリズムをほかの環境でも役立てられます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
姉妹書として、「シューティングゲームプログラミング」がある
違いとしては、この本は狙い撃ち弾やn-way弾、誘導弾、レーザーなどのサンプルがある
そしてそのことについて特化していると言っても良いほど詳しい
つまり、ゲームのシューティング そのものについて書かれている

一方、姉妹書の方は
一本のゲームを作成することに特化している

どちらも特徴があり、面白い
若干、この本の方がやさしめ
だが、これさえあればシューティングゲームが作れるといえば、若干異なる
シューティングゲームをやっていて、ちょっと仕組みが知りたくなった わくわくがとまらない
そんな人にもお薦めできるかと思います。

シューティングゲームのサンプル本と言っても良いかもしれません
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゲームの仕組みに関しては安易ですが、シューティングでよく見る効果のノウハウが満載です。

サンプルは Windows アプリケーションです。使用言語はC++。
グラフィック、入力には DirectX を使用しています。
サウンドには触れていませんが、サンプルには、サウンドライブラリが含まれているようです。
ノウハウはどんなプラットホームでも活用できるので、シューティングゲームを作ってみたい方にはおすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告